bjリーグ・ウエスタン・カンフェレンス・プレーオフ・ファーストラウンドは昨日から始まりました。

◆ライジング福岡vs島根スサノウマジック(以下ライジング福岡公式サイトより引用)

まさにプレーオフという、激しいゲームの入りだった。
1Qは島根・デービス、2Qは福岡・コルデイロのブロックがチームに流れを呼び込んだ。両チーム、シュート成功率が50%を超えるという、高い集中力を見せた、好ゲームとなった。終盤、福岡ベンチが送り出した加納が、攻守でゲームのカギとなるプレーを見せた。

・福岡86-80島根

福岡はあと1勝でカンフェレンス・セミファイナルへ進出できる。ゲーム②は昨日と同じアクシオン福岡 で19時開始!

 

◇ヘッドコーチ・インタビュー(bj公式サイトより引用)

福岡 HC: 小川 忠晴(試合後)

立ち上がりは、気負いすぎてリズムに乗れなかった。第2Qにベンチのメンバーが良く声を出し、コート上のメンバーがハッスルした結果、勝ちにつながった。第4Qでフリースローを15本中14本決めるなど、練習の成果が出たことも勝因だ。

島根 HC: ジェリコ・パブリセビッチ(試合後)

まずはプレイオフに出ることが目標だったので、ここからは新しいチャレンジになる。夢を与えられる事だと思う。負けてしまったが、山本や藪内など若い力が活躍してくれるのが頼もしい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop