?

ウエスタン・カンフェレンス・ファイナルス

ロサンゼルス・レイカーズvsフィーニックス・サンズ レイカーズ2勝1敗で迎えたゲーム④@フィーニックス。

現在ハーフタイム中、64-55で地元サンズがリードしてます。

スタメンから外れたチャニング・フライがついに11得点と爆発!!

こりゃ判らないぞ!?!?

他にはガードのリチャードソン9得点5リバウンド、ナッシュ7得点6アシスト。

レイカーズは流石コービー15得点5アシスト、オドム9得点7リバウンド、アーテスト9得点、バイナム8得点5リバウンド、ガソール6得点0リバウンド←少し元気ない!

115-106でサンズが勝って2勝2敗とタイ に持ち込んだ。

サンズはベンチメンバーの活躍が目立った。

ゲーム①44-24、ゲーム②36-26、ゲーム③18-15といずれもレイカーズが上回っていました。特に勝った2ゲームは10点以上の差がついてました。

それが勝ったゲーム③では3点差として、ついにこのゲームでは54-20と大きく上回りました。

特にPGのゴラン・ドラジッチは18分間で8得点8アシストだって。ハイライトにもあるけど、前半終了近くのアムンドソンへのパスは綺麗だったね=。

ナッシュは鼻の骨を折られてバランスが崩れたのか[笑]シュートは3/11と振るわなかったけど、ドラジッチが居るから休めるね。

スタウダマイアはゲーム③で42得点だったけど、今日は半分の21得点。それでも勝てたのはベンチ・パワーのお陰だね。

それにしてもコービーの15/22、38得点は凄いね。ずーっと続いているんだから。

◇ナッシュの鼻の骨が折れていたって。フィッシャーにやられた時折れたみたい。その時鼻をいじっていたけど、アレはズレた骨を元に戻そうとしていたらしい。

ゴーグルやプロテクター等は何も付けずにプレーすると言っていたけど、凄い精神力だね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

困りました・・・
解説のダグ・コリンズによると、
サンズはゾーンディフェンスによって、レイカーズのペイント内の得点とリバンドによるセカンド・チャンスを減らし、アウトサイドの入れっこ勝負に挑んでいるとのこと。
確かにアウトサイド勝負ではサンズに分がありますね・・・
また、サンズはオフェンスでは、ガソルの所を徹底的に攻めて来ています。
今日はフライがいよいよシュートが入った場面では、会場全体が盛り上がり、更にサンズ行け行けムードになってしまいましたね(涙)

Bond_007さんへ
サンズは第4Qにコービーに対するディフェンスを、それまでと違って緩いWチームに変えたのが成功した、と違う解説者が言ってました。
もっとも問題はレイカーズのゾーン・オフェンスよりディフェンスが良くない、とも指摘してます。サンズのP/Rに対してベースラインのローテーションが良くないとしてます。
だから3Pが楽に撃てるのでサンズの得点が伸びているとか、、、、

ディフェンスとリバンドは弱いですよねぇ~
バイナムが、アマレのドライブに対し、ガソルへのヘルプが出来なくて、フィル・ジャクソンに怒られていましたもん(涙)

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop