3い決定戦後、大神選手がメディアの要望でインビューを受けました。

以下はインタビューの内容です。

大神いんたビュー周り

この大会で切符を取るつもりでこの大会に賭けていたので、正直(準決勝で負けた)昨日は何も考えられなかった。

しかし沢山の人の応援とツイッター等で「我々は諦めていない、だからハヤブサジャパンも諦めるな!シン(大神のニックネーム)さんも諦めるな!」と言ふメッセージを一杯もらった。

昨日は眠れなかった、今日の練習も何をやって良いのか、正直判らなかった。でも周りの皆が気持ちが入っていて、引っ張ってもらった、そんなキャプテンですよ(苦笑)

会場で応援して下さっている皆さんに声をかけて貰って、気付かされました。

大神顔1

今日はコーチ陣にも口を酸っぱくして言はれていた「ディフェンスを頑張ろう! ディフェンスから速攻だと。」特にチャイニーズ台北の#7のシューターは入りだしたら、そこで勢い付いて、昨日の中国戦のように粘られるから、とにかく#7を抑えるディフェンスをしっかりやった。

そこから段々自分のリズムが作れ走れるようになったのかな、本当にディフェンスからなんだなと、強く感じます。

大神顔2

<これから世界最終予選に向かっての課題は?>

自分自身はココと言ふ時のシュートを決めることと、もっとディフェンスを頑張りたいな、と居ふことです。ディフェンスから日本のリズムが作れるから。

中国の#15チェン・ナンや#8ミャオのように「(ピンチの時に)このシュートが入っちゃうの?」と言ふのは中国の強みだと思う。そう言ふ選手にならないと今日のように「笑って終われないのかな!」って感じました。

中国ミャオとナン

左ミャオ 右ナン

 

この4年間、自分自身「まだ駄目だ、まだ駄目だ」と感じていて、それじゃ駄目で自分自身環境を変えなくては駄目だと、今日中国のあの二人を見て感じて、追いつけない自分がいるので、もう一度一からやり直しだなと。

韓国と中国は決めきれる(攻撃の決め手を持っている)。

韓国は2対2でズレを作っての合わせ、中国はチェンとミャオが2対2をする。

それに対して日本は? 一杯あって決め手がない、絞れないのが、、、

続く

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

もっと得点の取れるプレイヤーになってほしいですね!
最低20点、平均28点!

Bond_007さんへ
彼女はクラッチシューターになりたい!とも言ってました。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年1月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop