あんどうさん、

土曜日は、横須賀アリーナに東芝の応援に行ってきました。対戦相手は、三菱電機です。東芝はあと一敗するとシーズン最下位が確定する状況です。
試合前、日大出身の#31上江田勇樹くんと久しぶりに話しが出来ました。左足を痛めてて試合に出れません。同期の#9栗原くんとの今年度最後のマッチアップを楽しみにしてたのになぁ

三菱は、#1ロン・ヘール選手もDNPだったため、特にインサイド面で東芝に有利でした。東芝は、ディフェンスも良く機能して相手のミスを誘い、前半で点差をつけることができました(36-18)。

後半もそのままの勢いを保ち、75-56で勝利しました。それにしても両チームともにターンノーバが、目だった試合で、盛り上がりにかける試合でした。#20加々美くんも栗原くんも二人揃ってどうしたのぉ?

東芝VS.三菱

1Q:17- 9

2Q:19- 9

3Q:25-19

4Q:14-19

計:75-56

スタメン:

東芝:#7竜青(りゅーちゃん)、#11菊地、#17桑原、#20加々美、#31クリス、

三菱:#7五十嵐、#10中川、#11鵜澤、#23湊谷、#81アレン

1Q:東芝ボールでスタート。ディフェンスは、両チームともにM2M。先制は、三菱#23湊谷選手のジャンパー。これがバスカンになって0-3。

東芝は、#20加々美くんのプットバックから一気に10-0ラン(10-3)。#11鵜澤選手が3Pを決めた直後、三菱はディフェンスを一瞬ゾーンにかえました(10-6)。しかし、シーズン終盤になって調子が戻ったわれらが#11菊地くんが、お返しの3Pを決めます!さらに、加々美くんのスチールからのダンクなどで15-6とします。

再度、鵜澤選手に3Pを決められました(15-9)が、#7竜青くんがFTを2本とも決め、17-9として第1Q終了。

2Q:#7竜青くん→#20加々美くんの好アシストから、東芝の8-0ラン(25-9)。しかし、三菱#7五十嵐選手の3P、#81アレン選手のバスカンなどで34-18となり、更なる点差はつきません

。#1小野くんがジャンパーを決めて、36-18のダブルスコアとしてハーフタイムへ。

3Q:#7りゅーちゃん電光石火のATB、Coast2Coast、#31クリスの1on1で後半開始から点差を離します(42-18)。さらに、#20加々美くんのスチールからの速攻や#18スコットのゴール下の活躍で53-24としました。

リードすると油断してしまうのが東芝です。三菱#7五十嵐選手に2本連続3Pを決められ53-30。ありゃりゃ。それでもこの後、点差をキープして61-37で第3Q終了。

4Q:三菱#11鵜澤選手のパワープレーから(61-39)。強いです!続いて#33内海選手、#11鵜澤選手のFTで61-43。嫌な予感。しかし、#18スコット(←#9栗原くん)がゴール下を決めて65-44。三菱CTO(残り時間5分31秒)。

ATOでやっと栗原くんが初得点を決めて(←#5山下くん:リッキー・ルビオのような鋭いアシスト)67-44。

ここから、三菱#81アレン選手のダンクや#32安部選手のバスカンによる追い上げで67-52とされました(0-8ラン)。

が、かわって入ってきた#1小野くんが駄目押しの超ロングレインジ"FROM DOWNTOWN"を決めて(70-52)逃げきりました。

ヒーローは、15得点、12(8)リバウンド(OR)のダブル・ダブルの#31クリス・モス。「皆のディフェンスが良かった。」とコメントありました。

以上 ギーク

 

*カタカナ注釈 by あんどう

マッチアップ=1対1の対戦、又はM2Mで付くことや相手を指す

ターンノーバ=ミスによって相手ボールになること

ジャンパー=ジャンプシュート

プットバック=オフェンス・リバウンドを獲ってシュートすること

ATB=ドリブルでリングに向かって攻め込むプレー

Coast2Coast=ディフェンス・リバウンドを獲りそのままドリブルでシュートまで持って行くこと

FROM DOWNTOWN=ロング・シュート→3Pシュートのこと

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2024年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop