あんどうさん、

日曜日も小田原アリーナで東芝の応援に行ってきました。
東芝は、勝ちました。でもこの試合で最も感動したのは、要所で魅せられたレバンガ北海道#9折茂武彦選手のシュートに対する執念です(21得点=16(FG)+5(FT))。

われらが栗原くんや菊地くんも日本一のシューターとマッチアップできて勉強になったと思います。
東芝のプレイオフでの対戦相手がトヨタに決まりました。菊地くんは、岡田くんとみんなの前で必ず仲直りするように!
なお今週末の日立戦では、東芝はプレイオフのための調整などせずに全員が全力で戦い、企業スポーツの良いところを見せようではありませんか。北コーチ、よろしく頼みます。

東 芝VS北海道
  1Q:24-20
  2Q:24-17
  3Q:18-15
  4Q:15-18
  計:81-70

◆スタメン:土曜日と同一です。
東芝:#7篠山竜青、#9栗原、#14辻、#22ファジーカス、#25麿々道
レバンガ:#1野口、#7阿部、#9折茂、#11桜井、#55ルイス

◆1Q:#22ニックの全くやる気が感じられないセンタージャンプで、らくらく北海道ボールで試合開始。
北海道#55ルイス選手のFTで先制されます(0-1)。東芝は、#9栗原くんの速攻、#7竜青くんのATBで4-1とします。しかし#9栗原くんは、早々に2つファウルをしてベンチへ。北海道#11桜井選手もでした、、、あらら!

接戦が続きます。#23種市選手のゴール下、#9折茂選手のジャンパーを決められ11-12のビハインド。

#22ニックのジャンパーが決まって19-17とした次のプレイは折茂選手に完全にやられました:右コーナーから折茂選手がレイアップに行くのかと思い、#13菊地くんが押さえようとしますが、上手くフェイクされて外されAnd1も決められました(残46.7秒:19-20)。ポカーン!

その後、#22ニックがFTを2本とも決めて21-20とします。さらに残り時間7秒から、東芝のスローインから#7竜青くんがボールを運んで狙い撃ちした3Pを決めて24-20として第1Q終了。

◆2Q:#13菊地くんの3Pと#31クリスのプットバックによるAnd1で30-20と二桁差に広げます。
その後、#9折茂選手に2本目の3Pを決められて40-35まで迫られます。しかし、#14辻くんがすぐにお返しの3Pを決め、終盤、#17桑原くんも3Pを決めてハーフタイムへ(48-37)。

◆3Q:#22ニックの3Pから後半を開始しますが、#9折茂選手のFTとストップジャンパーで返されます(51-40)。

得点がなかなか離れません。#7阿部選手の膝を活かしたクイック・クロスオーバーからのATBが炸裂して(57-46)。スゲー!

残1分10秒、#7阿部選手→#41キレット選手の連携でAnd1を決められて61-52とされた後、#13菊地くんのジャンパーと#31クリスのAnd1で66-52とリードを広げて第3Q終了。

4Q:前の試合で最も確率の高いダンクを失敗した宇田くんがやっとATBを決めます(68-52)。でも、なんと言ったら良いのか、切れ味が悪いです。

#9折茂選手にストップジャンパー、#10伊藤選手にFTを決められ、68-59とまた一桁得点差にされます(残り丁度6分)。

残4分10秒、#10伊藤選手、#9折茂選手のジャンパーで70-64とされて、東芝CTO。ATOで#9栗原くんがドライブインを決めますが、#11桜井選手にFTを決められて72-66と点差がつきません。

さらに、残2分17秒の北海道のATOで#55ルイス選手に1on1を決められ73-68と5点差に迫られます。

しかしその後、#7竜青くんのジャンパーと#9栗原くんの3Pで78-68と二桁差に戻してなんとか勝負を決めました。

東芝が勝ったのはうれしいです。でも、もっと良かったことは、男の中の男の素晴らしいプレイを観ることができたことです。

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年4月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop