23日から始まったウィンターカップも29日の男子決勝で幕を閉じました。

 

決勝は宮城県代表#3シード明成高vs福岡県代表#4シード福岡大大濠高

 

明成の武器は1年生センター197cm#14八村 塁(1年、奥田中)と3年生#6植村 哲也(177cm、小岩4中)と#4金子 大希(173cm、本丸中)のちびっ子ガード・デュオ。そして地味ながら3P得意な#11宮本(3年193cm蒲町中)と#10白戸 大聖(3年185cm熱海中)、以上日本U-16代表選手。

全員が積極的にATBも3Pも撃ってくる。

対する大堀は大型フォワード#14杉浦 佑成(3年194cm梅ヶ丘中、U-16,U-18代表)とガード青木 保憲(3年180cm安倍川中U-16代表)とシューター#13津山 尚太(2年178cm北谷中U-16代表)。

1on1が基本、ボールを持ったら攻めるのが基本姿勢。

 

明成はインサイドの八村へボールを入れ得点するのが基本。

それに対して大堀はフルフロントで#17増田(1年生190cm静岡大成中)が八村を守るが八村のポジショニングが上手くボールを入れられてしまう。

2013-12-29 12.21.44

もっとも明成は八村へのパス練習に多くに時間を費やしていて、各種場面を想定して練習させていたそうだ。

だからNBAでやるような裏の方へのフローティングパスも行うが、基本的にはアングルを変えたりしながらインサイドが開けば、必ずパスを入れていた。

この技術は日本すべてのカテゴリーの中でもトップの技術であり考え方だと思う、NBLでもポストアップしてる選手へのパスはヘタクソが多いから。

そう言へば前日の女子決勝の岐阜女も#7ロー・ヤシン(3年187cm)へのパスも多種で、練習した成果が出ていたように思へます。

でっかいセンターを安直に遣うチームが多い中で、シッカリとパスの仕方を指導していたのが判る良いチームでした。

 

話はを戻します。

八村にマッチアップしていた増田では付ききれないと見て、後半は杉浦がマッチアップし、前半24得点だった八村を後半はたったの8得点(4Qは2点のみ)に抑えた。

しかしディフェンスに集中すれば、得意の外のシュートは確率が悪くなる。

大堀の片峯コーチは、前半の49失点は取られ過ぎで大濠本来の守るのバスケットではないので、ディフェンスを重視する為に、失点を抑えることを選択した、と私の質問に答えてくれた。

たとえ杉浦の得点が落ちたとしても、津山と青木の3Pでカヴァーしてくれると計算したのかもしれない。

不調だった青木の3Pが前日の京北戦終盤から入りだしていたからだ。

ところがこれが大誤算、12本の3Pを撃ったものの、1本しかネットを通過させられなかった。

チームもショックだったろうが、青木本人が一番悔しく辛かっただろう。

対する明成は植村と金子が苦しい場面で3Pを決めて引き離した。

 

このゲームのもう一つキーは明成の2-3ゾーン。

第2ピリオド残7分30-24と明成がリードした時に大濠がCTOを取ったが、その直後から明成はゾーンに切り替え、差を開いた。

 

得点経過や戦評は 日本協会の公式ページにあります。

 

今日も東京体育館は満員でした。女子決勝の昨日は8、648人でしたが、この日の入場者数は、ゲームが終わって1時間しても発表になりませんでした(大汗)

どうにかしてよ!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

 2020年東京オリンピックが実現した今、このような素晴らしい人材の宝庫が日本の若者にあるということ、連日、東京体育館を超満員にするバスケットボールファンの潜在エネルギーが充満していることは最高ですね。
この機運を東京オリンピックに向かって更なる拍車をかけたいものですね。新年早々理事会があるようですが、どんなことがあろうがオリンピック参加を可能にするような強化体制を一日も早く整えてもらいたいものです。 全国の評議員・かじ取りをしている理事、心から熱い気持ちで応援しているバスケットボールファンの願いを結集するときは「今ですよ」と声を大きく言いたいですね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop