今日は何から書いたらよいのか迷うほどビッグニュースが多い。

サンダーがレイカーズを110-89と大破して2勝2敗とタイに持ち込んだ。

そして怪我人だらけのトレイルブレイザーズにブランドン・ロイが帰ってきて、サンズに96-87で勝って2勝2敗のイーブンにした。

バックスがホークスを107-89で破って1勝目をあげた。

◆最大のサプライズはロイの復帰です。

誰もがプレーオフ出場は無理だろうと思っていたのに、右膝関節の内視鏡手術をしてからたったの8日間で復帰です。

ホームのローズガーデンは「ロッキー」のテーマを流して復帰を祝うと、満員のファンが大声援!

一番恩恵を受けたのは、ロイが居ない間、ボールを持つとWチームされていたチームの得点リーダーのラマールカス・オルドリッジ。ロイの復帰でディフェンスのプレッシャーが少なくなり、この日最初のシュートはノーマークだった、と喜んでいる。そのせいかこの日は31得点11リバウンドと本領発揮。

ロイはベンチ・スタートで27分間出場で10得点だったけど、数字に表れない大きな活躍だった。

◆サンダーがレイカーズを破ったことも大きい。

サンダーはリバウンドで2ゲーム連続でレイカーズを上回っている。

そしてNBAの得点王サンダーのケビン・デュラントはスランプから立ち直ってゲームハイ22得点。

一方レイカーズはコービー・ブライアントは膝の調子が良くなく、たったの12得点。

その上パウ・ガソールとアンドリュー・バイナムのビッグマン・コンビも二人合わせての26得点と少ない。

レイカーズのプレーオフ21点差負けは、08年ファイナルでセルティックスとのファイナル、セルティックスが優勝を決めたゲーム⑥で131-92で負けて以来のものです。

センター、アンドリュー・ボガットを怪我で欠き、1勝も出来ないかと思はれたバックスだったが、第3QまでホークスのFGを32%に抑えたディフェンスが良い上に、第1Qでは逆に68%と言ふ驚異的なシュート率で36-19とリードを奪い、107-89でゲーム③を取り、一矢を報いた。これでホークスが2勝1敗。

◆マジックは主力センターのドワイト・ハワードのファールトラブルにも関わらず、ジャミア・ネルソンが32得点の活躍で、ボブキャッツに逆転勝ちして、3勝0敗として王手を掛けた。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

一昨日「騒ぐことはない」とコメントしましたが、
昨日のゲームを観戦した正直な感想、負けそう~(汗汗・・・)
ウエストブックを何とかせんといかんですね・・・
それとイバカのリバンドは、かなり脅威です!
オクラホマは、気持ちの良いファストブレイクがたくさん出ますね。
コービーは昨日のゲーム、1Qは1回もシュートしてません(涙)

Bond_007さんへ
マジにやばいね。
コービーの右手親指と右膝の状態が悪いみたい。
無理しなくて良いシーズン中に無理にプレーしたのが今頃出てきたのじゃないか?って言ふ人も居るから。
コービーは結局全部でFG10本しか撃ってない、これも珍しい。
コービーが居るからガソールやバイナムが活きるんだからね。
そうそう、一時デュラントにマッチアップされたけど、自分より大きな選手にマッチアップされたことは珍しいんだって。そのせいもあるかな?

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop