昨日は横浜市の中学大会へ行ってきました。

ここは男女共に162校と言ふ超マンモス地区で、湘南大会より規模が大きそう。

 

ミニ同様「横浜スタイル」って言ふのが有ります。小さいけど良く動き、バスケットを知っていてシュートを良く打ちます。フィジカルなプレーが多く他地区にとってやり辛くなってます。

これはミニから引き継がれたもの、と言ふ人もいます。

会場の横浜文化体育館、中学生で文体を使えるなんて羨ましい。特にビーコル関係者としてはそう感じます(笑)

 

受付で三浦さんに遭遇。フロアに入ったら星澤(元金沢総合高コーチ)さん、講武(旭高)さん、倉持(清陵総合高)、岡崎(茅ヶ崎北陵)さんら錚々たる高校女子の先生方が居たので一緒に見てました。

話を聞いていると勉強になりますね。

12横浜中学豊田vs岩崎1

さて今日のお目当ては男子桐蔭中です。新人大会で優勝した、と言ふばかりでなくここにブレイカーズOBのユウキが入ったので、見たかったんです。

◆桐蔭中vs南戸塚中 南戸塚(ナントツ)は典型的な横浜スタイル。対して桐蔭はオーソドックス・スタイル。

桐蔭は全盛期の桐蔭高をコーチしていた深沢さんが見ているので、安心して見られるチームです。

ここは3年生トリオが良いですね。

#4はどのポジションもこなせるオールアラウンダー、新人戦では1番ポジションもやっていたとか。

#6は4-5番ポジション、身体がしっかりしているのでインサイドに強い。

#8はポイントガード、ボール運びも上手くシュートも堅実。

この3人ともサイズと幅が有り、スピードも有り、シュートも上手くバスケットIQも高いのが強み。

ユウキは途中で出してもらった。ただブレイカーズではほぼワンマンチームだったのでボールの貰い方が上手くなく、昨日もあまりパスして貰えなかった。それでもペイント内で2本決めた。

2012-07-23 12.08.27

嬉しかったのはブレイカーズ時代に教えたボックスアウトをシッカリとやっていたことと、ディフェンスをチャンとやっていたことです。

桐蔭72-41南戸塚

12横浜中学桐蔭vs舞岡2

◆宮田vs岩崎 宮田は大きな選手を数枚持ってる、対する岩崎はサイズが小さいが#4がシューター。岩崎が横浜スタイルで一歩リードする。ラストQで宮田は長身者がインサイドでシュートするようになり逆転勝ち。もっと早くからインサイドで点を取っておけば楽な展開となったはず。

一方岩崎は、確か春に書いたと思いますが、#4が典型的な「ジャンパーしか打てない選手」。ジャンパーが得意な選手じゃなく「ジャンパーしか打てない選手」。勿体無いねー。

ペネトレイトが出来れば楽にジャンパーが打てるはず。このゲームでも宮田にピッタリとマークされボールを貰えなくてフラストレーションが溜まっていたようで、たまにボールを持つと無理にシュートする。当然そんなシュートが入る筈も無く、苦戦を続ける原因となっていた。

能力が有りそうに見えるだけに勿体無い!!

それでもダウンザストレッチで3Pを決め39-36と3点差まで追いつめて、更に残り僅かでボールポゼッションを獲得したものの、#4に撃たせずそのままブザー。勿体ない!!

 

午後、男女共に準決勝が行はれました。

◆女子 戸塚vs平戸 六角橋vs希望ヶ丘

2012-07-23 16.05.09

時間がないので後程。

これから湘南大会決勝へ行きます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop