第49回神奈川県高等学校総合体育大会バスケットボール競技兼第64回高等学校総合体育大会バスケットボール競技最終日。

今日は男女とも決勝リーグ3日目が行はれました。

◆女 子

★相模女大高等部63-59県立旭高

・スタメン

相模女-#4伊藤沙知子(3年158cm平戸中)、#5高木優里(3年176cm菅田中)、#6小山紅里(2年172cm相模女)、#7池島ゆかり(2年162cm相模女)、#10福田奏(2年159cm相模女)

旭-#4津田真奈美(3年生159cm平戸中)、#5中村清香(3年163cm南希望が丘中)、#6冨木真咲(3年175cm舞岡中)、#7橘川遥(3年170cm万騎が原中)、#13上田麻未(2年157cm柿生中)

11IH予選女相模女vs旭4

6点以上での勝利が旭IH出場の条件です。

残り1分ほどで61-59で相模女が2点リード。1分で8点を取るのは無理と考えた旭ベンチはOT(延長)に持ち込み、5分間あれば8点差勝利も可能と考え確実に2点だけ返す作戦に出てプレスをかけなかったが、逆にパスミスを犯して、相模女センター#5高木に決められ63-59で相模女が勝ち、5年ぶり5度目のIH出場を決めました。

・インタビュー

相模女・久保先生-個々の力より、全員の力。挑戦するつもりでやれと指示。関東大会出場経験を持つ2年生たちは素直に取り組んでいるので飲み込みが早い。ただ2年生はディフェンスが弱い。3年生が引張って良くやってくれた。朝練で、自分たちで3年間、6時半から良く走っていた。

★県立金沢総合高76-33県立茅ヶ崎北陵高

・スタメン

金総-#7宮澤夕貴(3年181cm岡津中)、#4稲井桃子(2年165cm城南中)、#5酒井愛(3年162cm)、#6岡村郁美(3年168cm野比中)#8河瀬ひとみ(3年173cm橘中)、

北陵-#4山下ひらり(3年169cm岡津中)、#5片岡果穂(3年172cm沼間中)、#7明田友花(3年160cm洋光台一中)、#8北村香苗(3年160cm大谷中)、#11松永あかね(2年168cm金旭中)

金総の宮澤には1ゲーム30得点のノルマを掛けている、とは金総・星澤先生のゲーム後の話。

北陵はディフェンスのチームなので当然宮澤を抑えに来ます、相手センターをWチーム等で抑えるのは北陵の得意技ですから。

11IH金総vs北陵1

1Qから宮澤へボールが入るとWチームへ行きます、岡崎さんは「3人行ってます」と笑ってましたが。辺りが激しいのでBKIQ(バスケットボール・センス)の高い宮澤は中継役となって味方へボールを捌きシュートさせます。

一方で金総も強いディフェンスが十八番です、ただでさえ得点力が低い北陵は中々得点できません。金総はディフェンスで引っ掛け速攻を出したり、セットでは外からシュートして第1Q21-4と大差をつけます。

11IH金総宮沢小

今年の金総が弱いのは「第1Qが良いと第2Qが悪い、または前半良いと後半悪い点」と星澤さんは言ってましたが、第2Qは17-11で前半を38-15で終えます。

物足らないなーーー

後半に入り星澤先生から「30得点ノルマ」を確認された宮澤はペイント内でシュートを打ち始めます。

星澤先生が「逃げず(パスしないで)シュートに行かせる」のは、視野が全国に向いているからです。

全国の強豪校はもっと強くWチームに来るし、外の余った選手へのローテーションも上手く、簡単に外からシュート出来ませんからね。

最終スコアは76-33で金総が16年連続(県立富岡高時代も含み)26回目の出場を決めました。

11IHインタビュー星沢

tvkのインタビューを受ける星澤先生

◆女子スタンディング

順 位 校 名 成 績
1位 金沢総合 3勝0敗
2位 相模女 2勝1敗
3位 茅ヶ崎北陵 1勝2敗
4位 0勝3敗

11IH神奈川優秀選手達

ファイナル4に入れなかったけど神奈川県優秀選手に選ばれた選手達です、明るくてカワイイでしょう!!

 

◆男 子

東海大相模高94-60法政大第二高

(1勝2敗) (1勝2敗)

湘南工科大附高103-82県立厚木東高

(3勝0敗) (1勝2敗)

2位以下は東海、法政、厚木東が1勝2敗と同率ためゴールアベレージにより東海が出場権を得ました。

湘南工科(テック)は4年ぶり29(?)回目の出場と

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop