いやーNBAは選手会とオーナーとの話し合いは再開されました。

既に開幕から2週間のスケジュールはキャンセルされてますが、更に2週間のキャンセルが決まったらしいです。

問題点の一つBRI(バスケットボールに関する収入)の配分については選手側が大幅に52.5%まで歩み寄り、話は付きそうですが、第2の問題点のサラリーキャップについてはまだ話し合いの余地があるようです。

オーナー側は都市の大小が戦力強化にかける金額の差に影響するため、上限を決めるべきと主張してますが、選手側はハードキャップ(サラリーキャップの上限を絶対に守ること。現在は上限を超えても超えた額に相当するラグジュアリータックスを払えば済む)に当たるとして拒否してます。

現地時間27日木曜日の午前3時まで話合われて、かなり進歩した、と当事者は言ってるようです。

 

一方選手達は、と言ふと国内や海外で仲の良い、多分同じエージェントの選手がつるんでゲームをやるのが流行ってます。

レイカーズのコービー・ブライアントは、アマレ・スターダマイヤー(ニックス)、カーメロ・アンソニー(ニックス)、ケビン・デュラント(サンダー)、レブロン・ジェイムス(ヒート)、ドウェイン・ウェイド(ヒート)、クリス・ポール(ホーネッツ)、ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)らとともにプエルトリコ―ロンドン―マカオ―メルボルンの4カ国を回る世界ツアーを計画してます。

 

昨シーズン ウィザーズでプレーしていたジョッシュ・ハワードが11月12日ダラスでジョン・ウォール(ウィザーズ)、ラマーカス・オードリッジ(トレイルブレイザーズ)とともにエキジビション・ゲームを計画してます。

 

サンダーのデュラントが23日にホームのオクラホマシティーでチャリティー・ゲームを行いました。メンバーは上記の世界ツアーと似てます。

 

あのアレン・アイバーソンも11月12-13日にラスベガスで2日間のトーナメントを計画してます。出場候補選手はケビン・デュラント(オクラホマシティ・サンダー)、アマレ・スターダマイヤー(ニューヨーク・ニックス)、ポール・ピアース(ボストン・セルティックス)らと言はれてます。

選手達はいつ開幕しても良いようにプレシーズン・ゲーム代わりに出場するようです。

 

 

も参加を予定。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

11月いっぱいの試合中止決まってしまいましたね。

選手たち(というかエージェント)は、ツアーやら海外のリーグ参戦やら、いろいろと考えているみたいですが、やはり、早くNBAが再開してくれるのが一番ですよね。

ボクは早くNBAが再開して、どこかのチームがアイバーソンを獲得してくれないかと言う期待があるのですが、このままでは、かなり延びてしまいそうですね…。

YOSHIYAMAさんへ
1ヶ月丸々ゲームが無いと言ふのは寂しいですね。
アイバーソンも大人になったでしょうから(笑)
PGとしてボール回しをしたら面白いと思いますけどね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop