スパーズがやっとアンチエイジングの動きをしてきた。

?ジェファーソン

この数年、年寄り化が進み、優勝から遠ざかっているスパーズがバックスから中堅Fリチャード・ジェファーソンをトレードで獲得しました。

??スパーズからはベテランのブルース・ボーエンとカート・トーマス、ファブリシオ・オベルトがバックスへ送られます。

そしてなおもバックスはオベルトをピストンズへ送り、見返りにFアマイアー・ジョンソンを獲得します。

ピストンズは手薄なインサイドにオベルトの補強はピッタリですね。

?

バックスはチャーリー・ビラニューバやアンドリュー・ボガットと言ふ将来性のある若手が多く、長い目での再建に取り組んでいる最中で、平均20得点のジェファーソンは取っておきたいのだけど、サラリーキャップがあるため、已むを得なくトレードに出した。

若手だけではチームは上手く行かないので超ベテランのボーエンはフィットするのかもしれない。

?

スパーズに取っては、バリバリのペネトレーション出来るフォワードが欲しかっただけにジェファーソンは良い補強になったと思うが、ダンカンを助けていたオベルトやトーマスが居なくなるとインサイドがドゥリュー・グッデンだけになってしまう。

フォワードが多いだけにリバウンドを取れるインサイドが居ないと、きつくなりそう。

?

?

★昨日の25日、ウィザーズとウルブズの間でもトレードが有りました。

◇ウィザーズ→ウルブズ

  ドラフト5位指名権、イータン・トーマス、ダリウス・ソンガイラ、オレクシー・ペチョロフ

◇ウルブズ→ウィザーズ 

  ランディー・フォイル、マイク・ミラー

?

ウルブズはこれでドラフト1順目の5番目、6番目、18番目、28番目の指名権を持つことになります。地元では、これらの指名権を再度トレードして上位指名権を獲得しルビオやサビートの獲得もありえると言はれてます。

?

ウルブズはGMのマクヘイルが辞めて活発になってきた。

?

日本時間27日(土)のドラフト会議に向けて、候補選手がNY入りしてるそうです。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

スパーズついに動き出しました(*^▽^*)
今プレイオフ得点源がダンカンとパーカーしかいなかった(>_<)
ジェファーソンの加入は心強い限り(☆o☆)
これでジノビリも元気になればBIG3ではなく四天王かヾ(*^▽^*)ノ
来シーズンは王座返り咲き頑張って欲しいです!!!
キャブスも大きな動きありましたね。
シャックがキャブスへ!!!
これまたキャブスもますます強くなりそう
スパーズ頑張らないと!!!

シャックは決定ですか?
jawad williamsの情報があったら、教えてください。お願いします。

まゆまゆさん
やっとスパーズが行動しました。
ただインサイドがどうなのかなー、って感じはありますがね。
シャックの事、先にまゆまゆさんにスクープされちゃいましたね。
残念!!!

スポーツかぁさん
シャックは決定らしいです。
これで來シーズンの優勝は決まりだね!!
Jのことはかぁさんの方が情報早いんでないかい!

ブルース・ボウエンはダーティなプレイをするものの、僕が尊敬してやまない選手だからものすごくショックです。
そもそも最近プレイタイムが減ってることとか、スターターでずっと出ていたのに控えに回ってるのも気になってたんですが。
ずっとスパーズで、ポポビッチの下でプレイすると思ってたから残念です。
特に身体能力に優れているわけでもないのに、地味な努力・研究でシュート力とディフェンス力を磨いて今に至るまでNBAに生き残っている彼は僕からすれば真に偉大な選手です(アンチの方は多数いらっしゃるでしょうけど)。同じ理由でフィッシャーも大好きです。

にっしーさん
ボーエンは良い選手ですよね。私も好きです。
仕事人、と言ふイメージですね。
タイトなディフェンス(行過ぎてダーティーに思はれる)で相手のポイントゲッター・キラーとなり、攻めてはコーナーからの3Pをズバッと決めるし。
スパーズ優勝には陰ながら欠かせない存在だったですよね。
地味な存在なので、トレード要因になるとは思はなかったですね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年7月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

BasketBall Net ProShop