あんどうさん、

東芝は、日曜日も横須賀アリーナでリンク栃木ブレックス(栃木)と対戦しました。
またまた1DSの香りがプンプン漂い、第2Qに1ゴール差、第3Qに1点差まで迫られますが、第4Qで一気に引き離して勝利しました。
これで東芝8連勝です。やはり一番の要因はパワーフォワード#25ジェフ磨々道の復帰でしょうね。
今週末のアイシン戦で真価が問われると思います。

東 芝(20勝11敗)vsリンク栃木(9勝22敗)

1Q:25-11
2Q:12-22
3Q:24-18
4Q:19-17
計:80-68

◆スターティングラインナップ:
東芝:#7篠山竜青、#9栗原、#14辻、#22ファジーカス、#25磨々道
栃木:#0田臥、#8山田、#14オイデジ、#15竹田、#73田渡

栃木#1川村選手、#34伊藤選手は会場に姿が見えませんでした。

◆1Q:栃木#0田臥選手のジャンパーで先制されますが、東芝の10-0ランで10-2とします。このストレッチでは、#9栗原くんと#14辻くんの3P、#22ニックのフローター、#25ジェフのジャンパーが気持ち良く決まりました。

キャーキャー!

次に栃木#73田渡選手に3Pを決められますが、#25ジェフがドライブインしてディフェンスが縮んだ瞬間、ワイドオープンの#22ニックにアシストしてお返しの3Pが決まります。ここから東芝の9-0ランで19-5とリード。#14辻くんのジャンパーや速攻からニックのダンクが炸裂しました。

キャーキャー!

この得点差を保ったまま25-11で第1Q終了、、、でもジャンパーが多いんです。

◆2Q:両チームともに得点が入りません。開始から約2分半に栃木#35スミス選手に3Pを決められます(25-14)。

#31クリスがお返しの3Pをきめますが、#0田臥選手が入ってから栃木に0-11ランを浴びてしまいました。ヒェー!
栃木は#22網野選手の速攻、+And1、#9遠藤選手のDーWadeライクなスーパーダブルクラッチ、#0田臥選手→#14オイデジ選手のPNR(?)などであっという間に3点差に迫られました(28-25)。

この後接戦が続きますが、#14オイデジ選手のプットバックで2点差まで迫られます(33-31)。東芝のこのQ最後の攻撃で#14辻くんのジャンパーが外れましたが、#25ジェフがプットバックブ・ザービートを決めて37-33としてハーフタイムへ。

◆3Q:#22ニックの速攻から連続得点で後半スタートしました(41-33)。その後、栃木#0田臥選手のリードが冴え、#8山田選手のパワープレイ、速攻などで48-47の1点差まで迫られました。ギャー!

しかし、東芝は#14辻くんのドライブインやパスをうまく回したモーションオフェンスを展開して61-51とリードを二桁に戻して第3Q終了。

◆4Q:開始早々に栃木#15竹田選手のジャンパー2発を受けて61-55。
しかしこの男です。#14辻くんが3Pを決めてから流れがまた東芝に変わりました。#7竜青くんと#13菊地くんのアベック速攻、アベックジャンパーなどを含む東芝の12-0ランで一気に離しました(73-55)。

これで実質上ヴィクトリー・シガータイムとなりました。

試合開始前から東芝のベンチ後ろに新入部員らしき男が座ってました。声をかけると、照れくさそうに笑ってます。彼は、試合終了後も荷物運びをせっせと手伝っておりました。感心感心!我等が篠山竜青くんとゲームヒーローの辻直人くん(21得点)にせいぜい可愛がってもらいなさいよー。

以上 ギーク

*********************

東芝:21勝11敗 3位 残り10ゲーム アイシン(1-3)A、パナソニック(2-2)H、 トヨタ(2-2)A、日立(3-1)H

リンク栃木:9勝23敗 6位 残り10ゲーム レバンガ(2-2)A、日立(0-4)H、アイシン(1-3))、三菱(3-1)A、パナソニック(1-3)H

◆プレーオフに向けて東芝は5位日立と4ゲーム差、一方栃木は4位パナソニックとは10ゲーム差、あと一敗でプレーオフ出場の道は閉ざされる。

 

東芝を応援して無くても、下のマークをポチっとしてくれると嬉しいです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop