あんどうさん、

日曜日も東芝は、聖地で日立に勝ちました。実質上第3Qで勝負あったと思います。東芝のオフェンスにも隙がありませんでした。
開始前、試合見学に来ていた”KI3″石川海斗くんがわざわざ挨拶に来てくれました。来シーズンはりゅうちゃんとのマッチアップが楽しみです。いつものように「カイトー、ファイトー!」って応援するから、、、ブーイングも一緒に!
たまたま海斗くんご一家の近くに、結城昭二(元全日本選手シューター、中大→住友金属)さんが座っておられました(海斗くんのお父さんどうもー)。そう言えば結城さんのプレイを観たのは、約35年前で長野県上田市でした。ローカルな話で盛り上がりました。へへへ。

■東芝VS日立
1Q:20-16
2Q:18-15
3Q:31-22
4Q:17-21
計:86-74

◆スタメン:
東芝:#7篠山竜青、#9栗原、#14辻、#22ニック、#25ジェフ
日立:#5スミス、#12柏倉、#13渡邉、#15竹内、#28酒井

◆1Q:東芝は#22ニックにボールを集め10点まで得点差を広げます(16-6)が、その後日立に0-8ランを許してしまいます。このストレッチでは東芝がディフェンスリバウンドを獲れず、日立#5スミス選手の連続プットバック(バスカンも)と#45鹿野選手の3Pで2点差まで追い上げられました(16-14)。

#7りゅうちゃんがブザービート・フローターを決めて20-16で第1Q終了。ホッ!

2Q:日立#9西村選手の3Pで早々に1点差(20-19)。ドーン!
その後接戦が続きますが、西村選手にフローターを決められた(27-23)後、東芝は7-0ランで11得点差までリードします(34-23)。しかし、逆に日立による0-6ランを受け34-29と迫られます。
終盤#22ニック←#25ジェフのコンビネーションが2発決まって38-31としてハーフタイムへ。

3Q:後半開始から東芝の15-4ランで一気にリードを広げました(53-35)。このストレッチでは、まず#25ジェフのATBが決まり、#22ニックへの縦のパスがうまく通りました。さらにディフェンスが小さくなるとこの男の出番です、そうです#14辻くんが3P+4Pプレイを決めました。キャーキャー!
辻くんは、さらに連続3Pを決めます。#9栗原くんもスチールからの速攻でよく走りました(69-48)。キャーキャー!
この後日立#45鹿野選手のFTと#5スミス選手にジャンパーを決められ69-52で第3Q終了。

4Q:出だしから日立に迫られ、ビッグマンのコンビネーション(#24フェン選手←#15竹内選手)を決められた時点で12点差(73-61)の6分19秒、東芝CTO。ATOで#5山ピー(←我等が#13菊地くんからのアシスト)が決めた後、菊地くんがFTを1本決めた(76-61)のが5分39秒。
その後、残り時間2分57秒まで両チーム無得点状態が続きました。ここまでくれば難無く?ヴィクトリー・シガータイムに突入です。

#5スミス選手がアリウープダンクを失敗すれば、#31クリスもダンクを外してました。おーい!

まぁ、#99長谷川くんが華麗なジャンパーを決めました(83-68)から良し良しっと。

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop