?

未だ5勝しかしてなかったネッツに、セルティックスはホームで104-96で負けてしまいました。悔しいけどDice君おめでとう!!

ブルック・ロペスが25得点、デビン・ハリス23得点、コートニー・リー21得点。

最も注目されるのはネッツ41対セルティックス11本と言ふFTの数。

きっとネッツは積極的にリングにアタックしたんでしょう。

ボックススコアを見ると、皮肉なことにFGの数も確率、リバウンドもアシストも、全てセルティックスが勝ってます。それでも勝てない原因は、FTです。

ネッツ34/41の82.9% セルティックス9/11の81.8%

言い訳としては、インフルエンザがセルティックスで猛威をふるっているらしい、とのこと[笑]

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ネッツは今回のトレードで、一応チームらしく戻りましたね。
今年のセルティックスは、ピアースがいないとダラシナイ感じ?

直近3シーズンで一番の贔屓選手がいなくなったので、目先の結果以上に落胆中です(笑)。
インフルエンザは、早く治して欲しいです。
選手はもちろんですが、GMの脳内インフルエンザも(爆笑)。

Bond_007さんへ
ピアースが凄い、と言ふことが判ったでしょう[笑]
ネッツもどうなんですか? 1ゲームだけじゃ何とも言へ無いけど。

McHaleさんへ
誰がお気に入りだったのですか??
「GMの脳内インフルエンザも」←大受け!!
もしかすると日本脳炎かもしれません[爆笑]

あんどうさん
ご無沙汰しております!お元気ですか?僕は元気にやっています。

Blog拝見しました!!ありがとうございます。今シーズンの中でもベストな試合でした。
実はその前日の練習の雰囲気がすごくよかったんで、これはもしかしたら?っとも思っていました。
よい雰囲気をそのままBostonに持っていってくれた感じがします。
それにしてもFTの本数の差30本はHomeのCeltsにしたらたまったもんじゃないですね。おっしゃるとおり、ネッツはよくリングへアタックしていたと思います。
Celtsはピアースの復帰が待ちどうしいですね。でもきっともうプレイオフに照準を絞っているはずですよ。できればイーストで2,3位に入りたいところですね。
トレードで得た、ネイトはもう少し時間がかかりそうですね。
ネッツは10勝(NBAの最低勝利数が9勝)まであと4勝です、苦笑。。。

お久しぶりだったのでコメントしてみようと思ったのですが、またエラーがでてしまいました。
もしかしたら海外からのアドレスは受け付けていないかもしれませんね。

それではまたです。
<Diceさんが私宛にメールしてくれたものを、私が書き込みました>

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年6月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop