あんどうさん、

土曜日は、平塚に行けずごめんなさい。(あんどう注 ハイ、皆怒ってます!)

トミー達のおかげもあって、横浜ビー・コルセアーズの東地区2位が確定しましたそうですね。私もbjプレイオフでは、ビーコルを応援して廣田さんに恩返ししたいと思います。
アイシン対トヨタのJBLファイナル第3戦に行っておりました。試合前、アイシン鈴木貴美一ヘッドコーチ紹介時にエールを送るとこちらを向いて手を振ってくれます。嬉しいじゃないですかぁ。そんなアイシンを応援したのですが、、、柏木選手のファールトラブルも痛かったです。それでも選手層の厚いトヨタのディフェンスを突破するだけの体力の限界を精神力で補い、最後まで絶対に諦めないアイシンの選手達に拍手を贈りたいです。

120422_055943

アイシンVSトヨタ
1Q:16-17
2Q:11-12
3Q:14-19
4Q:20-21
計:61-69

スタメン:第1,2戦と同一です。
アイシン:#2朝山(192cm)、#3柏木(183cm)、#4ヤング(207cm)、#24古川(190cm)、#32桜木(203cm)
トヨタ:#10岡田(185cm)、#21竹内(206cm)、#31リッチー(203cm)、#35伊藤(183cm)、#40田中(188cm)

1Q:トヨタボールで試合開始。ディフェンスは、両チームともにM2M。
先制はトヨタ#31リッチー選手のゴール下から(←#40田中選手)。アイシンは、前の2試合同様出だしからシュートが入らず。トヨタ#10岡田選手のストップジャンパーなどで0-5。
#4ヤング選手のインサイドプレイ、#24古川選手のジャンパーなどでなんとかアイシンはくらいついていこうとします。
しかし、#3柏木選手を起点とするアイシンのオフェンスに対し、元気満々の#10岡田選手、#11熊谷選手(190cm)が交代でにかわディフェンスをされてはきつそうです。
#21竹内選手のジャンパーが決まった(←#3ギブズ選手:188cm)ところ(8-15)でアイシンCTO(残り時間2分04秒)。
ATOで、アイシン#3柏木選手のジャンパー、#24古川選手の3Pそしてゴール下の魔術師#32桜木選手が器用にバスカン決めて同点!
桜木選手はAnd1も決めて16-15。
トヨタ#3ギブズ選手がプットバックを決め、16-17として第1Q終了。

2Q:アイシン#32桜木選手、#24古川選手のジャンパーなどの7-0ランでトヨタCTO(残り時間7分50秒:23-17)。ATOで、今度はトヨタが0-7ランで、#34高橋選手(198cm)が3Pを決めたところでアイシンCTO(6分14秒:23-24)。
その後、トヨタ#31リッチー選手のレインボーアーチ"FROM DOWNTOWN"が飛び出しました(23-27)。
さらに、ピック&ロールから#35伊藤選手がストップジャンパーを決めてうまい攻撃を観せます(25-29)。
一方のアイシンは、#2朝山選手が東芝#11菊地祥平くん(190cm)並の必殺"おっとっとシュート"を炸裂したかと思うと#32桜木選手は、FT落としまくり(4本連続!)。
うーん!結局27-29でハーフタイムへ。

3Q:トヨタ#21竹内選手がFTを2本目を決めて後半スタート(29-30)。アイシンは、#4ヤング選手が豪快なダンクで嫌なムードを吹っ切ります(29-30)。
ところが、ここからトヨタが#40田中選手の3Pをきっかけに一気に10-0ラン。しかもアイシン#3柏木選手が、田中選手に4つ目のPFをしてしまいベンチへ(残り時間6分05秒)。
ATOで、And1を田中選手が決めた(29-40)後、開き直った?アイシンは、#32桜木選手がプットバックなどで7-0ラン。
トヨタCTO(4分05秒:36-40)。ATOで#16松井選手(188cm)、#7正中選手(180cm)などが決め#3ギブズ選手がFTを1本沈めて36-45。こうなると、アイシンは困った時の#32桜木選手!1on1、バスカン+And1で41-46。
第3Qトヨタ最後の攻撃は、#7正中選手がジャンパーを決めて41-48。

4Q:トヨタ#31リッチー選手の連続得点[フリースロー、プットバック、ダンク(←#7正中選手←#21竹内選手)]で41-53。アイシンCTO(残り時間8分07秒)。
ATOで#32桜木選手のジャンパーが決まります[←#54リチャードソン選手(203cm):43-53]。
7分36秒アイシン#3柏木選手がコートに戻りますが、トヨタ#7正中選手、#16松井選手に連続3Pを決められアイシン最後のCTO(6分41秒:43-59)。
ATOでまた#32桜木選手がジャンパーを決めますが(←#54リチャードソン選手)、トヨタ#21竹内選手もお返しジャンパーを決めます(45-61)。
次のアイシンの攻撃、なんと#54リチャードソン選手がテクニカルファールを取られてしまいました(ロッカーに行っちゃいましたが、スタッフが呼びに行ったらベンチに戻って来ました)。アチャー。
トヨタ#35伊藤選手がFTを2本沈めている間に、今度はトヨタがベンチテクニカルファールを取られました。アリャー。ここで貰ったFTを#3柏木選手が2本沈めてから、#24古川選手の3Pでアイシン12-2ラン。
点差が一桁になって、トヨタCTO(2分58秒:57-65)。
その後トヨタ#21竹内選手がFTを2本沈めますが、アイシン#24古川選手がまた3Pを決めて60-67。
しかし、残り時間41.3秒にトヨタ#31リッチー選手がFTの2本目を沈めて60-68となり、#3柏木選手も最後のファールで大活躍の#40田中選手を止めざるを得ない時が来ました(25.7秒)、、、
田中選手はFTを2本目を決め60-69とします。
アイシン最後の得点は、#0橋本選手(178cm)のFTで61-69として試合終了。

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop