東海大vs拓殖大

立ち上がりから東海は#0満原のシュート全開!!

それに#33狩野も続き、#16坂本が速攻でDunkも決め

25-8で第1Q終了。

東海の1DSじゃなければ良いが!!!??

 

第2Qに入っても東海は#24田中が好調、ディフェンスも良く拓大の反撃を許さない。

一時拓大のZONEに戸惑った東海だが満原がハイポストから確実にシュートを決め差が縮まらない。

東海50-27拓大でハーフタイム。

後半の立ち上がり意地を見せた拓大は6分に50-34と追い上げるものの、今日絶好調の満原が前に立ちはだかる。

また東海はディフェンスも強くなり、67-44と東海リードのまま最終Qへ。

満原が絶好調すぎて怖いくらい。明日もこの好調を保てるのか、心配になるほどだ。

最終Q、やっと拓大が開き直れた。外から入れ出したが、時既に遅し。

89-64で東海大がファイナル進出一番乗り!!

 

青山学院大vs天理大

いきなり#14辻のシュートで先行した青学。しかし天理は#25平尾の3ボールやペネトレイトが良く天理リード。

一度は逆転した青学だったが、又も平尾に入れられ20-19天理リードで第1Q終了。

第2Qに入り動きの良くなった青学は何度かスティールからの速攻や積極的にATBして得点し、5分にスティールから比延島がDunkを決めるが、天理は#10大谷の3Pが良く決まり、5分32-30と付いて行っている。

それでも青学は再び比延島と張本が速攻からDunkを決め47-37とやっと10点差をつけ前半を終了。

後半の立ち上がりが期待された天理だったがエナジーが感じられない。青学はインサイドを攻め6分57-41。

5分天理#23劉4ファールでベンチへ、これで終わった?

やっぱり終わった、天理は第3Q中盤まで頑張れました。

青学85-59天理

コレで明日のカードは

13時20分 3位決定戦 天理大vs拓殖大

15時00分 The Final 青山学院大vs東海大

リーグ戦では 東海70-67青学 青学67-63東海で1勝1敗の五分。

◆ポジション別比較

インサイド 青学―永吉、張本 東海―満原、坂本 →ほぼ互角

フォワード 青学―比江島  東海―田中     →やや青学有利

ガード   青学―辻、畠山 東海―狩野、森田  →青学有利

ベンチ   青学―中川、伊藤 東海―三浦、ザック、和田 →東海かなり有利

トータルするとほぼイーブン。

お互いにATBするしディフェンスは強い、同じようなタイプ。

ただ東海は準決勝の拓大戦で好調過ぎたのが心配、決勝までそれが維持できるか心配。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop