あんどうさん、

金曜、土曜日の週末は、連日ととどろきアリーナに行ってきました。東芝と富士通の応援です。東芝はパナソニックと、富士通はシャンソンとの戦いです。東芝は、またまた連敗街道まっしぐら、一方の富士通は、プレイオフ進出をより確実なものにしました!

※日曜日にも富士通はシャンソンに勝利しましたので、プレイオフ進出ですね。わーい!

東芝は、土曜日もパナソニックに敗れましたので、勝率5割に達することは不可能になりました。うぇーん!

■東芝VS.パナソニック第1戦(1月20日)

東芝VS.パナソニック

  1Q:25-28

2Q:10-15

3Q:16-20

4Q:30-33

計:81-90

◆スタメン:

東芝:#4勝又、#7竜青、#9栗原、#11菊地、#21クリス

(日大トリオがスタメン!しかし、#18スコット・メリットがDNP:ドーン!)

パナソニック:#13渡邉、#14金丸、#20カスタス、#24広瀬、#31青野

◆1Q:パナソニックボールでスタート。ディフェンスは、両チームともにM2M。東芝は、#24広瀬選手に先制の3Pを決められた後、1-10ランを許してしまいました。しかし、#9栗原くんのスチールからの速攻に象徴されるように、ディフェンスがよくなり点差を縮めて、25-28として第1Q終了。

◆2Q:出だし早々、パナソニック#5オバノン選手にジャンパーを決められてから0-7ランを許してしまいました(25-35)。#31クリスのパスミスを観ていると、やはり噛み合ってないんだなと思えて仕方がないです。

一方、パナソニックは、#5オバノン選手(←#13渡邉選手)アリウープを綺麗に決めてきます(30-37)。

東芝は、ディフェンスからの速攻で#7竜青くんがレイアップを決めて34-37としますが、あと一歩およばず35-42でハーフタイム。

 

◆3Q:後半開始。パナソニック#14金丸選手にFTを3本決められ35-46とされてしまいます。

東芝は、#17桑原くん→#7竜青くんのインサイドアウトで3P(38-46)を決めてから#31クリスの速攻もでて、#17桑原くんのFTで42-46と詰めます。

しかし、すぐに金丸選手に3Pを決められます(42-49)。また、#31青野選手をファールで止めても合計6本のFTをすべて決められました。青野選手は、相変わらずFTシュートうまいですね!

さらに、ゴール下の#20カスタス選手に確実にパスを通され、51-63で第3Q終了。

(#17桑原くんは、おっとっとシュートをやってくれました。おーい ぷりんさん!! ごめんなさい。)

◆4Q:#31クリスのATB+And1で、54-63としてスタート。パナソニックは、#1木下選手が3Pを決めます(54-66)。東芝が点差詰めようとしても、すぐにパナソニックに"FROM DOWNTOWN"を決められてしまい、点差が縮まらないパタンが多く観られました。うーん。

#7竜青くんの3Pが決まって73-79としても、お返しに#24広瀬選手に3Pを決められました(73-82)。

終盤、フルコートプレスを仕掛けますが時すでに遅し。終わって見れば81-90でした。我等が#11菊地くんもATBしてがんばってたのになー。

東芝は、どうしたらいいのでしょうか?いままで私が一度もお話したことのなかった、ある強豪大学の監督が会場にいらしてましたので話を聴いてみました。やはりオフェンス面でのご指摘です。

「ボールのもらい方からおかしい。ボールをもらう前から次に何をするかを考えていない。シュートを考えていない。いわゆる汚さが無い。ここら辺がまともなのは、#7竜青だけだ。」

とその時、いつも茶色い声でりゅーちゃんを応援している女性が調度通りかかりました!

りゅーちゃぁーん、東芝のバスケを変えてくれー!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop