アメリカのマーチマドネスはいよいよ佳境に入ってきましたよ。NCAAトーナメントらしく番狂わせが多いですね。

なんたってUNCがファイナル・フォー直前で負けちゃうし(涙)

 

◆SOUTH Region

① ケンタッキー大102-90 ④インディアナ大

② べイラー大75-70 ⑩ゼイビア大

SOUTH ファイナル ①ケンタッキー大 82-70 ③ベイラー大

◆WEST Region

④ルイビル大57-44 ①ミシガン・ステート大

⑦フロリダ大68-58 ③マーケット大

WEST ファイナル ④ルイビル大72-68 ⑦フロリダ大

◆EAST Region

①シラキューズ 64-63 ④ウィスコンシン大

③ オハイオ・ステート大 81-66 ⑥シンシナッテイ大

EAST ファイナル ②オハイオ・ステート大 77-70①シラキューズ大

◆MIDWEST Region

①ノースカロライナ大 73-65 ⑬オハイオ大

②カンザス大 60-57 ⑪ノースカロライナ・ステート大

MIDWEST ファイナル ②カンザス大80-67①ノースカロライナ大

なんて言ったってオバマ大統領が1番に押していナションナルランキングでも4位のUNC(ノースカロライナ大)が敗れてファイナル・フォー進出出来ないって、やば過ぎだー。

こうしてみると各Regionalで勝ち上がってきたのは、ナショナル・ランキング1位のケンタッキー大だけがトップ・シードで後はUPSET(番狂わせ)ばかり。

因縁と言ふか、UNCとカンザス大は仲が良いんですよね。カンザス大はバスケットボール考案者ネイスミス氏がマサチューセッツ州スプリングフィールドのYMCAの後に赴任した大学です。そしてUNCのロイ・ウィリアムス・コーチが15年間コーチを務めた大学で、UNCが母校と言ふことで無理やり(?)譲り受けた、と言ふ経緯があります。

ケンタッキー大(UK)は若いころ5回ほど通ったので、愛着がありますね。

UKリング

チャンピオンリングではありません、普通のUKカレッジ・リングです。

このまま勝ち続けて欲しいなー。

ルイビル大のリック・ピティーノ・コーチはUKやセルティックスのコーチもしてました。

 

ファイナル・フォーは現地時間で3月31日(土)と4月2日(月)にニューオーリンズで行はれます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

EAST Region
FinalElite
Ohio St. 77-70 Syracuse

だと思います

ガラナの試飲行きましょう

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop