あんどうさん、

月曜日も、大田区体育館で日本代表の応援です。対戦相手はインド代表です。前半は接戦でしたが、後半に入って#11桜井くんのスチールからのバスカンで一気に流れを日本に呼び寄せました。

もうひとつの場面は、第4Qの中盤75-65まで追いつかれたATOで、#14金丸くんが連続3Pを決めて安全圏に戻しました。あとはヴィクトリー・シガーの時間でした。ふうーっ!

日本VSインド
1Q:28-22
2Q:16-19
3Q:23-13
4Q:23-18
計:90-72

スタメン:
日本代表:#9栗原(192cm)、#10竹内(206cm)、#11桜井(194cm)、#12桜木(203cm)、#14金丸(193cm)
インド:#4ジョギンダー(174cm)、#5グレワル(185cm)、#9ブリグヴァンシ(192cm)、#10アムリトパル(205cm)、#15ペタニ(203cm)

1Q:日本ボールでスタート。ディフェンスは、両チームともにM2M。#14金丸くんの3Pで先制します。インドは、#15ペタニ選手のプットバックから。また、金丸くんの3Pで6-2。金丸くんは、第1Qだけで5本の3Pを決めました。
開始3分過ぎ、#12桜木JRが2つ目のPFをとられた後、インド#10アムリトパル選手にプットバックを決められます(9-11)。その後、またまた金丸くんが3発目の3Pを決め12-11としました。
さらに接戦が続き、インド#15ペタニ選手のジャンパーで16-16の同点。#11桜井くんの2発目のスカイウォーカードライブインが決まり、金丸くんの4発目の3Pが決まって21-16となったところでインドCTO(残り時間2分49秒)。ATOで#9ブリグヴァンシ選手のCoast2Coastで21-18。
桜木JRの1on1で23-18としますが、#10アムリトパル選手、ブリグヴァンシ選手の連続ジャンパーで23-22と1点差に迫られます。ここで、金丸くんが5発目の3Pを決め、さらに残り時間2.6秒に桜木JRがFTを確実に決めて28-22で第1Q終了。

2Q:イラン#9ブリグヴァンシ選手のジャンパーから(28-24)。
日本は、ゴール下でリバウンドがとれず、パスミスによるTOで得点が伸びません。接戦が続き、困った時の#12桜木JRの1on1で、44-41とリードを保ってハーフタイムへ。

3Q:後半開始3分過ぎ。#11桜井くんのスチールからの速攻でバスカンをもらい、さらにインドベンチTFで#14金丸くんのFTのあと、我等が#9栗原くんがワイドオープンから"FROM DOWNTOWN"を決めてくれました(57-45)。この17-0ランで一気に点差を広げました(65-45)。
しかし、インドも#15ペタニ選手のジャンパーから#5グレワル選手のワンハンド3P(スゲー!)まで0-9ランで反撃しますが(65-54)、何とか得点差を二桁にキープして第3Q終了(67-54)。

4Q:アイシンコンビ#4古川くん→#12桜木JRから(69-54)。続いて#13渡邉くん(180cm)のドライブインで71-54としました。その後インドの0-7のランを受けて、71-61とされます。渡邉くんのスチールと桜木JRの1on1で点差を再度広げようとしますが、インド#15ペタニ選手のジャンパーが決まり75-65とされたところで、日本CTO(残り時間5分40秒)。
ATOで、やはりこの人です。#14金丸くんが3Pを連続で決めて81-65。さらに#4古川くん(190cm)がスチールからの速攻、#10竹内くんがFTをもらって84-65と勝負を決めました。

番外編(日曜日):

前日の日曜日は、日本代表の試合はありませんでした。会場には鈴木貴美一さんが当然の如くおりました。比江島慎くん(190cm)をポイントガードに起用した理由は何かを聞いてみました。パスがうまいことと即答!また、1番から5番の選手のどこかに相手と凸凹をつけるため、ポイントガードを大きくしている。

会場入口に設置のASICSブースで流れているビデオが興味深いです。我等がりゅうちゃん(178cm)と石崎巧くん(188cm)の1on1です!りゅうちゃんが、ユーロステップで、、、?

客席で、チャンスをいかす男、山ピー(187cm)に会いました。休の日に熱心に見学している貪欲さがえらいぞっ!

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop