ヒョンなことから知り合いになった書道家・栗原先生。

出会い話はさておいて、彼の個展が銀座で開催されているので行ってきました。

http://ameblo.jp/abuabu0304/entry-11319978171.html

2012-08-21 16.34.53

漢字 感字?

うーん、私は彼の書は「感字」と思いました。

 

大体において、この人可笑しいです(笑)

書道家にポーズを取って、って言ったらこんなポーズを取るんですよ(笑)

2012-08-21 16.14.45

左は栗原先生、右は私と先生を結ぶ男、飯島康夫くんです。

 

見て感じたことは、専門家向けな「書」と、一般人向けの「書」と2タイプあって、「象形文字系」の方が一般向けするようですが、専門家向けの書の評価も高いようで、第51回現日書展 現日大賞を受賞している本物です。

 

2012-08-21 16.35.17

今回の個展に向けて書いたものばかりだそうで、全部で20点近く展示されてますが、このために1000枚ほど書いたそうです。

つまり98%がボツ、と言ふわけです。

見に行って、先生から色々な話を聞くのも良いですよ。

 

そもそも先生との結びつきは!?

上の写真に写ってる飯島康夫のせいです(笑)

飯島康夫って、誰も知らないですよね。

Nippon Tornadoesのメンバーで NBAを目指す青年です。かなり面白い存在ですよ。http://774822.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

栗原先生はこの男の高校時代の恩師ですが、自分は甲子園球児だったと言ふ体育会系書道家(笑)

しかし二人とも「世界を目指す」と言ふことで一致していて、日本書道界の中では一寸異端児らしく、その点も二人の共通点です。

 

飯島君のことは彼のブログを読むと少しだけ判った感じがしますが、理解できないかもしれません(笑)

日本の規格に当てはまらない、スケールの大きな男達です。

 

小さなスペースですが、そこには熱い気持ちが籠ってます。

銀座界隈へいらした折は、是非とも寄って欲しいですね。

 

 

個展の場所は銀座7丁目。JRなら新橋が近いですね。地下鉄は銀座です。

銀座通り(中央通)から一本築地寄りの道で、資生堂パーラーの角を逆に入って1本目を左折した右側です。

◆2012年8月20日(月)~9月1日(土) 11時~19時(日曜定休)
◆会場:アートデータバンク
最終日9月1日(土)は16時に終了いたします。
〒104-0061 東京都中央区銀座7-10-8 第5太陽ビル1F
TEL:03-3574-6771
※8月25日(土)は茨城県日立市で行われるイベントに参加するため1日居ないらしいです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop