あんどうさん、

土曜日は、50周年を迎えた横浜文化体育館に行ってきました。東芝は、プレイオフにマジック1の日立との対戦です。
前半は、両チームともにミスが多発してロースコアでした。そこでハーフタイムに、ぷりんさんごひいきのベテラン#17桑原義典くんがみんなに檄を飛ばしたので、若者達が積極的にシュートを狙いに行ったとか。ヒーローインタビューで#5山下泰弘くんが話してました。

また、第3Q、4Qのインターバルでちびっ子達が「東芝がんばれー!」と大声で声援を送ってくれました。これが東芝の選手達の心に伝わり、第4Qでは東芝のディフェンスからオフェンスリズムが良くなって勝利することができたのだと思います。

東芝は、#25ジェフ麿々道がDNPでもベンチメンバー達が崩れないバスケットをするようになってきたところが強いですよー。  ふふふっ。

東芝VS日立
  1Q:12-12
  2Q:10-13
  3Q:21-16
  4Q:26-17
   計:69-58

スタメン:
東芝:#7竜青、#9栗原、#14辻、#17桑原、#22ファジーカス
日立:#5スミス、#6小林、#12柏倉、#15竹内、#28酒井

◆1Q:日立#15竹内選手のゴール下ショットで先制されますが、東芝は#9栗原くんの脚力を活かした速攻などで5-2とします。
しかし、その後は栗原くんのおっとっとシュートに代表されるように東芝は、シュートが入りません。#22ニックもおっとっとシュートを見せてました。おーい!
ディフェンスは、日立のミスを誘って良かったのですが、、、神奈川県のちびっ子達がたくさん観ているのに両チームともにしまりがないです。
残り時間24秒を切ってもバックボード上のショットクロックがそのまま表示されているのがかえって時間に余裕があると思えたのか、#20加々美くんが落ち着いてブザービートATBを決めて12-12で第1Q終了です。アハハ。

◆2Q:まず、#38宇田くんが”Black Mamba”ATBを炸裂して14-12。宇田くんのブロックショット、チャンスを活かす男#5山下くんがボールもぎ取りスチールをするなど東芝は、ディフェンスは頑張ってます。山下くんのストップジャンパーや#31クリスが1on1を決めて20-14としたところで日立CTO(開始約4分)。
ATOで#24フェン選手、#45鹿野選手、#13渡邉選手達の3Pなどで0-11ランを受けてしまい20-25と逆転されました。
われらが#13菊地くんもおっとっとシュートを炸裂して流石元祖おっとっとの面目を保ってます。おーい!

東芝はやはりシュートが入りません。
それでも、終盤#9栗原くんがターンアラウンドジャンパーを鮮やかに決めて22-25としてハーフタイムへ。

◆3Q:まず#9栗原くんの3Pで同点(25-25)。ここから接戦が続き、やっと普段通りの展開になってきました。
日立は、ビッグマン#15竹内選手、#5スミス選手にボールを集めた攻撃から、#6小林選手や#45鹿野選手の3Pなど外からのシュートも決めてきます。
東芝は、セットでは#22ニック中心のオフェンスを展開し、#7竜青くんとニックとの息の合ったP/Rも決まって逆転しました(41-39)。ダァーッ!

4Q:インターバルでのちびっ子達からの東芝への大声援を受けて#9栗原くんがまたターンアラウンドジャンパーを決めます(45-41)。キャーキャー!

東芝のディフェンスが日立にボールを中に入れさせず、#31クリスの左右対称ペリメーターから2本のバンクショット、#5山下くんのAnd1や3Pなどベンチメンバーの大活躍で一気に14-4ランの59-48と二桁得点差を付けます。

その後日立は、#45鹿野選手の3Pなど外からのシュートで迫りますが、東芝は山下くん、#17桑原くん、#14辻くんが確実にFTを決めて、点差を保ったまま試合終了しました。
MCがクリスのFTの前に「日立ブレイブサンダース」なんて言ったものだから2本とも外しましたが、、、もーっ!

以上 ギーク

 

見に来たついでの下のマークをポチっとして行って下さい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop