東アジア選手権大会決勝」ページのコメントのところでお~のさんが韓国の昔の選手達について

?

<「リー・チュウヒ」、私の4~6歳上だと思いますが、リアルタイム、マッチアップもしました。彼も有名&英雄でした。
彼は当時、既にファイダ・ウェイでシュートしてました!
そしてその後が「ホ・ジェ」です。恐らく私の3~4歳下だと思います。
「リー・チュウヒ」は完全なシューターで、ボールをレシーブしたら最後、確実にネットに沈められます。>

?

こう書いてくれました。

私の世代、お~のさん辺りまでそうだと思うけど、韓国選手は「背は低いけど、スピードがあって、シュートがよく入る」と言ふ印象があります。身長は170~186cmだったような。

?

外でボールを持つと

・??? 空いていればシュートを打つ。その確率は60%以上だったような印象があります。

・??? ディフェンスが居たらスピードあるドリブルで抜きます。しかし大きくないのでレイアップは簡単に打てず、空中でキックアウトします。外で待ち構えている選手もキャッチするとドリブルイン。

そしてレイアップに持ってゆきながら再びキックアウト。

これを数回繰り返しディフェンスのローテーションを崩したり混乱させたり、疲れさせて外からドスンとシュートを決める。

これが韓国の典型的な攻撃のパターンでしたね。

?

その後2m選手が出てきた、と聞いて驚いたものです。

?

そんななかで、私が知っているスターは「申東坡(シン・ドンパ)」です。

186cm位だったかな?完全なシューターです。

外でボールを待っていて、キャッチしたら直ぐ打つ。

私のイメージではシュート成功率99%です〔笑〕

?

彼の伝説、特にシュートに関するものは色々あります。

・??? シュート練習は1日1万本。

?

・??? シュート練習のアシスタントは常に5人居て、そのうちの1人は構えた手の上にボールを載せる係。

?

彼は右肩の上辺りから、肘を固定したまま手首のスナップだけでシュートを打ちます。

シュート練習の時は、スタンディングで常に手は掌を上にして肩の上に置きます。元々それほどジャンプせずに素早く打つタイプなので、場所は一定してます。そこへボールを置くと直ぐにシュート。手を戻すとそこへ素早く次のボールを。そして直ぐシュート。

と言ふことでシュートが多く打てるんです。

?

・??? 夕方明かりをつけずにシュート練習する。

?

・??? 夜電気をつけず、ローソクをリングの真下においてシュート練習する。

等々です。

まあこれほど練習するからシュートが入ったんでしょう。

?

外からのシュートがよく入る、と言ふ伝統はまだ続いてますね。

?

日本も見習ってよいのではないでしょうか?

背が低いんだから。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

あんどうさん

リー・チュヒは、シン・ドンパと同じタイプだと思います。
ホ・ジェは、更にバージンアップしたタイプですネ。

ゴール下に蝋燭は、有名な話しですよね、、、

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年8月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop