?

ダラスから車南南西へ3時間程度しか離れていないサンアントニオ。テキサス州同士の戦い、日本風に言へば「テキサス・ダービー?」 

スパーズと言へばダンカン、パーカー、ジノビリのBig3 。ところがこの日の3人の得点合計はたったの31点。

この3人に代わって活躍したのがベテランが多いスパーズで23歳と若いジョージ・ヒルだった、ビッグ3の合計に2点と迫る29得点だった。

マーベリックスはノウィツキーとバトラーが夫々17得点。

92-89でスパーズが勝って3勝1敗として王手を掛けた。

そう言へば3年前、マーベリックスだ1位で出場したプレーオフ、第1ラウンドで、第8シードのキングスに負けたことを思い出します。

ちなみに1勝3敗から逆転してシリーズを勝ち抜けたチームは今まで9チームしかないとのこと。

ゲーム⑤は明後日@ダラスで。

◆ジャズ117-106ナゲッツ

ここも下位シードのジャズが勝って王手を掛けた!!

◆ヒート101-92セルティックス

0勝3敗と崖っぷちにたたされたヒート、ここで立ち上がったのがドウェイン・ウェード。

驚くことに46得点でセルティックスの勝ち上がるに待ったをかけた。

次のゲーム⑤は明日@ボストン。ここで決めてくれるでしょう。

◆???? キャバリアーズ121-98ブルズ

ブルズは若手のローズとノアが夫々21得点と頑張ったものの、キャバリアーズはレブロン様が37得点12リバウンド11アシストのトリプル・ダブルじゃ勝ち目が無い。3勝1敗としてキャバリアーズが王手を掛けた。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop