» Bリーグのブログ記事

今週末レバンガ北海道と戦う横浜ビー・コルセアーズですが、No.4ロバート・カーターの加入、No.46生原秀将の復帰、最後に特別指定選手の河村勇樹の加入でやっと全員が揃った、と言ふ感じで、これから面白くなります。

今回は開幕から10ゲーム目でカーターが加入し、その辺りから潮目が変わってきたので、カーター加入前をBefore Cater(BC)とし、直近8ゲームのスタッツと比較しました。

尤もシュートと得点関係は一度書いているので、それ以外について、良くなった部門を取り上げます。

 

入口として得失点について、得点が増えているのは当然として、失点も大幅に減っていることを再確認して下さい。

得点増の一因にスリー(3点シュート)が挙げられますが、元々ビーコルはスリーが得意といふか、スリーしか無かったチーム(^^;

そのアテンプト(撃ってる数)が3本ほど増えました。大雑把に言ってスリーの確率は1/3。と言ふことは入ったスリーが1本増えた、つまり3点多くなったと言ふことですね。スタッツの数字は注釈が無い限りアベレージ(1ゲーム平均)です。

 

アシストが3.8本も増えてますね。最近まで手渡し(ハンドオフ)と言ふレベルの低いオフェンスでしたが、ピックアンドロール(P&R)でパスが増えたことも一因です。

P&Rに関して言ふと、今まではI/S(リング付近)へロールする選手(ブロックに行き、ドリブラーが通過したあとリング方向へ動く)へ素直にパスしてましたが、そろそろ相手に対策を立てられそうなので、I/Sへのパスでは無くウイングへパスしてスリーを撃たせても良いのでは、、

昔NBAジャズのP&Rの名コンビ、ストックトンXマローン・デュオは後年になり、マローンへでは無く右ウィングで待ってるシューターのホーナセックへパスすることが多くなり成功してました。

ビーコルもNo.22秋山皓太にスリーを撃たせるのも良いのじゃないでしょうか?

 

アシストについて言ふと、河村の加入と生原の復帰で得点に結びつくパスが多くなったことが最大の理由でしょう、2人で7.4本ですからね!

 

ターンノーバー(TO。ミスで相手ボールになること)が半減しましたね。カーターとPG2人の加入が大きいですね。BCはNo.1パトリック・アウダとNo.7レジナルド・ベクトンの二人が中心でNo.10アキ・チェンバースとNo.18森井健太が多かったですね。基本的にTOはボールを持っている時間が長い選手は多くなる傾向が強いので、、、
外国籍選手の2人が多い訳は、他の日本人の得点力が無いため、自分たちが得点しなければいけない、と言ふ気持ちが強すぎてボールを持ち過ぎてたのかもしれません。

カーター加入で外国籍選手の負担が軽くなり、ボールコントロールするPGも3人になったので負担が軽くなったのでしょう!

 

ファール(パーソナル・ファール。身体接触によるファール)が少なくなりました。

ビーコルでファールする選手と言へば、ブースターさんだったら誰もが指摘するのがNo.7レジナルド・ベクトン君!! (笑) ファールアウトは26ゲームで8回!!

そして森井です。PGと言ふポジションなので、頭を使ってワザとファールしたり、スティール狙いの手元が狂ってファールを取られることがありましたね。生原も同じですが、多いですね!!!

主力選手はファールしないように注意してもらいますが、ベンチの選手は出場時間が短いので、頭を使った有効なファールは求められます。

 

良い所ばかりを書き出しました(笑)

でもここで書いたように、今のビーコルは良い方向へ向かっていると思ひます。

1か月前ならとても書けませんでしたが、今なら宇都宮、千葉、渋谷、秋田、富山、琉球、川崎と言った強豪相手でも対等に戦えるのではないでしょうか?!?!

緊急事態宣言でバスケの練習が出来なくなり、暇になったので(笑)

来週末(1月23日(土)24日(日)に札幌市北海きたえーるで行はれるビーコルvsレバンガ北海道戦のメディア用資料を作ってしまいました(笑)

北海道とは昨年11月11日(水)に国際プールで一度対戦しています。

その時北海道は日曜日に釧路でのゲームを終へて2日置いての横浜市へのアウェー・ゲームでしたので、体力的にかなりのハンデを負った状態での対戦で、ビーコルは

94-90、それもオーバータイムでの勝利でした。

条件が対等だったらどうなったのか?

と言ふ疑問もありますが、No.4ロバート・カーターは合流して9日目で3ゲーム目と言ふお客様状態なことと、PGNo.46生原もケガから復帰しておらず、当然No.0河村勇樹も居なく、今とは別チームと言っても良いでしょう。

因みにこのゲーム、北海道はウィリアムズ22P(3P-4/7)+5R、メイヨ19P、テイラー19P+8A+4S。
ビーコル カーター37P(3P-3/6)+11R、No.7レジナルド・ベクトン23P(2P-10/10)+10R、No.1パトリック・アウダ11P+13Rとなってます。
*注釈 P―得点、3P―3点シュート、R―リバウンド、A―アシスト、S―ステール(相手ボールを奪うこと)

近8ゲーム(12月12日vs信州戦から)の両チームのスタッツ比較グラフを見ると、北海道の得点に大きな特徴が見えます。

それはチーム得点に占めるスリー(3Pシュート)の割合が高いことです。試投数がリーグ平均より2本も多く成功数も1.2本多くなっています。それに対して2P(通常のシュート。入ると2点)はビーコルより試投数で4本、リーグより3本以上も少なく、決まった本数も4本以上も少なくなっています。
それをI/P(In the Paint.ペイント内、主にゴール下周辺)に絞ると、試投数も成功数もビーコルより4本、リーグ平均より成功数で5本近く少なくなっています。

得点での割合に直すと

ビーコル 3P―33% 2P―54% FT―13%

北海道  3P―37% 2P―46% FT―17%

となり、I/Pが少なく、スリーに頼ったオフェンスなのかと感じます。ただ最近ジャワッド・ウィリアムズのスリーが入っていませんが、本格3Pシューターなのでここは油断できません。

リバウンドに関しては、オフェンス・リバウンドは同数でトータルも1本差なのでそれほど変わりません。

比較問題ではありませんが、お互いにTO(ターンノーバー、ミス)が少なくなってます。

特にビーコルはカーター加入前の10ゲームが平均17.8個だったのが9個弱ですから、大幅に減少してます。

更にチーム・プレーの証と言へるアシスト数も17.0から21.0と大幅に増加してます。

良いチームになったと言へますね!!!

 

個人データを見るとニック・メイヨ(206㎝)が23.8点でチームNo.1で、それにNo.2ジョーダン・テイラー(187㎝)が15.6点で続いています。

北海道の得点が74.3点なのでメイヨ1人でチーム得点の32.1%、実に1/3近く得点しているってことです。テイラーも含めて2人で39.4点、つまり53% 半分以上得点しています。

因みにビーコルの最高得点はカーターで17.0点とたったの23%だけで、健全なシェアが出来てます(笑)

更にこのテイラーの得点を分析すると

3P―21% 2P―60.1% 更に分解してIP―42.0% FT―18.9%

となります。

試投数を見ると3P―3.7本 2P―13.7本 I/P―9.5本となり、シュートの半分強がI/Pのシュートになりますが、3Pも結構撃ってますし、FTの数も多いので 気が抜けません。

 

ビーコルにすれば、メイヨとジャワッド・ウィリアムズとテイラーの3Pを警戒すればI/Sは高さも無いのでそれほど怖くはないようです。

河村の加入でチーム内の競争も激しくなり、チーム力がアップされる筈で、生原、No.18森井との3人、更にキング開を含めた4人のローテーションしての2(トゥ―)ガードも面白そうです!!

明日はビーコルvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦

今までは新型コロナウィルスのため来日してても隔離され合流出来なかったロバート・カーターが合流、更にキャプテンであり正PGの生原も復帰しそうなので、やっと全員が揃い20-21シーズンをスタート出来そうです。

と言っても合流したばかりなので上手く機能しないとは思ひますが、平均得点リーグ最下位の65.5点から脱出は出来る筈です。

それではカーターの加入で何が変わるのか?

  • 単純に外国籍選手が1人増え、今までのベクトンとアウダの負担が軽くなる⇒もっと活躍できる。
  • 3PとI/Sのシュート数がほぼ同数のカーターはどこからでも攻撃できる。大きな選手がマッチアップすれば外から3Pを撃てるし、小さい選手が付けばATB出来る。外へ出ればセンターのベクトンが動き易くなり、アウダと組めば2人でATBしたり交互にI/Sを攻めることが出来、スピーディーな展開にも持ち込める。
  • それまでの得点源だったアキ・チェンバースは負担が軽減され、ディフェンスに集中できる。更に森川へのマークが緩み3Pが期待できる。
  • モリスの負担が減る。今まで外国籍選手2人状態で苦しい状態だったのをカバーしていた、特にオフェンス・リバウンドで頑張っていたモリスの負担が大きく軽減され、ディフェンスに力を居r手られるようになる。
    カーターの昨シーズン@島根のハイライト動画はここで見れます。
  •  https://www.youtube.com/watch?v=QvGeWZebWto

 

そしてキャプテンで正PG(ポイント・ガード)の生原が復帰しそうなので、そうなると今までよりボールも廻りディフェンスを苦しめることが出来そうで、今まで強いプレッシャーに1人で戦ってきた森井の負担が軽くなるし、ストックマンJr.も伸び伸びとして、力を発揮しそうだ。

そこに

シューター秋山やディフェンスの良い須藤、そして日本人ビッグ万として大進歩を遂げ、少ない外国籍選手の穴を埋めた小原が加わり、大ベテラン竹田のいぶし銀プレーが出てくれば、元々ディフェンスが良いので、ビーコルの進撃が始まりますよ!!

 

スタッツのカーターの数字は昨シーズン在籍していた島根スサノウマジック19-20シーズンのスタッツを元に2/3倍にしたものを加えています。理由は カーターのプレータイムが35分だったため、3人在籍するビーコルの事情を考慮して2/3倍にしました。

台風の影響で 明日行はれるか判らない横浜ビー・コルセアーズvs滋賀レイクスターズ戦ですが、Media用のスカウティング・リポート(それほどカッコよくないけど)を作りました。

数字だけでは判り辛い←読む気にないと思ふのでグラフにしました。

滋賀は208㎠のアンガス・ブラントが出場できるようで、ビーコルはちょっと厄介!

あと1週間ほどでビーコルに合流予定のパトリック・アイダと似たプレーながらガタイが良いし、同じくサウスポーでもあるし。

先週の滋賀はI/S(インサイド)がクリークモア1人のため苦戦したが、ブラントが加入すると単純に彼の得点力がプラスになるばかりではなく、外からの得点が増え、リバウンドも増えることと思ひます。

因みに富山2戦での3Pは13/53 確率25%と超低いのですが、リバウンドが取れるとなれば確率は高くなります、特に晴山が要注意ですね!

 

滋賀は全員が10分以上のプレータイムを持っているのが強みです。

ビーコルはキャプテンで正PGの生原が出られるのかによって差がありますが、ストックマンJr.がファールが多い森井の替わりをどうにか務めているのが救いですね、PGではなく1.5番と呼ばれる半PG半SGですが、、

その森井もプレシーズン・ゲームではシュートが少ないことを指摘されてましたが、新潟戦では積極的にシュートし、3Pは秋山と同確率の67%を記録してます。

チェンバースが安定してますね、得点は17.0ppg(1ゲーム平均得点)でベクトンと並んでチーム1位。

ベクトンは目立ちますが、I/Sや3Pで地味に活躍してるモリスも忘れてはいけませんね!
森川もいますからね!

そしてやっと海賊船長カイル・ミリングHCがチームに合流しました!!

今まではリモートワークでしたが、やっと直接に指示が出せるようになりました。

山田謙治と加藤翔鷹 両アシスタントコーチ ご苦労様!

カレンダー

2021年1月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

BasketBall Net ProShop