昨日男子アメリカvsナイジェリア戦を見ました。

見ていて、アメリカの凄さが出てましたね。

そのうちの数点を書き出します。

1)アウトレットパスが早い。

リバウンドを獲った後の味方へのパスが早い。、パス出しするタイミングはものすごく速い。良く前を見ている。

普段のNBAではこれほどではないのは、周りの選手たちの能力が高いためなのだろうか、予めスタートをしてるからなのか??

 

2)スローインが早かった。

ナイジェリアのシュートも良く入っていたこともあるけど、シュートを決められてからスローインまで、いやシュートに持って行くまでと言った方が良いかな? 何しろ早い。ボールがリングを通過した3秒後には逆のリングにボールが入っているほど。

 

3)ドリブルのスキルが高い!

ガードだけじゃなく全ての選手のドリブルが当たり前のように上手い。と言ってもミックステープツアーの様に1on1でドリブルをダンダンとつき続けるのではない、派手なスピンターンも少ない。ドリブルの高低差を使ったり、リズムを変えたり、ヘジテーションと言ふのかタイミングをずらしたり。

スキルを持っている、いやこれが当たり前なんだろうね、ただシュートが入ったりダンク出来たりするだけじゃない、と言ふことが判ると思う。

 

4)外からのシュートが良く入る。

多分相手のナイジェリアのディフェンスが緩めだったからだとは思うけど、シュート練習をしてるように3Pが良く入る。ゾーンを攻めるのは外からのシュートを決めることが鉄則かもしれないけど、そんなに外のシュートが入るわけではないからね、3Pの確率って30%代後半ですよ。

でも昨日のアメリカは良く3Pが入った、特にカーメロ・アンソニー。

パス廻しからワイドオープン状態で撃った3P、入るは入るは、最後は笑っちゃったほど。

ちなみに前半のカーメロの3Pは10/12だって、笑っちゃうだろう!

 

個人的には、クリス・ポールが良かったなー。PGにすると周りに上手い選手が多いとパスが生きるから、活躍できるんだよね。

ディフェンスも上手かったなー、ピックアンドロールの時。ブロックに来た選手とドリブラーの間のすり抜け方なんて「教科書通り」に足と体を使ってすり抜けていた。

NHKのロンドン・オリンピックのサイトでハイライト動画が見れます。リストの「動画」の所をクリックして下さい。

http://www1.nhk.or.jp/olympic/basketball/schedule.html?gender=M

ちなみにこのゲームでは今大会最高の156点も叩き込んでますが、73点も取られてます。ペースが速かったから得点も増えるけど2PFGは54%、これは決められ過ぎ、せめて40%台前半に抑えて欲しい。

 

今日のアメリカはリトアニアと対戦、大きい選手も多いのでナイジェリア戦のようには行かないとおもうけど。

今夜10時30分から、上記のサイトでライブストリーミングで見れます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop