★昨年のツアーより

昨年はチームを組んでアメリカのIBL(International Basketball League)へ日本人メンバーだけで参戦し、負けはしたものの多くの財産を得て帰ってきたJBA(http://www.jbadreams.com/jba/index.html)西田さんが主宰したニッポン・トルネード http://www.jbadreams.com/tornadoes/index.html

→の「カテゴリー」の「ニッポン・トルネード」をクリックすると記事があります。

それよりも→の「リンク」から「以前のあんたかブログ」へ入り、同じように「分類一覧」の一番下「ニッポン・トルネード」へ入ったほうが面白いかな。

田村大輔選手はbjリーグ高松ファイブアローズhttp://www.takamatsu-fivearrows.com/profile/tamura/index.htmlで活躍中。 

★田村大輔選手

?

中島健太選手はIBLのバンクーバー・ボルケノース・チームからオファーがあり、現在キャンプ中。

・アシスタント・コーチを務めた冨山晋司くんはbj東京アパッチのアシスタント・コーチとして頑張っています。

・そして一番はJBLチャンピオン・リンク栃木ブレックのソルジャーこと片岡大晴選手でしょう。

IBLでは田村選手とともにトルネードを引っ張り、リーグのオールスターにも選ばれた選手。

行く前はブレックスの研修生だったが、持ち前の強い精神力と技術を更に磨き、ファイナルではついにスタメンに起用されるほどの力をつけました。

★ファイナルの片岡選手(白91)

ブザービーター川村が怪我で欠場した時、その穴を埋めたのは片岡選手です。直接的な得点には結びつかなかったものの、チーム関係者は「彼の成長が今シーズンのブレックスを支えた」と言ってました。

前年研修生だった片岡選手がこんなに活躍するとは、誰も考えていなかったと思います。

・実は前回のトルネードには同じチームの大宮宏正選手も参加の予定でしたが、ナショナル・チーム(日本代表)に選ばれ、キャンプや大会に参加したため、残念ながらトルネードに加入できなかったんです。私に言はせれば、IBLで大きな選手とタフなスケジュールで実践を積んだほうがもっと上手くなっていたはず[笑]

それはさておき、今年のトルネードは昨年とは違う動きをします。

チームを組んでアメリカ中をゲームして歩くことはしません。

テーマは「個人スキルアップとその実体験

一歩進んで、アメリカ人のコーチの元でトレーニングを行い、週に2回から3回は、ピュージェットサウンドリーグ(D1選手も沢山いるそうですhttps://www.pugetsoundbasketball.com/content/view/37/116/)に参加して経験を積める様にします。日本人には良い相手じゃないでしょうか?

今年は6月7日に出発で約1ヶ月間です。

参加費用は35万円(渡航費・手数料5万円別)。これにはホームステイ代とECBAのトレーニング費、ゲーム参加費が含まれます。これを高いと思うのか、リーズナブルと取るかはあなたの勝手です。

ソルジャー片岡に続きたい選手が居たら、コメント欄から連絡下さい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

[…] あんどうさんのブログもダイナミックなトークが多くて、楽しいので是非ご覧下さい。(エイプリルフールにコービーがアパッチに来るとか、書いてあって、焦った自分が恥ずかしい。 […]

[…] あんどうさんのブログもダイナミックなトークが多くて、楽しいので是非ご覧下さい。(エイプリルフールにコービーがアパッチに来るとか、書いてあって、焦った自分が恥ずかしい。 […]

[…] あんどうさんのブログもダイナミックなトークが多くて、楽しいので是非ご覧下さい。(エイプリルフールにコービーがアパッチに来るとか、書いてあって、焦った自分が恥ずかしい。 […]

[…] あんどうさんのブログもダイナミックなトークが多くて、楽しいので是非ご覧下さい。(エイプリルフールにコービーがアパッチに来るとか、書いてあって、焦った自分が恥ずかしい。 […]

>東頭さん
まだまだ若い、若い。。。(笑)

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop