?

◇明成95-86福岡大附大濠

お互いに走るチームだが、走ることに関しては明成が上、しかし明成がゾーンにかえてから徐々に明成がリードして、その後は明成リードで展開する。

ひとつの転機は第4Q残り3分、84-79明成リードの時、大濠のセンターでエースの二宮が怪我でベンチに戻った。

★明成・村田(エンジ4)のシュート

直後明成は#9安藤がシュートを決めたのに対し大濠はシュートを外してしまった。この4点の差は大きく最後まで響いてしまった。

明成はファイナル初出場。

◇福岡第一102-73北陸

◇福岡第一102-73北陸

第一はイブラヒム(201cm)の怪我が悪く出場出来ず、1年生のマリック(194cm)がスタメン。ともにATB(アタック・ザ・リング)で好感の持てるチーム同士の対戦。

★絶好調、第一・園(白7)のシュート)

第一は攻め込むもののシュートが入らないがシューター玉井が3Pを二本決め18-14とリードして第1Q終了。

第2Qに入り第一が速攻で得意の外から打つが入らない。対する北陸もインサイドへ突っ込むが第一の早いカバーに阻まれ得点できず行ったり来たりの展開で、先に第一がシュートを日本連続で決め25-16とした7分に北陸がCTO。

その後第一がATRで得点しながら強いディフェンスで北陸に無理なシュートを撃たせ、リバウンドからの早い攻めで41-27と差を開いて後半へ。

後半に入ると第一はフォワード園(180cm)が活躍する。15cm以上も大きな選手にマッチアップされながら、ペリメーター(中距離)からのジャンパー、時には外に引っ張り出してドリブルインしてシュート、と大きい選手を翻弄してシュートの殆どを決める活躍。

そしてマリックがファールトラブルで替わった1年生田中(190cm)が合わせのプレーでゴール下で得点。

第3Qを75-44として勝負を決めた。

第一は7分7秒49-33の時に留学生マリックが3Fでベンチに下がって田中が出てきてから26-11とリードしたのが大きい。

第4Q中盤からメンバーを下げ102-73で勝利して明日のファイナルへ駒を進めた。

明日は井手口コーチが尊敬する佐藤久夫さんとの対決となる、

お互いに走るチーム同士なので楽しみな対戦となる。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop