?

高校の同期で友人だったミュージシャンの深町純の告別式に参列しました。

深町純が死んでしまった!

目白の目白教会です。

献花は外に飾らず、祭壇にアレンジされてます。その代わりに「献花御芳名」のリストが入り口に表示されてました。

それを見たら、改めて深町の音楽家としての知名度の高さ、素晴らしさ、凄さを感じました。

フュージョンの第一人者だそうです。

即興演奏家としても超一流だとか。

元タイガースの加橋かつみさんが弔辞を行ったけど、持っていた紙が震えていてズーっと泣いていた。昔と違い太っていたが、高音の声は相変はらず綺麗だった。

キリスト教は牧師さんが、キリストの教えを今の言葉で話すために、判りやすく聞いていてためになることが多い。

同級生が多く来て、余りにも早い旅立ちに驚いていた。

3年の時の担任が来ていて、自分より若い人を見送るのは嫌なものだ、と言っていた。

そして今でも覚えているって、こんな話をしてくれました「卒業間際に、パン屋の1階でタバコを吸ってるところに出くわして、こんなところで吸うなって、他の先生に見られたら大変だぞ!言った覚えがある、卒業を控えているのでどう言ふべきか困ったよ(笑)」

40年以上も前のことなのに良く覚えているものですね。

それだけインパクトのある生徒だったし、人気有ったんです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop