» ニッポン トルネードのブログ記事

毎年開催しているトルネード・キャンプ、今夏の『2016 Summer Tornado USA Camp』は2つ。

【がっつりトレーニング in SEATTLE】

7月28日(木)~8月5日(金) 時期が迫ってます、お早めに!!

対象年令:12歳~大人(シアトルタコマ空港までひとりで来られること)

★バスケットボールスキルをECBAで学ぼう!

高さ、パワー、早さのハンディにスキルとIQで勝つ

スキルは困った時の術、それはどうやって身につけるのか体験してみる

ティムトレしよう!

身体が本来持つ強さ、早さ、柔軟さなどを呼び起こし、怪我をなくし、強化していくという独特のプログラ

期間:2016年7月28日(木)~8月5日(金)

※期間の変更は可能です(要相談)

申込み締め切り:2016年7月15日(金)

http://dream7-japan.com/blog/2016/07/2016in-seattle.html

P4041136-thumb-200x150-2130torunedo2

【わくわくサマーキャンプ in USA】 JBAコラボ企画 GIRLS限定

8月22日(月)~8月29日(月)

対象年令:12歳~15歳女子(アカデミー推薦があれば対象外も可)

世界のトップリーグで活躍している、渡嘉敷選手のゲームを観戦。

ジェイソンコーチに習ったスキルは試合でどのように使うのかを確認。

アメリカのチームとの交流戦で自分のスキルを試してみよう!

<内 容>

★バスケットボール、スキルのイロハをジェイソンコーチから習おう!DAMDAM

★渡嘉敷来夢選手の所属する、シアトル・ストームを応援しに行こう!RAMRAM

torune-do3

★アメリカのチームとゲームをしよう!WAKUWAKU

期間 : 2016年 8月22日(月)~8月29日(月)

申込締め切り : 2016年 7月25日(月)

http://dream7-japan.com/blog/2016/07/2016-jba-collabo-in-usa.html

詳細は上記Dream7のHPアドレスをクリックしてご確認ください。

 

【申込/お問合せ先】

Dream7 Japan トルネード事業部 担当:広瀬

メール: m-hirose@dream7-japan.com

FAX : 089-978-3674

9回目を迎えるUSAコーチ研修会。「練習法や戦略を高校や大学のコーチから教わる」と言ふ単純なものでは無く、アメリカの文化、バスケットの歴史や文化・環境面を「日米の比較」からを肌で感じ学び、その上でトレーニングや練習、ゲームの現場を見て、感じて教わる研修会、西田氏が主宰するDream7が行ないます。 コーチトルネード8_4 D-1大学(ディビジョン1)へ数多く入学させているバスケット・スクールのECBA(Emerald City Basketball Academy)を主宰するジェイソン・バスケット氏のクリニックやティム・メイソン氏のトレーニング、そしてバスケットにおける分析の仕方も教わる、ユニークな研修会です。コーチトルネード8_5     そして今回は日本の大阪商業大バスケット部の合宿を同時進行で見学出来るのも面白い試みと言へます。 私が一番興味を持っているのがシアトル州の高校選手権大会を見にゆくことです。NBA見学も良いのですが、一番身近ながら一番知られてないアメリカの高校バスケットが見れることです。   期間は春休み

2015年2月28日~3月9日(9泊11日)

場所は全米では比較的安全なシアトル市内です。

代金は175,000円(渡米費用は別)

詳細はDream7のホームページをご覧下さい。 http://dream7-japan.com/blog/2015/01/usa-1.html

 

ジェイソン・バスケット氏
ECBA(エメラルド・シティ・バスケットボール・アカデミー)創始者であり、2000年に10名から発足したアカデミーを現在800名を超える大きなアカデミーに。白人のコーチだが東洋の武道や考えに共鳴し、パワーバスケットに対し、パワー・身長・スピードに頼らない、理にかなったスキル指導を行っている。

ティム・メイソン氏
ケビン・デュラントをはじめ、ネイトロビンソン・アイザイアトーマス等、NBA選手のフィジカルトレーニングも行っている。ティムのところには、NBAのみならず、NFL,MBL,NHLの選手もオフ期には足しげく通っている。トレーニングに対する哲学・理念を大切にするスーパーマン。

コーチトルネード8_6 コーチトルネード8_7

あんどうさん、

日曜日はとん太でお話しました通り、トルネードの西田さんと東芝神奈川対千葉ジェッツの試合をとどろきアリーナで観戦(応援)しました。

すぐ後ろの席には、スパイダーマン・ジュニア一家も東芝神奈川の応援です。

ジュニアのお母さんには、「ディフェンスの東芝」というかつての代名詞を思い出させてくれました。試合中に三人で東芝のディフェンス談義で真面目に盛り上がりました。2004年にデトロイト・ピストンズがNBA Finalsでレイカーズをやっつけた翌年です。北、節政、折腹の時代に東芝は、宿敵アイシンに勝ってJBLで優勝しました。

西田さんとは試合後、約束しましたある人物とピッタリ30分間の話し会いを持ちました。詳細はまたお話します。その後は、私たちも二夜連続の反省会をしました。アハハ。西田さんは、特に土曜日の晩はバスケが大好きないろいろな方々と親睦を深めることができて良かったとおっしゃっておりました。あんどうさんのおかげですね。

私は、日本のバスケットボールを変えているクレイジーな人と有意義な時間を過ごせて勉強になりました。どうもありがとうございました。

唯一心残りなのは、この試合東芝は逃げ切りましたが、Sense of Urgencyに欠けるプレイを西田さんにもろに見せてしまったことです。「ディフェンスの東芝」こそが観ていて感動をもたらし、かつ負けないチームになる気がします。

 

■東芝神奈川vs千葉ジェッツ

1Q:27-20

2Q:27- 8

3Q:19-26

4Q:23-28

計:96-82

◆スタメン:

東 芝:#0ボーズマン("CB":198cm)、#5山下(187cm)、#14辻(185cm)、#22ファジーカス(210cm)、#25麿々道(ママドゥ:198cm)

#7竜青くん(178cm)は、前回のトヨタ自動車東京戦でトヨタ東京#31リッチー選手とぶつかって左肩を痛めてDNPです。

千 葉:#6ファイ・パプ・ムール(200cm)、#7宮永(183cm)、#22上江田(193cm)、#23ウィギンズ(208cm)、#34小野(197cm)

◆1Q:立ち上がり、千葉は#23ウィギンズ選手、#22上江田選手、#34小野選手達が積極的にATBを仕掛けてきます。一方東芝は、#14辻くん、#24大西くん(196cm:最近特に#25ママドゥのファウルトラブルですぐ交替する)の3Pジャンパーで得点を重ねます。

特に大西くんのジャンパーが正確で、絶好調です。こんな時、頭をよぎるのが1DSです。さーてどうなることやら。

 

◆2Q:#24大西くんの3Pジャンパーは絶好調で落ちません。スゲー!

西田さんが、2007年に米国のサマーキャンプでお世話してくださった千葉#22上江田選手と#9栗原くん(192cm)(二人とも当時日大2年生)も交互に3Pを決めます。上江田選手がプットバックを決め、栗原くんの脚で速攻を決めますが西田さんはまだ到着してないんです。大田区の体育館からの移動で、残り時間2分を切ったところで到着しました。

結局、栗原くんが先ほど速攻を決めたストレッチで東芝は12-0ランをかせぎ54-28としてハーフタイムです。

 

◆3Q:東芝にいいところをみせて欲しいところだったのですが、千葉#34小野選手の3Pをきっかけとして今度は、0-12ランを浴びてしまいました。アレー!ディフェンスがまずくてリバウンドも獲れないです。#22ニックもおっとっとシュートをやってる始末です。

しかし、#0"CB"がバスカンを決めてから12-2ランを経由して20点差に戻します。

終盤、千葉#7宮永選手(183cm)に無回転3Pシュートを決められて73-54で第3Q終了です。

 

◆4Q:20点差のリードで気が抜けた東芝は、今度は千葉#1一色選手(177cm、日大で栗原、上江田と同期)に3Pを次々に決められ0-13ランを浴びせられ残り時間4分を切ったところで83-72と一桁寸前です。ボール運びで#1平尾くん(178cm)がターンノーバしてずっこけました。おーい!

しかし、#0"CB"が貰ったFTを2本ともしっかり沈め、#9栗原くんがストップジャンパーを決めて残り時間3分で87-72と戻し、なんとかヴィクトリー・シガータイムになったと言って良いでしょう。

ヒーローは、ターンノーバをしても3Pジャンパーが5/6だった#1平尾くんでした。

以上 ギーク

 

*注 釈(用語解説)

◆Sense of Urgency:緊迫感、緊張感とか言ふ意味です。

◆ATB:今更解説の必要はないでしょうが、Attack the Basketの略、ドリブルでゴールへ向かうこと。

◆1DS:(第)1クォーター 出来すぎ 症候群(シンドローム)の省略形。出足だけ良すぎて、その後は尻つぼみになり、果ては負けてしまうこと。

◆ジャンパー:ジャンプ・シュートのこと。行為を表すことで、人物を表す表現では無い。

◆ストップ・ジャンパー:ドリブルから急ストップし、そのまま飛び上がり撃つジャンパーのこと。足腰がしっかりしていないと出来ないシュート。

◆ヴィクトリー・シガー(タイム):NBAボストン・セルティックスの第一期王朝を築いた名将レッド・アワバック・コーチは勝利を確信したときに、ゲーム中でも葉巻を咥えた(吸い出し)ことから、アメリカ・スポーツ・シーンで「勝利=シガー」として流行った行為。毎ゲーム行っていたかは不明。

下の写真は81年優勝時にバードがアワバックのお株を奪って葉巻を咥えている(笑)The picture story of the Boston Celticsより。

ciger

横浜ビー・コルセアーズ 昨日は今シーズン唯一の横浜文体でのシリーズです。

お陰さまで2、200人と過去最高の入りでした。

 

昨日はワンデー・スポンサーとしてジブラルタ生命さんからビークラップ(ハリセン)プレゼントがあり、他にもハーフタイムでプレゼント抽選会がありました。

2013-11-16 15.46.22

そしてナカザワ・キネン野庭吹奏楽団の生演奏がゲーム前に有りましたが、生演奏は迫力が違いますねー。

これは定期的にお願いしたいです!!

2013-11-16 16.09.41

 

とは言へ ゲーム内容は、まあ イライラしっぱなしでしたね。

理由は、#3蒲谷と#55リードのシュートタッチが悪く、その上Bigmanマーシャルがゴール下でポロポロ落としまくり。

その上、群馬はシュートがよく入り、ズーッとリードされてました。

終盤に#33グレイのダンクや#3蒲谷の3Pで追い上げるものの、小淵+友利の専修大コンビに3Pを決められ、逆に離されることが度々。

記者席で吉山さんとイライラしっぱなし!

 

それでも根気よくインサイドの#44マーシャルにボールを集め、最後はFTで逆転しました。

この時はほぼ満員の体育館が揺れるほどの歓声、それ以前も相手FTには大ブーイングも。

2013-11-16 19.45.42

やっぱ 文体は良いなー、って多くに人に言はれました。

 

最後は75-70で勝ちましたが、今日初めてビーコルのゲームを見た人は「また来よう!」と思ったと思います!!!

 

さて昨日はトルネードの西田さんが観戦に来ると言ふので、ゲーム後の飲み会を設定しました。

せっかく横浜にいらしたのなら、とん太しかない(笑)、と言ふことでKurodaさんにお願いしてとん太の席を予約してもらいましたが、人数が段々と多くなって、とん太に入りきらないのではと、Kurodaさんに何度も交渉して貰いました(笑)

たまたま空いていたので、大きいテーブルを作って貰いどうにか安心。

2013-11-16 21.44.22

トルネード関係(西田さん繋がり)と私繋がりで集まり、夜の9時スタートなのに、ビーコルの仕事を終えて来たり、とどろきアリーナから来た人ばかりか、埼玉で仕事を途中で終わらせて来た人も居たりして。

皆さんバスケットが大好きなんです。

大いに盛り上がり、アッと言ふ間に閉店時間に。

西田さんのIBLとbjリーグが組んで、また新しい計画を進めるようです。これには期待したいです!!!

発表がOKになったら最初にここで書こうと思ってます。

若い人も、ヴェテランも前向きに日本のバスケットを考えてますよ!!

2013-11-16 23.08.17

西田さんからは、いつも明るいエナジーを貰ってます!!

ヒョンなことから知り合いになった書道家・栗原先生。

出会い話はさておいて、彼の個展が銀座で開催されているので行ってきました。

http://ameblo.jp/abuabu0304/entry-11319978171.html

2012-08-21 16.34.53

漢字 感字?

うーん、私は彼の書は「感字」と思いました。

 

大体において、この人可笑しいです(笑)

書道家にポーズを取って、って言ったらこんなポーズを取るんですよ(笑)

2012-08-21 16.14.45

左は栗原先生、右は私と先生を結ぶ男、飯島康夫くんです。

 

見て感じたことは、専門家向けな「書」と、一般人向けの「書」と2タイプあって、「象形文字系」の方が一般向けするようですが、専門家向けの書の評価も高いようで、第51回現日書展 現日大賞を受賞している本物です。

 

2012-08-21 16.35.17

今回の個展に向けて書いたものばかりだそうで、全部で20点近く展示されてますが、このために1000枚ほど書いたそうです。

つまり98%がボツ、と言ふわけです。

見に行って、先生から色々な話を聞くのも良いですよ。

 

そもそも先生との結びつきは!?

上の写真に写ってる飯島康夫のせいです(笑)

飯島康夫って、誰も知らないですよね。

Nippon Tornadoesのメンバーで NBAを目指す青年です。かなり面白い存在ですよ。http://774822.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

栗原先生はこの男の高校時代の恩師ですが、自分は甲子園球児だったと言ふ体育会系書道家(笑)

しかし二人とも「世界を目指す」と言ふことで一致していて、日本書道界の中では一寸異端児らしく、その点も二人の共通点です。

 

飯島君のことは彼のブログを読むと少しだけ判った感じがしますが、理解できないかもしれません(笑)

日本の規格に当てはまらない、スケールの大きな男達です。

 

小さなスペースですが、そこには熱い気持ちが籠ってます。

銀座界隈へいらした折は、是非とも寄って欲しいですね。

 

 

個展の場所は銀座7丁目。JRなら新橋が近いですね。地下鉄は銀座です。

銀座通り(中央通)から一本築地寄りの道で、資生堂パーラーの角を逆に入って1本目を左折した右側です。

◆2012年8月20日(月)~9月1日(土) 11時~19時(日曜定休)
◆会場:アートデータバンク
最終日9月1日(土)は16時に終了いたします。
〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-8 第5太陽ビル1F
TEL:03-3574-6771
※8月25日(土)は茨城県日立市で行われるイベントに参加するため1日居ないらしいです。

今回は第四回目におなります。

本当に上手くなりたい人はぜひ参加すべき。

JBLやbjリーグの選手にも最適。

NBA選手にならなくてもプロレベルになりたい人向き。

ここは私がよく知っている地に足の着いた活動をしている西田さんがやっているところだから間違いありません。

この程度の金額なら安いものです。本当に上手だったらプロサマーキャンプにも参加できるんだし。

詳しくは↓のアドレスから。

http://dream7-japan.com/blog/2012/04/test.html

もっと説明したいんだけど、明日からカンフェレンス・セミファイナルスが始まるので、てんてこ舞いで書いてる時間が有りません(涙)

今年で3回目のトルネード・ジュニア・ツアー、前回は高校の後輩の倅、今回はブレイカーズのサダ選手が一人参加してます。

トルネード・ジュニアって何? って方は トルネード・ジュニア今年度もやります。 をご覧ください。

シアトルで、マイアミーヒートの夏の期間トレーニングしたジェイソン・バスケットから教えてもらったり、NBA観戦したり、地元チームとゲームをしたり、そればかりか英会話のレッスンを受け、アウトレットへ買い物に行ったり、スタバの1号店でお茶したり、、、、

大きく言へばアメリカの文化を勉強するのが目的の子供用ツアーです。

 

初日からのことはこのブログをお読み下さい。 翌日分を見たいときはBlog欄上の next entry→ をクリックして下さい。

このブログではなんと呼べば良いのか????

マクムード(偽)と呼んだり とん太会ではトミーと呼んだり、、、

 

まあ冨山 晋司くんとは何年来の付き合いだろう?

JBA(Japan Basketball Academy)を紹介して、07年のIBL 日本トルネードのアシスタント・コーチとして片岡 大春(リンク栃木ブレックス)らと一緒にアメリカでナマのバスケットを体験して、、

今年の春先には一緒にニューヨークにも行ったし、まあ もう直ぐ帰国します(UP出来てませんでした) で書きましたが彼はココで沢山社会勉強をしましたし(笑)

冨山晋司

NYでハンバーガーを食べるトミー

 

そのトミーがbj岩手ビッグブルズのヘッドコーチ代行に格上げされました。

彼は理論やプレーを読む目はシッカリして、多分日本選手にも信頼はされていると思うけど、問題は外人がどう感じてるかだね。

若いだけに難しい面はあると思う。

マクムード正 偽

本物のマクムードと並ぶトミー

 

でも我々は応援しなくては。

 

■新作発表と第6弾受注会の締め切りは明日いっぱいですよ!!!

A-08カンプ 各色トレーナー

詳しくは ココをクリック して「305の第6弾受注会」ページへ跳んでください。

昨日さいたまスーパーアリーナで行はれた「マルコメ presents 2011-2012シーズン オールスター ゲーム in 埼玉」で17分55秒出場5得点4アシスト、2スティールを上げたナリこと並里也選手にゲーム後逢ってきました。

ナリは昨年5月大阪で行はれた西田さんが主催するトライアウトで紹介されました。 NBAでプレーする、とは に書きましたが現在日本人で一番NBAに近い男かもしれないナリです。一応私のことは覚えていてくれたようです(笑)

現在bj琉球ゴールデンキングスに所属していて、中々彼のプレーを見ることが出来なかったのですが、やっと見ることができました。能力や技術力を魅せてくれましたよ。

 

12ASGナリ志村TipOff

Tip Offは志村君が提案してチビ同士での対戦でした、オールスターならでは、また志村君ならではのブースターを喜ばすアイデアでした。

 

Q-今日のオールスターはどうでしたか、楽しめました? 緊張しなかった?

ナリ―初めての経験で凄く楽しかったです。緊張はしました、やっぱ先が見えなくて。前半はどういうことをして、後半はどう進むとか、緊張感がありながら、昨日の夜からズーっとこんな感じで2日間楽しみました。

Q-仙台89ers志村雄彦(160cm)選手とのマッチアップはどうだった?

ナリ―志村さんは常にアグレッシブな人で、普通にタイトに付かれたんで、とりあへずターンノーバーしないようにしてました。

今日は違ったところで相手をやっつけようかと思ってました(笑) レギュラーシーズンではやれないやり方でやろうと練習してました。

12ASGナリvs志村

ナリ(白)と志村君(黒4)のマッチアップです。

 

Q-と言ふことは1on1で?

ナリ―そうですねハンドリングで1対1で揺さぶりながら抜くとかパスすることを意識しました。

Q-それ以外には違うプレーを考えていた?

ナリ―魅せながらパーフェクトなパスを意識してたんですけど、自分としてはそういうパスが出来なかったです。

Q―そんなこと無いよ、良いパスしてたじゃない。

ナリ―あれはボクのレギュラーパスです(笑) ちょっと狙っていたんですが機会が無かったです。

Q―今日は得点しようと思ってないように見れたんだけど。

ナリ―勿論MVPとかは狙っていましたけど、自分でバンバン行くより皆を楽しませることをしようかなーっと思っていまして。とにかく空いている選手がいたらパスするようにしてました。

Q-もっとペネトレイトしてシュートするとか引き付けてパスするとかするのかなー、と思っていたんだけど。

ナリ―そこですか、そこ期待してましたかー(笑)それは普通のプレーでシーズン後半戦に出します。

 

オールスターのではありませんが、彼の動画です。

来年もやりますJBA西田さんプロデュースのトルネード・ジュニア・ツアー。

単にバスケットの技術を磨くツアーではありません。

アメリカの文化を体験するツアーでもあります。

お父さんお母さん!!

子供にちゃんとしたバスケットを教えたいなら、お勧めします。

はっきり言ってこの価格なのでお勧めです。

今までの参加者で「裏切られた」と言ふ人はいません。皆さん感謝してます。

 

トルネードJr.Vol.3 参加者募集 2012年

(最低募集人員 12歳以上の男女 4名以上20名未満)

テーマ:一歩前に出て感じてみよう!

目 的
練習の積み重ね、基本練習の大事さを確認しよう!
感謝の気持ちを身に付ける!「家を日本を離れ、不安な日々、その中でじっくり家族を振り返ります」
自信をつける!「アメリカ(本物)のバスケットを肌で感じる事、それは多くの自信につながります」

日 程】 2011年3月26日~4月3日 (8泊10日)

費 用】(渡航費 保険代 昼夜外食費別)

一般215,000円

※費用に含まれるもの
宿泊費(朝食含む) 現地交通費 ゲームチケット代 トレーニング費 コーディネイト費 寄付金 通訳費等
トレーニング(ECBA)5日間・ホームステイ2泊3日・現地体験学習・NBAゲーム観戦・親睦ゲーム・観光

往復飛行機代 現在 早割りでは4万円台があります。 HISでは約11万円

■スケジュール(変更する事もあります 予めご了承下さい)

日付 イベント 宿泊
3月26日(月) 日本発(夕方) シアトル着(午前) ECBAトレーニング(午後) シアトル
3月27日(火) ECBA(午前) 学校訪問(午後) 日系人会訪問 シアトル
3月28日(水) ECBA(午前) ホームステイ先へ移動 ホームステイ シアトル
3月29日(木) ECBA(午前) ホームステイ先の家族と行動 ホームステイ シアトル
3月30日(金) ECBA(午前) ボーイング社訪問 スターバックス一号店訪問 シアトル
4月31日(土) ポートランドへ移動(午前) アウトレット(お昼) NBAゲーム観戦(夜) ポートランド
4月01日(日) シアトルへ移動(午前) 親睦ゲーム(午後1時) シアトル
4月02日(月) 親睦ゲーム(午前・午後) フェアウエルパーティー(全員) シアトル
4月03日(火) シアトル発(お昼)  
4月04日(水) 日本着(夕方)  

 

◆第1回トルネードJr.参加者インタビューはコチラ http://www.jbadreams.com/news/2010/05/jr-2.html

◆第2回トルネードJr.の様子(ぼちぼちいこか 広瀬ブログ)http://mickeyboo.jugem.jp/?eid=329

 

協 力

日系人会 SASC シアトル・ポートランド日系企業 ECBA まなび場など

お問い合わせお申し込みは

ここをクリックしてお問い合わせ から私宛にご連絡ください。若干安くなります。

または直接

Coach-トルネード・トルネードJr.責任者

広瀬幹さん hirose@jbadreams.com までご連絡されても結構です。

 

 

■保護者研修ツアー
同じテーマで親御さん用のツアーです。子供のバスケット留学を考えている方は最適です。

詳しくは次回

カレンダー

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop