あんどうさん、

土曜日は、東大阪アリーナに行って来ました。

初来日のDrew Leagueのイベント(Drew League All Star対HOS実業団&LA Loop混合チーム)があり、安藤誓哉くんの応援です。

以前、明治大学の安藤くんが渡米しているというような話を聴いてはおりましたが、彼がHOS&LA Loopのスタメンで出てくるとは思いませんでした。当初は、ゆっくり観戦しようと思っておりましたが、精悍な出で立ちの彼を見た瞬間に応援モードに変わってしまいました。

夢を実現するために、がんばる若者がまた一人でてきたのはうれしいですね。セイヤー!

HOS&LA Loop VS Drew League All Star
1Q: 29-30
2Q: 27-28
3Q: 28-29
4Q: 20-25
計:104-112

◆スタメン:
HOS&LA Loop:
#04ビンス・キャンバー(191cm)、 #31Jジェリー・デュプリー (aka The Assassin:201cm)、#05ジョン・ギルクリスト(191cm)、#0シャキール・ジョンソン(205cm)、#07安藤誓哉(180cm)
Drew League All Star:
#8デション・プレジャン(194cm)、#9ジョー・クロフォード(196cm)、#11ルイス・アムンドソン(206cm)、#14クワミ・アレクサンダー(201cm)、#15フランク・ロビンソン(193cm)

◆立ち上がりは、それぞれ#11アムンドソン選手およびAnd1 MixTAPE TOURでお馴染みの#31Assassinのジャンパーではじまりました。キャー!

#07安藤くんもジャンパーやフローターもうまく決めて会場を沸かせます。キャーキャー!

試合運びは、Drew League All Starが若干リードするものの常に接戦のスコアでした。個人の技術を頼りに1on1を魅せる感がありました。失敗に終わるアリウープや入らない3Pも少なくありません。#11アムンドソン選手もインタビューで言っておりましたが、チーム練習をしていないのでチームプレイがでないのは仕方の無いことなのでしょうね。ディフェンスも厳しくはありません。それでも、フィジカルなオフェンスを展開するバスケの醍醐味を味わえ、観ていてスゲー楽しかったです。

終盤2分を切って101-101の同点から、#11アムンドソン選手のジャンパーとプットバックで離されますが、#07安藤くんが速攻でドライブインを決めて103-105としました。ダーッ!
その後、#15ロビンソン選手が3Pを決めてDrew League All Starが103-108と離しました。ファウルゲームで粘りますが勝負はつきました。

#31The Assassinが途中ファウルアウトになってしまったのは残念でした。

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop