今日はbjリーグ・プレスカンフェレンスに行ってきましたs

場所は原宿クレスト、表参道で、softbank隣のおしゃれな建物です。

受付を済ますと各チームのユニフォームが飾られてます。

プレス・カンフェレンスと言ふので、コーチとかを招いての開幕前の通常の記者会見かと思って居たら大違い。

舞台があって照明が当り、司会者もプロで、まるでショーでした。

まず河内コミッショナーの挨拶だけど、この前のbjヨコハマのブースター・パーティーと違って緊張してる、軽快さが見当たらない(笑)

審判部長の金ちゃん(倉田)のルール説明があったけど、今シーズンから第2Qは外人2人制(アジア枠を含むと3人)を取るそうだ。

FTも1and 1で、CTOはプレー中に取れる、と言ふのは今までどおり。金ちゃんも緊張してた、ぎこちなかったなー(笑)

続いて中野社長の事業計画発表、流石に話は上手い。セカンドキャリアーに向けての事業を慶應の大学院の協力の下、展開する予定らしい。これって大事なことだよね、選手上がったらおしまい、はいサヨウナラじゃ、若いバスケット選手の憧れにならないからね。

途中からSPALDING JAPANの伊藤社長が紹介され契約選手のエベッサ、リン・ワシントン選手がコメントしました。

その後はいよいよショーの始まりです。

まずはエクスパンションチームのコーチ紹介。滋賀のピアス・コーチが秋田へ、島根はご存知のとおりジェリコが、宮崎は遠山コーチがステートメントを発表登場させて。

続いて昨年の順位下位からコーチの発表と短い抱負を述べてもらい、最後はディフェンディング・チャンピオンの浜松・東三河の中村コーチが出てきて日本バスケットはbjで盛り上げよう、的発言で締めくくりました。

次は開幕戦のマッチアップの紹介で、選手がユニフォームを着て登場します。各チームともにワシントン、マクムード、石崎とスター選手を登場させてます。

bjの解説者・山根君が選手たちから話を聞きだします。そしてフォトセッションがあって第1部が終了。

第2部は打って変わって怪獣ショー(笑)

怪獣ドラフトと言って、今シーズン各チームの応援マスコットになる怪獣を選ぶ、円谷プロタイアップ企画です。

各チームが好みの怪獣をドラフトします。まるでプロ野球のドラフトにそっくり。

第一回目選択ではバルタン星人が人気あって3チームが重複しました。

まあそんな他愛もないイベントで、息抜きですかね(笑)

ここで島根のジェリコ・コーチが面白い人だと知りました(笑)

それが終わって後は各チームの囲み取材。

NBAオールスターやファイナルで見られるように、各チームがテーブルを持ち出して、コーチと選手が個別にインタビューを受けます。日本では未だ経験が浅いようで、、、、

私は数チームの話を聞いただけで会場をあとにしました。

次に横浜のYSEでbjヨコハマのMTG(ミーティング)が控えているからです。

東横線で横浜へ。始発駅からだったので、座れて良かった(笑)

今日のMTGは、前回ブースター・パーティーの反省と第二回パーティーの打ち合わせです。

早いものであと2週間です。

今回はチーム名およびチームカラーの発表です。これまた第一回目と違う趣向となりますね。

内容に関しては、当日のお 楽 し み 。

6時にMTGは終わって、次に新宿で高校のバスケット部OB会へ。

会場は新宿の「ニュートーキョー庄屋」だけど近くに2店舗あって判り辛い。半数近くの人間が間違ったお店に行ったよう、私もその一人(笑)

今まで若手OB会と称してましたが、今回正式にOB会と名乗ろう、今までの長老は「OB会OB」へ、と決議(飲んだ勢いで言ってるだけ(笑))しました。

いつものように高校時代の話や現在の日本BKについて。

終わり近く、同期のユズルちゃんと、一回りちがう秋田と同期のマネージャー垣田さんとが同じ中学と判明。

それじゃ小学校は?と言ふことで聞いたら、なんと同じだった。

悪ふざけに幼稚園を聞いたらビックリ、同じミドリ幼稚園だって(笑)

当人同士も驚いてた、小学校までは同じ、と言ふのは有るけど、幼稚園から高校までどころか高校の部活まで一緒なんて、ありえない!!

途中でバースデー・ケーキのろうそく消し

最長老と言ふことで私が吹き消したけど、垣田君が昨日で、イツコが5日とか、この時期生まれは結構多いんだよね(笑)

そのため三度もろうそく吹き消しをしちゃった(笑)

今日も楽しく飲んだ!!

明日はWJBL開幕戦だ!!!!

代々木第二体育館で19時開始です!!


◆人気ランキングをやってます。見にきたついでに

↓をクリックしてみてください。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

チームのブログのコメントにも書きましたが。チーム名の決定は、密室での決定ではなく、ブースター投票にして欲しかった。
どんな名前に決まっても、文句を言う人は必ずいます。その時に、オープンで決めたか、密室で決めたかはとても大切なことだと思います。みんなが愛すべきチームの名前なんですから。

秋田は、投票されたチーム名ではなく、スポンサーの家族の意見でごり押しされたものだと散々叩かれました。(ネットの醜聞なんかは、一時的なものだとはわかってますが。)
神奈川で、同じようなことは言われたくないんです。

はなさんへ
いつも前向きなご意見ありがとうございます。
チーム名決定に関しては、色々と法律的(?)に難しい面があり、決めたものを発表、と言ふ形にすることになります。
それのプレゼンターは多分メディアで取り上げられるようなセレブにお願いしてあります。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop