bjリーグ

東京アパッチvs滋賀レイクスターズ

スタメン

アパッチ:#4アシュビー、#8スパークス、#11青木、#18板倉、#20シャペール

レイクスターズ:#1マーシャル、$#2ハミルトン、#11藤原、#31城宝、#45シェーファー

レイクスターズに新加入のマーシャルは私のお気に入りの選手。その彼がやってくれる、パスは良いしシュートも上手い。ディフェンスでもスパークスを抑えている。

アパッチはインサイドのアシュビーにボールを集めて1on1させるが、」幅と高さのあるシェーファーにドッシリと守られシュートが入らない。

滋賀はハミルトン(208cm)シェファー(213cm)と長身者が2人いるのに対しアパッチはアシュビー一人だけ、それも205cmと大きくない。それでもアパッチはインサイドを単調にオフェンスするだけ。上手くはないけどリバウンドを取って入れてくる。アパッチは仲西が3Pを決め20-16として第1Q終了。

第2Qに入りアパッチはゾーンっを敷く。それほど効く良いゾーンとは思へず、ペイント内でフリーになるがレイクスターズのセンター陣はシュートしない。勝手に自縛している感じで得点出来ないがプットバックで得点、その後は2人の利点を生かしたゴール下と城宝の3Pで42―30で前半終了。

第3Qアパッチは攻めが良くない。レイクスターズのオフェンスも良くないものの、ディフェンスからの速攻でを連続してきめ48-32としてアパッチにCTOをとらせる。

その後アパッチは青木が中と外で得点して51-38と詰める、そしてレイクスターズは相変わらずゾーンを攻められない。

しかしアパッチはアシュビーがゴール下を連続してミス。

これが痛かった。

インサイドで得点したいアパッチの青木コーチとすればアシュビーのゴール下に期待したいのだろうが、それほど能力が高いわけではない。彼から外へパスを捌いて仲西、青木に3Pを撃たせることが出来れば良いのだろうが。

レイクスターズ・シュラッターにブザービーター3Pを決められ63-48と離され第3Q終了。

★アパッチ・スパークスのダンク

?

第4Qに入ってもレイクスターズのゾーンオフェンスは良くないところへもってきてアパッチが意地を出して差を詰め始める。

7分45秒67-56としたところで滋賀がCTO。

ここから東京はM2Mにしてプレシャーを与える。

レイクスターズも強いプレッシャーでお互い得点が止まる。

4分にはアシュビーがFTを2本決め71-58としたところでフルコートプレスに出てミスを誘うと、レイクスターズは直ぐにCTOを取る。

なおもシャペール、呉屋が続いて73-66とアパッチは追い上げるが、1分40秒、元アパッチの城宝がFTを2本決め77-68として勝負あり。86-77でレイクスターズが勝利した。

アパッチのメンバーで言へばインサイドはアシュビーとスミスの二人なのだろうが、スミスはまだ馴染んでいないし、高さがない。またPGにスパークス、SGに青木と考えているようだが、スパークスのPGは彼の力を殺すようで勿体無い気がする。呉屋の使い方をもっと考えたほうが良いような気がする。青木はあくまでもスパークプラグ、起爆剤であって、コンスタントに使う選手ではないような、、、

それにしてもインサイドが弱いアパッチ、弱ければ弱いなりにインサイド-アウトのプレーを考えるべきではないのか?

またディフェンスリバウンドでは基本のボックスアウトを徹底させないと、勝てないのかなー。

レイクスターズもインサイドは大きいだけでアパッチには勝てたけど、他のインサイドが強いチーム相手ではどうなのか、興味が沸くところだ。

それにしても城宝がアパッチに居たら面白い展開になっていただろうね、もっともそうなると板倉が居ないことになるけど。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

相変わらず、あんたかさんの解説を読むと入り込みます!前日の試合をTVで観たので、なお更かな?城宝選手は憎たらしい・・・北海道出身だから応援はしますが・・・

スポーツかぁさんへ
城宝選手はよくシュートが入ります。スピードつけてボールを貰っても、シッカリと真上にジャンプしてシュートします。だから入るんだろうね。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2020年3月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop