ちょっとサボってました(汗)

さあ戦評を書きましょう、って言っても、本当のところゲームに見入っちゃって(汗)

*チーム名の後ろの .EXEは省略します。

◆1回戦 ①TOKYO  OCEANS(6位) vs TABASCO(ワイルドカード)

当初のカードから変更になりました。

まだ3×3と会場の雰囲気にに慣れてなくて集中して見てなかった(汗) OCEANSのマックスウェルのシュートタッチが良かったこととインサイドに日本人2人いるって事程度しか覚えてません。

OCEANS勝ちました。

 

◆1回戦 ②DIME(1位) vs GREEDYDOG(3位)

大橋さんによるとこれが事実上のFinalって聞きました。現在ポイント数はDIMEが30、GREEDYDOGが27、但しここで勝てば5ポイント以上獲得ですが、負けると最高で4ポイントしかもらえず、一気に下位陥落のおそれがあります。

DIMEにはビーコルの蒲谷が居るので、どうしても力が入っちゃいます(笑) メンバーも岩下(慶應大)、西塔(松下?)と知っている顔なので親近感湧きますね。

GREEDYDOGは、3on3で見慣れた落合(法政大)三井(日体大)が居てハーフコート・バスケットに慣れたチームです。

205cmの岩下も長身マシュー(211cm)には押され気味で支配されGREEDYDOGがリードしてましたが、終盤蒲谷がbjファイナルの再現かと思うような3Pの正確さでガンガン追い上げ、残り57秒17-17の展開から、又も蒲谷の3Pで20-19と逆転勝ちしました。

どっちが勝っても可笑しくないゲームで、これは「The Game of The Day」ものでした。本来なら詳しく得点経過を入れなくてはいけないところですが、スピーディーな展開に興奮した、記録してないどころか記憶もしてませんでした(笑)

これでDIMEは優勝へ大きく近づきました。

3×3蒲谷vsGREEDY1

◆1回戦 ③ZETHREE (4位)vs GC OSAKA(2位)

ZETHREEは外からポンポンと撃ってくるチームですよ、と大橋さんから聞いたけど、これほど撃ってくるとは思はなかったです。トップでボールを受けた瞬間に撃ってきましたからね(笑)

シュートが得意なのは#19川上 航平(188cm)と#12堀田 秀幸(181cm)の二人。特に川上は得点がAvg.8.1でリーグトップ。2PFG%は33.3%でリーグ3位。想像を超える正確さで一気にZETHREEがリードを奪い、逃げ切った。ZETHREEが外からポンポンと打てるのはトップ・リバウンダー(Avg.5.9本)サー・パパ・ブーパカー(205cm)がリバウンドを拾ってくれるおかげ。途中スランプ・タイムもあったものの、終盤は正確さも復帰し逃げ切った。

GC OSAKAは飯島と比留木の二人が怪我のため欠場してサイズが低くなったことも敗因か?

 

◆1回戦 ④SUNS(7位) vs CHIBA JETS(5位)

力強さが足らないSUNSは未だ1勝しか挙げていない。一方JETSは元々サイズが無い上、シューターの一色と星野が5人制チームの遠征のため欠場とあり、厳しい展開。

立ち上がりゴール下でも存在感を示せなかった「日本で一番大きい弁護士」飯島と外のシュートが入らなかった石田。しかし徐々にディフェンスでリズムを掴みオーナー&キャプテン石田が2Pを決め21-13のKO勝ち!

これでSUNSは5ポイント以上獲得が決まったが、6位ポイント22のおCEANSがかっているため最下位脱出はならなかった。

 

そう言へば2012-13までB-ROSEに在籍してかYukinaを発見!

3×314ゆきな

 

to be continued

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年1月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop