イースタン・カンフェレンス・ファイナル

ボストン・セルティックスvsオーランド・マジック戦

セルティックス3勝0敗で迎えた@ボストンのゲーム④

ドワイト・ハワード17得点の活躍で51-47とマジックがリードしてます。

このシリーズ活躍してないラシャード・ルイスのFGは3P2/2を含む3/4で8得点と良い働きです。ネルソン13得点4アシスト

それ以上に良いのはチームTOが4個と少ないこと。

セルティックスはポール・ピアースが3Pを1本も撃たずFG6/8で19得点でゲームハイ。

ガーネットは10得点、ロンド5得点4アシスト

ヤバイ!!ハワードは未だ2Fだ!! マズイぞ!!

>ここから追記<

実は今日、横浜まで出かけなくてはいけなくて、ギリギリまでnba.comでチェックしていて、負けていたのをOT(延長)にナッたところまでは判ったんです。

仕事が終わって携帯でチェックしたらセルティックスが負けていたんで、リポートも書かずそのままにしてました[笑]  今までチェックもせず[笑]

マジックの勝因は、やはり32得点のハワード。16リバウンド4ブロックショット。その上4ファールだって。それじゃマジック勝てるよ[笑]

ジャミア・ネルソンとのコンビも良かったようで、ダンクにつながるパスを貰ったり、逆にネルソンのドリブルのためにスペースを作ったり。少し賢くプレー出来るようになった?

そのネルソンがOTで3本連続で3Pを決めただけじゃなく、ハワードとのP/Rやキックアウトも効果的だった。

それにしてもレギュレーション残り3秒で86-86で同点の時、ピアースがドリブルしてるところにネルソンがボールを取りに行ったけど、アレはファールだろー。脚が寄れてたとは言へ、ピアースが倒れてるんだから。

本当だったらピアースがFTを入れて勝ったゲームだったのに(怒)

BoxScore

マジック/ハワード32得点16リバウンド(5OF)4ファール、ネルソン23得点9アシスト、ルイス13得点(前半8得点だったのに)、JJリディック12得点、マット・バーンズ10得点7リバウンド、チームFG33/74(44%)、リバウンド43、TO19

C‘s/ピアース46分32得点11リバウンド、レイ・アレン22得点、ガーネット14得点12リバウンド、ロンド9得点8アシスト、 チームFG32/76(42%)、リバウンド47、TO15.

これでゲーム⑤は木曜日@オーランド、最悪でも土曜日の@ボストンでのゲーム⑥で決めてくれるでしょう[笑]

ただ間が2日空くので、セルティックスのベテランには良い休息となって、木曜日に敵地で決めちゃうこともありうるね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

J Sportsで解説を担当していた中原雄さん曰く、「Celticsが格別悪いと言うよりも、…」と言いながらMagicを色々と褒めてました。
でも、私の主観では、以下の様に感じました。
・第三クォータ、KGがテクニカルファウルをして味方を鼓舞するまでは、ディフェンスの出足が遅く感じられた(常に後手を踏んでいると言うか)。
・Pierceをどこかでもう少し休ませられなかったのか?
→前半はPierceがゴール下でファウルを貰いながら得点をつないでいました。でも、第四クォータ残り4分以降、Pierceがボール持つと尽く宜しくない結果になってしまった。

流れが傾くと嫌なので、Game5に勝たないと勝ち上がれない気持ちで、奮起して欲しいです。

勘違いしてました。
「第四クォータ残り4分以降」じゃなく、「OT以降」でした。
悪しからず。

あれっ?ボストンでゲーム??
どっちが上位チームだか分からなくなちゃいました(笑)
マジックは意地を見せましたネ!
凄く面白いゲームでした!!

McHaleさんへ
ピアースのプレータイムが46分ですからね、ハワードの43分より多いんだから、その上アレンも45分、ガーネット41分とセルティックスはベテランが軒並み長時間労働してる。
これはリバースが悪い!!!
まあ二日間休めるから、次で決まるかな?

Bond_007さんへ
やっぱり勘違いしてたー[笑]
幾らなんでも上位チームがスイープされる訳には行かないでしょう[爆笑]

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop