報告が遅くなりましたが、29日木曜日、新宿の三平酒寮西口店で「西田さんの帰国報告会」と言ふべき「囲む会」を開催しました。

これは西田さんが主宰していたJBA(Japan Basketball Academy)のメンバー及びJBA主催のコーチ研修ツアーやトルネードに参加した人と「あんたかFamily」が合体して行ったものです、重複者は多いですけど。

11西田パーティー西田

6時半開始なので、通常のサラリーマンにはきつい時間なので、来れる時間でどうぞ、と言ふ連絡したのに関わらず10人近く集まってました。

それなのに主催者の私メは急な大雨の影響で小田急線が大幅遅れの影響で「遅刻」です(大汗)

11西田パーティー2

渡辺家は家族で参加です。お父さんは私の高校の後輩で、話を聞いたらお母さんは私の兄から練馬区でコーチされたとか、世の中狭い(笑)

今年の「Jr.トルネード」に参加した息子のリンくんのことは小学3年頃から知っていたけど、中1になった今、グーンと大きくなって、私をはるか超えてます。頼もしいぞ!!

リンくんは久しぶりに西田さんと再会です。西田さんによればリン君は上手いそうで、それなら高校はアメリカへ留学だ、と大人たちだけが盛り上がってしまいました。親は半分嬉しいような、複雑な気持ち(笑)

 

Satoさんは大阪での教員生活を辞めて早稲田でバスケットの勉強をしてる女性です。

Tanakaさんは慶應から某商事会社へ進まれた方で、現在金融関係のお仕事をしてます、私とも接点があったようです。

このお二人が初めてお目にかかったJBA関係者です。

その他は、マクムード(偽)、しらさん、アッキー、はるなチャンとその高校時代からの友人、Jスポ考藤さん、私のWebMaster、藍子ちゃん、エミちゃん、そしてギークにLAPUTAさん。

この日の女性は美人ばかりでした、別に私の好みで集めたわけじゃないんだけど(笑)

そうそう忘れちゃいけないのは西田さんの弟、卓さん。兄さんばかり目立ってますが(身体も(笑))実は前を走る辰巳さんの後からシッカリとフォローしてるのは、性格が正反対の卓さんなんです。名コンビですね。

11西田パーティー1

今回西田さんは片岡大春(マサ)と並里成(ナリ)の二人をシアトルからシャーロットのボブキャッツのトライアウトを受けに行かせ、コーチのポール・サイラス(私からすると73年にセルティックスへ来てインサイドのアンカーとなってデーブ・カウエンズを外でも自由にプレー出来るようにさせたチャンピオンに導いた選手、と言ふイメージです。)から直接見てもらったり、ジョーダンのコネメントを貰ってきたりした、と言ふ話を聞きました。

彼のBlogにも書いてありますが、マサは「精神的、技術的、肉体的にパーフェクト」と言はれました。ただ身長がシューティングガードでは低いので、PGになるだろう、そのためには経験を積めば良いとのこと。

ナリはボブキャッツのファシリティーで1on1をやっていると、来ていた選手たちから「今年はNBAのどこでプレーするんだ?」って聞かれたそうです。それだけ高い技術なんでしょう。

 

「プレーオフでダラスのJJバレアが活躍すると嬉しい」といつだかこのBkogで書きましたが、実は4月30日の大阪商大でのトライアウトでフィリップスさんと話していたとき、バレアがレイカーズ相手に大活躍してました。

フィリップスさんが言ふには「小柄なバレアが活躍すれば相手はそれに対抗するために小さな選手を必要とする筈だ。そうすればナリはレイカーズからのオファーもあるかもしれない」

そんなに簡単に行かないとは思いますが、とりあへずバレアが活躍することを祈っていたら、優勝しちゃったし、バレアは頑張ったし、きっとナリにドコかのチームからオファーが来る可能性が高くなった、と言ふことです。

 

マサはとりあへず次シーズン(11-12)はブレックスでプレーして来年に再チャレンジすることになりますが、彼は毎年進化しているそうで、これは珍しいとのこと。多分来年はNBAへ行けそうです。

 

ナリも引き続きアメリカへの挑戦を続けるので、日本チームとの契約は行ってません。

ただ問題は、ボブキャッツでも「10デー・コントラクト」はいつでも結べるようなのですが、それでは実戦での経験が積めないので、とりあえず日本で長時間プレー出来るチームを探しています。

興味があるチームは私にでも西田さんにでも連絡ください。

 

さて一つの疑問が湧いてきます。

アメリカやNBAでそんなに高く評価されてる選手なのに、日本での評価は何故低いの?????

 

まあ アメリカ特にNBAと日本のバスケットの違い(差ではありません)なんでしょう、西田さんの話を聞いているとそう感じました。

ディフェンスの当たりにしても、向かってくる相手に対し、一度当たってから離れる、離れることでレフにはファールしてないように見せてオフェンスの動きを止める、らしいです。

その練習をしたマサは、「日本じゃ間違いなくファールを取られる」と言ってるそうです。

ペネトレイトでも日本は「身体を半身にして肩から突っ込め!」と教わりますが「NBAじゃ身体をスクエア(真っ直ぐ)のままで進め!」とのこと、これは身体の幅を使うためらしいです。

その他、日本人が考えているほど(ひょとして私だけ???)NBAは単純じゃないようです(笑)

それでは日本人で上記のことや基本的動きが出来てる選手は??

 

トヨタの伊藤 大司松井 啓十郎が出来てる、と聞きますね。

やはりアメリカでバスケットを教わってきた選手ですね。彼らをじっくりと見てると勉強になるかもしれません。

 

「チームの和を大事にする日本」と「個人が中心のアメリカ」との差もありそうです。

今回はこれまで、、、

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

延々と熱い話が続くのでしょうね。。

見る顔が色々ありますね(笑)

バスケの違いは本当にそうだと思います。
いまNBAでプレーしている海外の選手でも、入団当時は決してその国であったり、その地域のNo1選手で無いことが多いですよね。

実際ヨーロッパNo,1のガードといわれていたヤシケビシャスやリトアニアNo,1の点取り屋マシャウスカスはNBAにいまいちあわずにヨーロッパに帰って行きました。

いっぽうゴーダットとかサカリディスなんてのは決してユーロNo,1のセンターでもないのに、NBAでそれなりに試合に出てます。

そういうのを見ると決して日本人No,1がNBAに一番近いわけでもない、ただNBAに合う選手が近いというような気がします。ただNBAで本当のスーパースターの多くはどの国に行っても活躍できるんでしょうけど(笑)

皆さん、有意義なひと時をありがとうございました。

それにしても、あれだけの人達が同時にワイワイ話をしている中、深〜い話題を要約して、ブログにまとめる「あんたかさんは凄い」と改めて感心します。
それも酒を呑みながら…(笑)。そして水割りも作りながら…(あんどうさんにそんな事させてしまって申し訳ないと思いつつ見てました(汗)。
更に暴走しかかるギークさんをたしなめながら…(爆)。

本当に「色々と」ありがとうございました。西田さんの話はホントに深くて面白かったです。
今度は、あまり喋れなかったテーブル逆サイドの方々とも語りたいです。

HAMAのジョンさんへ
私は終電の関係で11時過ぎの帰らざるを得ませんでしたが、皆さんはその後も話だ弾んでいたようです。

よっしーさんへ
一番知った顔が2回も出てましたねー(笑)
相変わらずユーロの話は詳しいですね!
NBAのプレーと合う合わないは有りますね、
そしてNBAでプレーしたい、と言ふ精神力も大事ですね。多くの選手はNBAのプレーに戸惑いながらプレーしてる筈ですし。

LAPUTAさんへ
楽しんで頂けましたか。
いやー、もっと有意義な話をしてた筈なのに、酔ったせいで忘れてしまった(笑)
それとギークの暴走を止めるのが忙しくて(笑)
始まる前からキツーク釘をさしていたのに、、、、
西田さんからもっと良い話を聞き出そうと思っていたに、、、、、、、、
暫くはあんたかFamilyのみの飲み会でしか呼べないね。

「しょうめい」こと渡辺です。
あんたかファミリーの会合(?)
さらに西田さんを囲む会にお誘いいただき、
初参加させていただき大変ありがとうございました。
息子(レイです(^_^;))がこの春お世話になった
西田さんの世界基準を目指すアツイお話にも
改めて感銘を受けました。
息子も西田さんご兄弟との再会を大変喜んでおりました。
バスケットが大好きで、
色々な形でバスケットに関わられている皆さまとの会に
参加させていただくことができて
大変有意義であり、光栄でした。
また機会がありましたらぜひ参加させていただきたいなと、
ずうずうしい気持ちがもたげております。。。
今後ともよろしくお願いいたします。

あんたかさん、楽しい場を提供頂きありがとうございました!!あの大所帯が全てバスケットであんなに盛り上がれるなんて、とても素敵なことだと、つくづく感じました。私は卓さんから深いお話を色々して頂き、とても勉強になりました。(あとトミーさんのすばらしくマニアックなネタ・・笑)友人(あきこです^^)も短い時間でしたけどあの場に行けて良かったと言っていましたので、また機会があったらぜひご一緒させて下さい!あ、それから私ももっと気を配れるようにもがんばりますっ><;

しょうめいさんへ
喜んでもらえて良かった。JBAでもあんたかFamilyでも、バスケット好きな人がいっぱい集まれるような会にしたいですね。

HaLuNNaちゃんへ
喜んでもらえて嬉しいなー。単にバスケットを知っている、と言ふだけじゃなく、奥が深い話も聞けるからね。
また会合開こうね!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop