アメリカのバスケット界、多分スポーツ界全体だと思いますが、ビデオ(動画)を有効に活用してます。

次の対戦相手のビデオを全員で見て対策を協議することを「ビデオ・セッション」と呼びます。

30年ほど前のUK(ケンタッキー大)では16mmフィルムでしたが、ワイルドキャッツ・ロッジ(バスケット部の寮)の地下2Fが映写室になっていて、壁全面に自分達のゲームだけじゃなく、他チームのも含めて過去のフィルムが保管されていて、選手達がいつでも見れるように映写機もセットされてました。

85年だったか、ASICSの仕事をしていたとき、サム・パーキンスと契約していた関係でダラス・マーベリックスの練習を見ることが出来ましたが、練習後に大きなテレビで次の対戦相手のゲームをコーチと一緒に選手たちが見てたのを覚えてます。

フカフカの絨毯でしたが、パイプ椅子だったのを覚えてます。

その写真が有る筈なんですが、見当たらない、残念!!

今回ニュージャージー・ネッツの練習を見ることが出来ましたが、ネッツのビデオ担当の吉本泰輔君の好意でビデオ・ルームに入ることが出来ました。

いやー、想像したより遥かに立派でした。まあ想像の元になったのは上記のマーベリックスの部屋ですから、それも四半世紀前ですからね(笑)

まず目に付いたのが応接セットのような立派な椅子で、座ってみたらクッションが効いていましたよ。

ネッツビデオルーム椅子

でも人間工学的に言ふと、固い椅子のほうが頭に入り易いそうですよ(笑)

そしてひな壇になっているので後ろの人も見易くなってます。

ミニシアターですよ。

スクリーンの方は、真ん中にスクリーンがあり、両サイドはホワイトボードになっていて、直ぐ作戦を書くことが出来るようになってます。

ネッツビデオルームスクリーン

↑説明してるのは吉本くん

ビデオの内容等はまた別の担当なので、深く聞くことはできませんでしたが、日本でもビデオの重要性は認識されつつありますね。

それは 何故コーチングに映像を使うのか? 何故コーチングに映像を使うのか-2 をお読み下さい。。

 

VTRじゃなくDVDなのにビデオ・セッションとはこれ如何に??

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

とにかく練習でVTRを使ってみることですね。
以前、その様な内容を勉強してきまして・・・
小学生にトライアングル・パスのやり方を説明し、そのドリルをVTR撮影、見てもらう・・・
あまりの下手な状態は一目瞭然!
その後、再びドリルを行うと!
何とビックリ、上手にこなしてしまいます。
今や伝説のユースチームは、シューティング練習日は、
全員撮影&確認をしながら行っていました!
結果、結構シューターが育ったと思いません?!
3年前には、試合のVTRを見ながら問題点を指摘しながらの
ミーティングを行って、一発で改善したこともありました。
但し、仕込みがかなり大変です・・・

Bond_007さんへ
特にミニはバスケットと言ふモノを知らないから、目で見せるのは大事だよね。
目から入った情報はそのまま脳へ入って行きそう。
特にシューティングは効果的と思うなー。
自分のフォームは判ってないとおもうから。

VTR撮影は有意義だと思います。練習でも試合でも沢山の反省材料が見つかります。ミニバス指導時代はスカウティングのために対戦チームのVTRを何度も見て研究しました。また自チームの動きもよく見れます。特にボールを持っていない選手がどれだけ動いていないかがわかります。1選手が試合でボールを持つ時間はかなり少ないので、ノン・ボールの4選手の動きが重要だと思います。小学生に教えるのはかなりシンドいですが。。。汗

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop