東芝78-72パナソニック?

パナソニック:#1木下、#6永山、#20カスタス、#24h広瀬、#34青野

東 芝:#1石崎、#13菊地、#17桑原、#20加々美、#33バイオレット

立ち上がりパナソニックは青野がローポストで2本決め、東芝・菊地のシュートが入らず、今日もパナソニックのペースかと思はれたが、その後パナソニックはカスタスと青野のセンター陣にボールを集め1on1をするだけで攻め手がない。

★青野(白31)にボールを集める前半のパナソニック

東芝は桑原と加々美が外から決め14-8とリードした3分20秒パナソニックがCTO。

その後もパナソニックは青野だけ、東芝はディフェンスからの速攻を菊地が決め20-12で第1Q終了。今日の東芝はディフェンスが良い。特に両外人のインサイドのディフェンスが押し勝っている。

第2Qに入って両チームともベンチメンバーを使うが、パナは相変わらずシュートがインサイドでも入らず、37-28でたいした進展も無く前半を終わる。

後半開始のスローイン、パナは木下がスローインしたが、バックコートで受けたカクタスがバックコートの木下へパスすると言ふ超凡ミス。その上東芝は綺麗なボール回しから石崎が3Pを決め、後半も前半の続きになるのかと思はれた。

しかしパナはディフェンスのプレッシャーを強くすると、東芝はシュートが撃てなくなり、ブロックも決められ、パスミスからの速攻で永山に3Pを決められ40-33と追い上げられたところでCTO。

しかし東芝はパナのディフェンスを攻められず得点が止まると、4分パナは永山が再度3Pを決め、4分746-44と逆転。

いつもなら、ズルズルと点差がつくところを東芝は直ぐに入れ替えし、その後両チームとも外のシュートの入れあいになり、56-53パナがリードして最終Qへ。

中を攻めらず外のシュートが多くなる両チーム。

そうして70-67とパナが3点リードで残り3分を切る。

★青野(白31)を抜こうとする東芝・石崎(赤0)

 2分49秒 加々美が3FTを全て決め71-70と追いつくが、パナはこの日好調の永山が24秒ギリギリで3Pを決め74-70。折角追いついた東芝へかなりダメージの大きい居3Pだった。

2分7秒、ペネトレイトした時にファールを得た石崎がFTを2本決め74-72と詰めるが、その後両チーム共にシュートが決まらず、残り27秒で東芝はファールゲームに。木下がそれを1本決めたところで東芝CTO

75-72と3点差であと27秒。

早めに3Pを決めてファールゲームに持ち込めばチャンスは十分にある。

ところがここで東芝はこの日当たっている加々美を下げ宮永を投入。

今までブザービーターを何本か決めている宮永に運の強さを見せてもらいたいところだが、この日彼は39秒しかプレーしてない。この状態じゃたとえジョーダンでもシュートは決められないと思う。不思議なことにその後宮永はシュートを1本も撃っていない。それなら加々美を出しておくべきだったと思う。

結局東芝は石崎が2本撃ったが入らず、パナはファールゲームのFTを大西とカクタスで3本決めて78-72で逃げ切った。

東芝は折角のチャンスだったが惜しくも勝ちを逃がしてしまった。

菊地が徐々に良くはなってきたが、まだ本調子じゃない。

◆その他の結果

トヨタアルバルク 86 – 80 三菱電機??????

アイシン 85 – 79 リンク栃木??????

日立52-51レラカムイ

順位表(2010年2月27日現在)
?アイシン ??  ?? 28勝 5敗 0.85 –
?リンク栃木 ???? 20勝13敗 0.61 –
?日 立??????????????19勝14敗 0.58 –
?トヨタ自動車???? 19勝15敗 0.56 –
?パナソニック????? 19勝15敗 0.56 –
?
?東 芝?????????????????? 15勝19敗 0.44 –
?レラカムイ北海道? 9勝24敗 0.27 –
?三菱電機?????????????? ?5勝29敗 0.15 –

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop