NBAでは背中に「SURNAME(名字)」を入れなくてはならない、とされていますが、今シーズン、マイアミ・ヒートとNJネッツはニックネームを入れたゲームジャージを、ヒートvsネッツの4ゲーム中の1ゲームに限って着用するそうです。

面白いね!!

となるとレブロンは「King James」でウェードは「Flash」にするのかな?

レブロン黒ジャージ

こんな風になるのかな??

但しこの件に関して、NBAはOKともNOとも言ってないそうです。

日本では名前を入れることになってますが、それが「姓」なのか「名前」なのかそれとも「ニックネーム」なのかまでは明言してません。

その為、ニックネームが書いてある選手が多いので、いかにも先駆者的に扱われそうですが、基本的に違いますから(笑)

 

NBAはニックネームがメディアでも取り上げられ超有名なのに対し、日本では女子の一握りを除けば殆どの人が知らないわけです。

現に私も多くのゲームを見てきましたが、背中のニックネームだけを見て「これは誰?」と思ったことは何度もあります。

 

例えば田臥のニックネームは?

五十嵐のニックネームは?

私も知りません(笑)

知っているのは竹内譲次と公輔のツインズが「ジョージ、コースケ」と言ふくらいかな?

 

ニックネームは親しみが湧くのは確かですが、それはニックネームを知っている人にだけしか当てはまらないと思います。

今の日本バスケット界の現状ではごくごく少数の人だけなんですのね、残念ですが。

だから、多くの人に知って貰うためには「名字」を入れた方が良いと思うのです。

さらに進んで言へば、「イチロー」の様にそれを登録名にすることもアリだと思いますけど、その勇気はないんですよね。

 

それとは別ですが、ネッツはメンバーを集めましたね!!

デロン・ウィリアムス、ブルック・ロペス、ジョー・ジョンソンは以前から在籍してましたが、ジェイソン・テリーばかりでなくケヴィン・ガーネットとポール・ピアースまでセルティックスから奪って(笑)来た上に、アンドレイ・キリレンコまで、よくぞ集めました(笑)

DSCN1367

Netsの選手はこのロペスしか持ってない(汗)

 

(オーナーがロシア人なので、ロシア人のキリレンコはMUSTですけど。裏金疑惑が持ち上がりましたが)

まるで10年前のマーベリックス、数年前のヒートですね!!!!

 

但しコーチがジェイソン・キッドと言ふのは特別ですけどね!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

現役日本人選手の愛称で有名と言ったら
トヨタの松井啓十郎選手の『KJ』
ですかねぇ~

でも確かにあまり聞かないですね!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop