女子のWJBLファイナル、ゲーム2は土曜日ぐんまアリーナで行はれ、JOMOが勝って2勝0敗として王手をかけた
戦評はWJBL公式HPより転載。
JOMO83-66トヨタ
   25-18
   12-8
   23-15
   23-25

スタメン
JOMO:#1大神、#8田中、#12吉田、#15諏訪、#51林
トヨタ:#3櫻田、#6田代、#12矢野、#15池田、#25久手堅 
1Q:両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンスでスタート。JOMO#1大神のドライブ#8田中の合わせ、#15諏訪のリング下シュート、#53林の3Pで得点を重ねる。
一方、トヨタは、#12矢野のドライブ、ジャンプショット、#3櫻田がフリースローを2本決め、一進一退の攻防が繰り広げられる。
残り3分、トヨタ#12矢野が下がった後、JOMOは、#2木林のドライブ、#6内海の3P、#12吉田と#15諏訪のピック&ロールで得点を広げる。
25-18、JOMOリードで終了。

2Q:両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンスは変わらず。
トヨタは、JOMOの激しいディフェンスを#23鈴木の3Pで崩そうとするが得点が伸びない。
一方、JOMOは、フリースロー後のゾーンプレスから速攻、#15諏訪のリバウンドからのシュートで得点を重ねる。
残り2分、JOMO#1大神が下がった後、両チームとも得点が決まらず試合の流れが止まる。
37-26、JOMOリードで終了。

3Q:引き続き、両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンス。
トヨタは、#25久手堅のドライブで得点。JOMOは、#12吉田のドライブ、ジャンプシュート、#8田中の3Pで得点を重ねる。
残り7分、トヨタはタイムアウトを取り、流れを変えようとする。トヨタは、ディフェンスを2-3のゾーンディフェンスでプレッシャーをかけるが、JOMO#8田中の連続3P、#21間宮のリバウンドからのシュート、#1大神から#6内海の合わせのシュートで得点を重ねる。
60-41、JOMOリードで終了。

4Q:トヨタは、ゾーンディフェンス、JOMOは、マンツーマンデフェンスでスタート。
トヨタは、#12矢野、#23鈴木の3Pで流れを変えようとする。
逆にJOMOは、#8田中の3P、#21間宮のリング下シュートで得点が広がる。
残り6分、トヨタは、マンツーマンデフェンスに戻す。
その後、#2川原から#15池田の合わせのプレー、#2川原の3Pで追いすがるが、JOMOの#21間宮の連続ゴール、#1大神の2Pで追撃を許さない。
終始、試合をコントロールしたJOMOが83-66でファイナル第2戦を制した。

ゲーム3は今日代々木第2体育館で14時から行はれます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop