» ナショナル・チームのブログ記事

 

今日は涼しい風が窓から入ってきて、少し秋の気配が感じられます。

 

9月はスポーツの季節で、あちらこちらでバスケットの大会が開かれ、先週末は特に集中してました。

◆14日(金)

・第4回FIBAアジアカップ 開幕!

10チームが参加してのこの大会、大田区総合体育館で開かれてますが、1位になると世界選手権のアジア予選となる「第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会」(開催2013年)への出場が決定し、今大会の優勝チームと、第27回FIBA ASIA選手権大会の開催地(未定)を除く、最上位4チームが属するFIBA ASIAサブゾーンには第27回FIBA ASIA選手権の出場枠が追加される、と言ふややこしい位置づけとなってます。

いずれにしても東アジアのチームは参加して枠を増やさなくてはいけないのに、韓国は来てません!!

 

10チームをA,Bの2ブロックに分けリーグ戦を行ひ、各ブロック上位4チーム計8チームでトーナメントを行ひ順位を決めます。

日本はイラン、チャイニーズ・タイペイ、カタール、インドと同じBブロックです。

日本は全日本代表コーチ、トーマス・ウィスマン氏率いるカタールと対戦して73-69で辛勝です(汗)

 

・夜bjリーグ横浜ビー・コルセアーズのプレス・カンフェレンス(bjではカンファレンスと表記します)が横浜ベイクォータ- ザクラシカ・ベイリゾートで行はれるため、広報担当の私はデータ作りも含め、そちらに掛かりつぱなしで、アジアカップには行けません(涙)

その後はビーコル出航パーティーに移行しましたが、昨年の倍の100人以上のブースターさんがいらしてくれて大盛況でした。

2012-09-14 20.22.062012-09-14 20.28.27

スマートフォンが不調で良い写真が取れませんでした(汗)

 

◆15日(土)

・アジア・カップ@大田区総合体育館

日本90-78チャイニーズ・タイペイ

 

平成24年度全日本実業団バスケットボール競技大会(通称実業団競技大会) @平塚市馬入ふれあい公園・平塚アリーナ

11月3,4日に秋田で行はれる第8回全日本社会人大会への予選を兼ねたこの大会、各地方実業団連盟から選ばれた男子16チーム、女子12チームで行はれました。

 

・関東大学リーグ戦 5日目 @代々木第2体育館

明治大75-48日本大

専修大68-65大東文化大

拓殖大83-66日本体育大

東海大78-76筑波大

青山学院大88-67早稲田大

 

・平成24年度都民生涯スポーツ大会バスケットボールの部、第3日目 @駒沢屋内球戯場

家庭婦人大会、いはゆる「ママさんバスケット」です。結果は判りませんm(__)m

 

・2012年ツイン・バスケット関東大会 初日 @横浜ラポール

今回で3回目を迎える頸髄(修正しました)損傷の人のための車椅子バスケットの関東大会。関東地区から6チーム、地方から2チームを招待して計8チームでの大会、この日はリーグ戦を行ひました。

私はボランティアで車椅子のタイヤ拭きやテーブル・オフィシャルを手伝い(足を引っ張った?)ました。最終ゲーム終了は8時半、一寸くたびれたものの、予定より早く終わったので横浜で出て、とん太で反省会を行いひました(笑)

2012-09-15 10.04.19

 

◆16日(日)

・アジア・カップ@大田区総合体育館

この日は日本のゲームは有りませんでした。

 

・平成24年度全日本実業団バスケットボール競技大会 @平塚市馬入ふれあい公園・平塚アリーナ

男子は準々決勝と準決勝のWヘッダー、女子は準決勝だけ。

●男 子

九州電力(九州1位)80-59横河電機(関東1位)、三井住友銀行(関東4位)81-77富士通(関東5位)

曙ブレーキ工業(関東2位)60-49JR東日本秋田(東北)、日本無線(関東3位)74-63APEX(東海1位)

●女 子

山形銀行(東北1位)81-61東京海上日動(関東1位)、秋田銀行(東北2位)85-54鶴屋百貨店(九州)

 

・関東大学リーグ戦 6日目 @代々木第2体育館

専修大90-65日本体育大

大東文化大80-66日本大

拓殖大73-62明治大

東海大71-58早稲田大

青山学院大76-55筑波大

STANDING(9月16日終了時点)

1位 青山学院大 6―0

2位 東海大 6-0

3位 筑波大 4―2

4位 早稲田大 3-3

拓殖大 3-3

専修大 3-3

7位 大東文化大 2-4

   明治大 2-4

9位 日本体育大 1-5

10位 日本大 0―6

 

・平成24年度都民生涯スポーツ大会バスケットボールの部、最終日 @駒沢屋内球戯場

家庭婦人大会、いはゆる「ママさんバスケット」です。結果は後程。

 

・2012年ツイン・バスケット関東大会 最終日 @横浜ラポール

ホーステイルが神奈川(修正)JUNKSを破って優勝しました。

昨年よりレベルが上がっているような気がします。

この日もボランティアしてきました。

 

但し終盤で横浜ビー・コルセアーズの山田謙治と木村実がFMサルース(84.1MHz)へ出演するのでそのアテンドに行くために抜け出しました。

番組は「小林香織のJOG NAVI」と言ふ番組のコーナーで、毎回横浜のスポーツを取り上げています。

小林さんはビーコルの取材に来てゲームを見てビーコルにハマってしまった乙女です(笑)

だもんで結構この番組には呼んでいただいてまして、嬉しいことです。番組の内容は小林さんのBlogにも書かれています。

 

FMサルースさんはたまプラーザを中心に東急線沿線に強いので、北山田の横浜国際プールをホームコートにしているビーコルにはありがたい存在です。

山田と木村はその後根岸のたきがしらで練習が待ってます、お疲れ様、練習頑張れ!!

2012-09-16 15.17.39

 

・エンジョイ杯

湘南地方のおやじたちの大会が有って、誘われていたのですが、以上の様に、行ける状態ではありませんでした。

いや行けたとしてもプレーは出来なくて反省会だけだと思うけど。

 

結局この日も横浜に出て2日連続とん太で反省会(笑)。途中からギークが参加!

 

◆17日(祝・月)

・アジア・カップ@大田区総合体育館

日本90-72インド

 

・平成24年度全日本実業団バスケットボール競技大会 最終日@平塚市馬入ふれあい公園・平塚アリーナ

やっと行けました(汗) 実業団連盟は私の出身母体なので、仲間が多く、心の休まる大会で、特に役員じゃないのでアロハシャツにショートパンツ姿で行きました、いくらなんでもラフすぎる(笑)

着いた早々「お弁当有るよ!」って声を掛けられた(笑) 競技役員、地方理事、審判たちとは久しぶりなのに冗談ばかり!

でもやっぱり広報部のカメさん、ショウちゃん、ハッシーとは別格ですね、苦労してきた仲間ですから。

プログラムを見たらショウちゃんが大会委員長だった、ハスミもどっかの理事長だって言ふし、皆偉くなった、偉くなってないのは俺だけ(笑)

 

●男 子

・決勝 九州電力(九州1位)82-59曙ブレーキ工業(関東2位)

・3位決定戦 日本無線(関東3位)81-68三井住友銀行(関東4位)

★九州電力、曙ブレーキ、日本無線、三井住友銀行、横河電機、JR東日本秋田の6チームが社会人大会に出場。

・最優秀選手賞:酒井 祐典(九州電力#91、慶応義塾大185㎝)

敢闘賞:熊 吉(しょんじ)(曙ブレーキ工業#9、日本大195㎝)

新人賞:織田 秀司(九州電力、青山学院大187㎝)

2012-09-17 13.01.13

●女 子

・決勝 山形銀行(東北1位)81-56秋田銀行(東北2位)

・3位決定戦 鶴屋百貨店(九州)69-64東京海上日動(関東1位)

★山形銀行、秋田銀行、鶴屋百貨店の3チームが社会人大会に出場。

・最優秀選手賞:阿部 愛美(山形銀行#10、山形大172㎝)

敢闘賞:横山 茜理(秋田銀行#5、鹿屋体育大160㎝)

新人賞:佐藤 優香(山形銀行#9、山形大173㎝)

 

と言ふことで先週末の3連休は何処へ行こうか迷った3日間でした。

 

休みが明けて、今日はやっとアジアカップへ行けます(涙)

日本は19時から強敵イランと対戦します。

場所は大田区総合体育館。京急「梅屋敷」駅から歩いてほんのちょっと。京急蒲田からも歩ける距離です。

未だチケット有るそうです。皆さん応援に行きましょう!!

昨日の韓国戦は歴史的大勝でしたね、あれほど酷い韓国は見たことが無かった。

韓国と言ふとシュート、特に3Pが正確と言ふイメージが有ります。また最近は大型化していると言ふイメージもありました。

しかし今回は若返らせたのか(この時期にすることでは無いと思うけど)コーチが変わったせいか、コミュニケーションが取れて無かったねー。

つまらないパスミスが多すぎた。日本のディフェンスが良かったけど、それだけじゃ無いね。

まあそれで日本は助かったのだけど。

前半の韓国はシュートが入らなかったけど、シュートなんて突然入りだすものだから、後半の入り方を気にしてたけど、ゴール下も外していたね。まさか日本にこれほどやられるとは思ってなかったのか、それとも韓国チーム内でゴタゴタが有ったのか??

 

今日のカナダ戦、数年前に対戦しているそうで、勝っているとか言ってたかな???

大神2

日本は大神が昨日は爆発しましたねストップジャンパーがパシャパシャ。ただ当たり過ぎだったので今日が心配。2ゲーム連続での好調維持は難しいし、マークがきつくなるからね。

でも間宮が(マークされたことも有ったのだろうけど)3/11、そうそう矢野が0/2だったんだよね、エアボールも有ったし。

今日こそはこの二人に頑張ってもらは無いと、大神へのマークは厳しくなるのだから。

 

■カナダチーム

やはり全般的に大きく、ディフェンスの良いチーム。

一番得点してるのが#7Pilypaitis(ピリペイテス?)、185㎝29歳のガード。勿論3Pも撃つしペネトレイトもする。

#8スミスは現在までの4ゲームでは3Pが入っていないもののアテンプトが#7に次いで多い。普段は入っているからこそ多く打っているのだろう。油断出来ない。

#5ガブリエルは165㎝しかないが、この身長でロスター入りしてると言ふことはかなり力がある筈、リバウンドもアシストも多いベテラン選手。

9人使える層の厚いチームです。

 

長身選手は#4フィリップスが198㎝、得点はそこそこだがリバウンドが多いのが気になる。

極端に大きい選手は#4だけだが、ガードもフォワードも185~190㎝で平均して大きいので、韓国戦ほど外のシュートは楽ではないと思う。

日本は動き回ってファールを取るのが良いかな?

特にドリブルでのスラッシュには笛を吹いてくれるから、ファールを取に行くことも大事だろう。

 

今日も深夜12時からBS1で生中継!

今日は全日本女子vsスロバキア代表の第3戦目を見てきました。

流石に昨日は疲れて、行く気もしなかったのですが、1ゲームは見ないと。

 

今日はスロバキアも日本を良く研究していて、3P対策としてかなり外までディフェンスしていたので、日本は苦戦!

オーバータイムに入り最後吉田がペネトレイトしてブザービーターを決め66-64で勝ちました。

 

このゲームはTBSのカメラクルーが来ていたので、てっきりニュースでやるのかと思いFacebookに書いたけど、ディレクターが「バレーに取られました(涙)」

 

こんな小説みたいな結末、どこもニュースに取り上げないなんて可哀そうなテレビ局、そして日本のバスケットファン。

 

ついでに23時45分現在の新聞社各サイトをチェックしましたら以下の通り。

朝日は記者が来てたのに!!

これを見てどう思うかは皆さんで考えて下さい。

ちなみに全サイト「日本女子バレー3連勝」は載ってます。

 

朝日新聞 なし

毎日新聞 なし

読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/sports/news/20120522-OYT1T01260.htm

産経ニュース なし

スポニチ http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/05/22/kiji/K20120522003306110.html

日刊スポーツ http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120522-955309.html

昨日でオールジャパンは終わりましたが、今回は入り口付近で東日本震災の募金活動を行っていました。

選手やマネージャー等が箱を持って募金を呼びかけてましたね。良いことです。

4日は高校生の神奈川県立金沢総合高のメンバー達が。

金総のメンバーはズラーっと大勢で並んでましたが、隣は某WJBLチームがマネージャーだけで活動してました、選手も来て欲しかったなー。

金総はやっぱり宮澤が一番人気です。

 

そして8日はブログに書いたように女子オリンピック選手が募金活動を行い、昨日の男子決勝では男子オリンピック出場選手を中心に募金を行ってました。

この日は東京オリンピック出場の増田(木内元日本協会理事長)さん、と江川嘉孝(新日鉄)さん、ミュンヘン・オリンピック得点王・谷口正朋さん、そして現ヘッドコーチのトーマス・ウィスマンとあんたかファミリーのアシスタント・コーチ東頭君です。

何故か東頭君は一人だけグループから外れていました(笑)

募金男

左のめがねのおじさんは私が高校時代からファンだった江川さん、お子さんとは一度飲んだことがアル、と言ふ話をしたんですが、このときは緊張してあまり喋れなかった(汗)

その隣はサウスポーシューターの谷口さん、右となりで横向いてるのが木内さん、メガネのスキンヘッドがウィスマン、そして右端に東頭君。

このグループでは現役のウィスマン・コーチが人気ありましたね。江川さんも谷口さんも昔のファンが来てたようです。

この3人は表彰式でメダルのプレゼンターを勤めました。

中国・山東省の済南市で行はれている第2回FIBA ASIA U-16(16歳以下)女子バスケットボール選手権大会は5日目で予選ラウンドを終え、日本は全勝で決勝トーナメント進出を決めました。

さびしい話題ばかりの日本バスケット界だったから 嬉しいねー

この大会上位2チームに「第2回FIBA U-17女子世界バスケットボール選手権大会」の出場権が与えらので、準決勝のチャイニーズ台北に勝てばオランダで行はれるU-17世界選手権の出場権を得られます。ちなみに前回の世界選手権で日本は5位入賞を果たしてます。

絶対に明日勝って今度はメダルも持ってきて!!

 

#13赤穂って相模工大付(現湘南工科大付高)かた日体大へ進んだの赤穂の娘のはずです。

■スケジュール

12月4日 日本 92-87中国

5日 日 本 94-45インド

6日 日 本 107-77チャイニーズ・タイペイ

7日 日 本 102-27フィリピン

8日 日 本 83-67韓国

 

9日 準決勝 日 本 vs チャイニーズ・タイペイ

10日 決 勝 日本 vs (中国vs韓国の勝者)

■選手

#4 中村 優花 177cm 柴田女子高校 2年
#5 畠中 春香 184cm 大阪薫英女学院高校 2年
#6 馬瓜 エブリン 180cm 桜花学園高校 1年
#7 永井 菜摘 168cm 福井県立足羽高校 1年
#8 山田 愛 167cm 桜花学園高校 1年
#9 酒井 彩等 164cm 桜花学園高校 1年
#10 宮崎 早織 166cm 聖カタリナ女子高校 1年
#11 萩尾 千尋 170cm 桜花学園高校 1年
#12 井澗 絢音 173cm 桜花学園高校 1年
#13 赤穂 さくら 182cm 昭和学院中学校 3年
#14 三木 里紗 177cm 駒沢学園女子中学校 3年
#15 田中 真美子 178cm 日野市立日野第一中学校 3年

■スタッフ

チームリーダー 西田 次良(宮崎県立小林高校)

ヘッドコーチ 林 慎一郎(福井県立足羽高校)

アシスタントコーチ 鈴木 親光(昭和学院高校)

アシスタントコーチ 遠香 周平(東京成徳大学中学校)

アシスタントコーチ 萩原 美樹子(JX日鉱日石エネルギー株式会社)

ドクター 岩倉 菜穂子(東京女子医科大学)

トレーナー 清水 結(財団法人日本バスケットボール協会)

トレーナー 山下 紫乃(ひなた治療院)

マネージャー・通訳 田邊 広子(財団法人日本バスケットボール協会)

審判 宇地原 尚彦(沖縄県立名護高校)

審判 田久保 藍子(東京都立桐ヶ丘高校)

昨日8日の理事会で新リーグの原案を発表しましたが、「プロリーグをうたわない」とするため,bjリーグの多くのチームは今のところ新リーグに不参加のようです。

毎日JPの記事 産経新聞の記事 をご覧ください。

 

JBLのチームの中に、会社(地味な電気屋さん)がプロは認めないとするところが多く、日本協会はプロリーグとうたえないんですね。

となるとプロリーグのbjは参加が苦しくなります。

もっともJBLの中でもプロリーグOKのチームもあるんで、一枚岩では無いとおもうのですが。

 

その他に、新人選手獲得法で「ドラフトを主張するbj」と「自由契約を主張するJBL」での考え方の差も浮き彫りになってきました。

大規模な親会社がバックに居るJBLは資金が潤沢なので、良い選手を取ってゆくでしょうから、単独経営のbjチームは敵わないですよね。

 

最近はかなりお互いが近づいてきたと思っていましたが、根本的なところで歯車が噛み合ってませんね。

理念が違うのだから無理に合併することは無いと思うんだけど。

 

それとは別に女子ナショナルチームのヘッドコーチにJXの内海 知秀監督が決まったようです。

日本で行はれたオリンピックアジア予選で勝てなかったため中川監督に解任を通告してます。

とは言へ、関係者に言わせると、代表合宿の最中に主力メンバーを多く在籍させている某チームは長期に渡ってアメリカで合宿をしていたとか、それで中川監督に責任を取らせるのは可哀相、とか。

 

またしても悪い話題ばかりの日本バスケット界!

本来ならシーズンが始まって、何処が強そうだ、だとか話題になっているはずのNBAですが、ロックアウトは未だ続きそうです’(涙)

 

ビーコル新潟戦を1勝1敗で終え、通算成績を4勝4敗として、先ずはホッとしてます。

11.11.3平塚ハーフタイムイベント

一昨日の2日にヒサこと#73久山 智志がゴール下で目に相手の指が入り負傷してしまい、開幕から故障気味のホッティーこと#15堀田剛司と肉離れを再発したキャプテン#3蒲谷 正之の3人がIL(故障者リスト)入りして日本人のアクティブ・プレーヤーが3人となったからです。

そこで問題になったのが、第2Qの扱いです。

bjか先シーズンから第2Qはオンザコート日本人3人居なくてはなりません。もし怪我で2人になったら如何する?

って話になり、bjと打ち合わせが大変だったようですが、そんな状況がなくて済んで良かったです。

 

それにしても昨日は楽勝ムードのはずが、最後にFCP(フルコート・プレス)されドリブルで運ぼうとしてカモられ、挙句は3Pを連続して決められ3点差まで追い上げられて、あわや、、、、、、

どうにか74-69で逃げ切ったけど(汗) 新潟は伝統ある良いチームだね!!

アメリカ人はプレスに対し「ドリブルで突破」と考えてる人が多いようだけど、ドリブルが上手くてクイックネスを持った小さいガードが居ればそれも可能かも知れないけど、日本では組織的にパスで運ぶ、これがふさわしいよね!

 

◇さて話は古く、7月にさかのぼります。

オリンピック予選に向けた 女子日本代表 壮行会 が7月3日代々木第2体育館でありました。

日本バスケット界ではオリンピックに近い存在ですからメディアは結構集まりました。

そんな中、プレス席の最上段で30才代の女性と中年の男性が話していました。2人とも運動記者らしく、各種競技へ取材にい行っているようです。

女性の声で「マルマル競技にはマルマルと言ふ子がいて、バツバツ競技はバツ子が可愛いでしょ、だからインタビューしたくなるけど、バスケって可愛い子が居ないのよねー、だからインタビューしないんだ」みたいなことを言ってます。

男性の方も「そうそう、バスケは居ないねー!」って相槌打ってる。

それが結構大きな声なので2段下に座っていた私にも良く聞こえ、頭にきてました。

そんな話を9月始めの、長崎県大村市で行はれた女子オリンピック予選に集まったバスケット関係のライター、カメラマン等のメディアさんの親睦会で話したら、松原さん、小永吉さん、三上くん等々多くの人が聞いていて、頭にきてたそうです。

三谷藍ちゃんや久手堅 笑美、ラムちゃんだって綺麗なのにねー。

何でもその女性は某国営放送の記者だとか違うとか?

結局インタビューした選手は一番可愛いと評判の大庭久美子選手でした(笑)

ナンか違うよね。

大庭久美子

↑この子が某国営放送女性記者のお眼鏡にかなった大庭選手です(笑)

 

ちなみに芸能人でバスケット経験者画多いので、リストアップしてみました。

藤原 紀香

安田 美沙子

小田 茜

有森 也実

中島 史恵(オスカープロ)

鈴木 保奈美

平山 綾

鈴木 蘭蘭

遠藤 クミコ

蛯原 友里

長谷川 京子

堀北 真希(中学)

石原 さとみ

長澤 まさみ(中学)

木下 優樹菜(中学上手かった)

新垣 結衣(元バスケ部のマネージャー)

三浦 葵 モデル元バスケ部でスラムダンクとディアボーイズも好きで詳しい)

綾瀬 はるか

優木 まおみ

南沢奈央

夏帆

真野 恵里菜

・歌手部門

中島 啓恵(埼玉ミニ オペラ)

沢田 知加子 (埼玉 高校時代。歌詞にも出てる)

クリスタル ケイ

宇多田 ヒカル

金田 美香(知らない?)

新垣 (モー娘。ミニバス)

ミヒマルGTのヒロコ

AKB48

秋元 才加

宮澤 佐江

大堀 恵

増田 有華

凄い!!!!

最近のアイドルや可愛い子って、殆どバスケット経験者だよ!!

って言ふか、女の子はバスケットやってないと芸能界デビュー出来ない(笑)

FacebookのJapan Basketball Academyに,ナショナル・チームメンバーでbj島根スサノウマジックに居た石崎 巧選手の動画がアップされてました。

ベンチスタートですが良いパスも出してましたね。

 

中国で行はれていた2011年アジア男子選手権大会は決勝「中国vsヨルダン」で争われ70-69で中国が勝ってロンドン・オリンピックの出場権を獲得しました。

三位決定戦は韓国70-68フィリピン。

韓国はヨルダンと共に世界最終予選へ出場が決まりました。

 

アジアのベスト5

C―サマド・ハマッド

PF―イー・ジャンリン(中国)

F サハダ・バルラミ(イラン)

SG―川村 卓也(日本)

PG―サム・ダフレス(ヨルダン)

MVP イー・ジャンリン(中国)

昨日は秋分の日、お彼岸のお中日なのでご先祖様のお墓参りに行ってきました。

藤沢から赤坂のお寺へは、娘と2人だったので車です、途中横羽線が少し渋滞したものの、割とスムーズに行けました。

お墓参りは春と秋のお彼岸の時しか行かなくなってしまいました。家族で行くのでどうしても車になってしまいますね。

お寺で次女家族と来てた姉家族とバッタリ。向こうはお墓参りを終わって帰ってくるとこる。

と言ふことはお墓を掃除しているはず、ラッキー(笑)

 

その後食事して帰宅ですが、横浜バイパスが一寸込んでいた程度で、帰りの道は空いてました。

 

そして夕方出かけました。

宛先は西馬込のWebmasterの事務所。

そこの大型TVで6時50分から始まるアジア選手権の日韓戦を集まって見よう、と言ふ話になっていたからです。

当日誘ったのにもかかわらず、LAPUTAさんとギークが来て計4人です。部屋の広さに合ったちょうど良い人数でした。

お酒や食べ物は持ち込みです。大きなテーブルが食べ物で埋まってしまいました。中華系が多かったかなー。

その中でLAPUTAさんのおにぎりは小さかったけどヒット!!

 

番組が始まってこの日の結果を流していたらディフェンディング・チャンピオンのイランがヨルダン(日本は予選リーグで92-87で勝っている)に負けているのを見てみんなビックリ!!

トーナメントは何が起きるか判らないと言ふけど、この流れで日本もアップセットを!!!

 

ギークがリポートします、なんて携帯に打ち込んでましたけど、「今のシュート何番ですか?」とか結構聞いてくるから、「リポートは良いから応援しろ!」と言いました(笑)

 

スタメン:#7石崎、#9川村、#10竹内 公輔、#11網野、#13正中

譲治の調子が良くないようでガードの正中が変わりにスタート。

それにしても韓国は大きい。超2mが221cmのハーを入れて4人。

対する日本は竹内ツインズと太田の3人が206cm。パナソニックの青野が居たらナー。

 

立ち上がり、ディフェンスが悪すぎた。当たりが弱くて、ペリメーターなのにスクリーン1個で簡単に空いてしまう。そこを韓国がシュートを決め、あっと言ふ間に大差がついてしまった。

前半に日本はボールを持った選手が1on1を狙う、ATBは良いのだけど韓国と逆の攻め方となった。

韓国はスクリーンやパスでノーマークを作りボールを貰ってシュート。

ATBが悪い、といってるのではありません。やり方が下手過ぎるんです。

気持ちばかりが前に行って身体が付いて行かなくて、肝心のシュートが疎かになってしまってした。残念!!

26-45で前半終了。

前半を見てると韓国と日本のバスケットの質、レベルが違うように感じました。

 

これで駄目かな、と諦めムードで見てたら第3Qに入って松井の3Pが連続できれいに決まって、52-61と9点差まで詰め寄って、応援する我々も手に汗を握るようになったんだけど、ここまででエナジーを使い果たしたのか、、、、

でもこのQは26-20と日本がリードしたぞ!!

 

終始マークが厳しかった川村は、結局シュートを8本しか撃てなかった。これは痛過ぎる!!!!

ジャンプシューターの宿命か、スクリーンを使ってノーマークでボールをもらうことが難しいし、ボールを貰ってからドリブルしないと撃てない?

 

それと正中のFTミスが心理的に響いたナー。

3Qの追い上げの段階で、FTを貰う良いプレーをしてるのに、1本目を外すことが連続した。

応援する方にとっては10本くらいミスしたように感じるほどです(涙) 実際は3本しかミスってないんだけど。

 

韓国86-67日本となり、韓国は準決勝へ進み中国と対戦することになり、日本は又もオリンピック出場が延期となってしまった(涙、涙)

でも前回11位(?)だったことを考えたら、8位以内なんだから良しとするか??

 

それにしても残念!!!

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop