昨シーズンのファイナルの再現カード、ロサンゼルス・レイカーズvsボストン・セルティックス戦は昨日レイカーズのホーム、ステープルズ・センターで行はれ109-96でアウェーのセルティックスが勝ちました!!

セルティックスのpポール・ピアースが31得点だったのに対し、レイカーズのコービー・ブライアントは41得点をあげたものの、勝てませんでした。

コービーはシュートを打ちすぎたようです。

セルティックスが6月の雪辱を果たした、と言ふのは早すぎですね、単にレギュラーシーズンのうちの1ゲームですから、そしてまだ1月です、肝心な6月まで、まだまだ時間があります。

今回はシャキール・オニールはC’sのメンバーとして始めてのLA訪問でした、でも0得点5ファールは無いよね(涙)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

プレイオフ進出は間違いありませんから、レギュラーシーズンのレイカーズは、勝利よりコービーの記録(生涯得点)優先なんじゃないですか?
今シーズン中にベスト4入りは間違いないでしょうし、
あわよくば、シャックの3位を抜くこともあるでしょうし・・・
毎回取り上げられてますよ(笑う)

昨日はピアース、シュート入り過ぎ!
それと、シャック、ガーネットに加え、パーキンスが復帰すると
インサイド(ガソルとバイナム)の得点とリバンドが減りますねぇ(汗)

BoxScoreしか見れてないですが、、、
・昨シーズンのファイナル、StaplesCenterで悔しい思いをした選手(Perkins以外の契約更新選手)の数字は、全て良かった様に思いました。やはり、相当悔しかったんだ…。
・LakersのFGPが、3ポイントの確率と全く同じでした。
「じゃ、全部3ポイント打てば勝てたのに」って、無意味な足し算したら、1点差でやっぱり負けると言うオチがついてしまいました。

Bond_007さんへ
プレーオフ出場は間違いないんだけど、最近のレイカーズは何かすっきりしないような。
今日は勝ったけど相手はロケッツ(22勝28敗)だからね。
コービーの生涯得点なんか考えている場合じゃないの?
昨日まで3勝3敗だったんだから。
それとバイナムがまた怪我で欠場だって?

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop