東芝vsアイシン

東芝:#3佐藤、#13菊地、#17桑原、#20加々美、#33バイオレット

アイシン:#3柏木、#6朝山、#7グロス、#10竹内、#32桜木

アイシンは桑原に桜木、バイオレットには竹内をマッチアップさせる。

立ち上がりアイシンはは桜木、柏木が外から決めると、東芝はシュートまで行くが入らない。

7分で7-3とアイシンリード。

東芝はボールが止まるうえシュートが甘い。

しかしアイシンも5分桜木が13-5とリードしながら2Fとなったのが少し心配。

その後も東芝はパスワークが甘く、アイシンディフェンスに再三スティールされ速攻を出される。

25-11アイシンがWスコアで第1Q終了。

?

第2Q東芝・菊地がやっと3Pを決め27-15とする。なおもアイシンが喜多川、高島と言ふ若いガードを起用したためスムーズじゃなくなったこともあり29-19としたが、その後はパスワークが乱れて又も速攻を出され、2分37-22と離されたところで前半2回目のCTO。

しかし東芝は良くならず44-26で前半終了。

FG    リバウンド  TO

アイシン 19/31 61% 3 12 15  7

東 芝  10/29 34% 7 9 16  12

後半に入っても東芝はオフェンスがバラバラ、リズムも無く、7分54-30、3分60-30と差は開くばかり。

イシンが若手を出しても、プレッシャーが強くボール回しもチグハグで70-39で第3Q終了。

ラストQ、東芝は意地を出し、やっと強いプレッシャーを書け、やっと東芝らしさが出てきて点差を詰めるがまだオフェンスが今一で追い詰めるところ迄は行かなかった

77-59でアイシンの勝利。

昨日勝てるゲームを落としたあと、記者仲間の羽上田くん松原さん、飯塚さんたちと話していて「明日(23日)東芝はボコボコにされるね。」と話していたけど、その通りになってしまった。 アイシンは今シーズン連敗したことが無いからね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年7月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

BasketBall Net ProShop