日本走って入場!

ゲーム前のシューティング。

それにしても中国は背が高い(涙)

細いけど大きい!!

スタメン

日本:#5高田 真希

#7三谷 藍、#10渡嘉敷 来夢、#12吉田 亜沙美、#13大神雄子

中国

大神がペネトレイトで初得点したが、中国は190cm台の選手が外から入れてくる。

3分6秒 中国j13-6日本 CTO。 

その後も中国はシュートタッチがよく、インサイド、アウトサイドとよくシュートが入る。

対して日本は中国の高さにビビッてかゴール下もシュートミスが多い。後で聞くと緊張してたらしい。

21-8と中国リードで第一Q終了。

第2Q中国は大きい選手を多用したが、若い選手中心だったため日本には通じなく、中国が21ー10でCTO

しかしその後はシュートタッチが良くなり6分には29-12と差を開かれる。

38-21と差を少し詰めて前半終了。

3Q 5分47-25

中国はディフェンスもしっかりやるしボックスアウトもやっている。

その上、プレスされても180cm台や190cmの選手が頭の上を通すし、Wチームに対しても簡単に上から裁かれるスため今一つ有効じゃない。

後半に入り日本も中国の高さに慣れてきたのか、日本のプレスが効いてきた。

日本反撃開始!

プレスが効いてきた。

中国の疲れもあるのだろう、シュートの精度が下がってきている、その上プレスを掛ける効果で日本のオフェンス・リズムが出てきた。

5分49秒 中国66-53日本追い上げ中国CTO。

しかしこれで流れが途切れ、シュートミスが続き追い上げならなかった。

76-62 日本負けた!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

あんどうさん、出張お疲れ様です。

隼JAPAN、残念。。。
しかし高校生プレイヤー:長岡の度胸の良さは半端ないですね!!
(さすが札幌山の手。)彼女のようなプレイヤーがどんどん出てこないかな。。。U-19では私の一押しの町田瑠唯選手がベスト5に選出されるし、日本(隼)女子は楽しみですね!!

足軽くんへ
長岡選手はウィンターカップ決勝で最高得点するなど、大舞台で強いですよね。中川コーチが言ふには外のシュートだけじゃなくドライブできるのが強み、と言ってた。
永田睦子さんは「3決はスタメンにしたほうが」って言ってた。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年1月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop