今日一番最後に行はれたプレーオフ、ウエスタン・カンフェレンス、第3シードのフェニックス・サンズvs第6シードのポートランド・トレイルブレイザーズのゲーム①はサンズのホーム、USエアウェイズ・センターで行はれたが、主力Gのブランドン・ロイを怪我で欠くトレイルブレイザーズが不利と思はれていたが、センターのマーカス・キャンビーがサンズのスター・センターのアマレ・スタウドマイアを18得点に抑えたのが功を奏し、攻めてはガードのアンドレ・ミラーが31得点の活躍で105-100で緒戦を獲った!!

接戦を続けていたが第4Q4分、ミラーの3Pで88-87とトレイルブレイザーズが逆転してからは、そのままリードを保ち、1分29秒にはベイレスのFTで97-92と5点差をつけた。

しかし12秒を残したところでサンズはジェーソン・リチャードソンが3Pを決め103-100と3点差。
当然サンズは次のスローインの時にファール・ゲーム。このFTをベイレスが、ナント2本とも外しサンズボール。
絶好のチャンスにボールを運ぶのはナッシュ、そして当然3Pを狙う。しかしマークが二人も跳んでくる。その上3Pラインからは1.5m以上も遠い。
ボールは短く、リングにもかすらず万事休す。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop