第3Q

やっぱり反動が来た。アパッチはキングス・ディフェンスを攻められず外から簡単にシュート、しかし入らない。リバウンドを獲られ速攻を出されて追い上げられ8分を切ったところで4331とされCTO.

アパッチは攻めが単調で1on1が多い。対してキングスはアタック・ザ・リングしている、それが徐々に効いてきて5348として第3Q終了。

?スティール

ラストQお互いにシュートが入らない。

キングスは良い攻めをするがシュートが入らない。しかしディフェンスの効果が出て速攻で得点して4分菅原の速攻で5858と追いつく。

そして3166058アパッチリードの時にスパークスがファウルアウト。

?

その後キングス菅原、アパッチ仲西がお互い3Pを決めるなどしたが、149秒キングスは与那嶺がドリブルで上手く交わしてショートジャンパーを決め6563と逆転した。これが勝負を左右した。

まだ時間はあるから慌てることはないのだが、アシュビー、デービスが外からシュートして外し、挙句の果てに56秒の時点でパスミスからバックパスを取られる始末。

キングスはアパッチのファールゲームに対してマクヘンリー、ニュートンで5本決め7065で逃げ切った。

?

キングスのディフェンスが時間を追うごとに良くなってきたこと、外人と日本人のミスマッチ作り、そこを突いてきたことも勝因にあげられるだろう。

?

このゲームがアパッチにとって今年最後となるので勝ちたい所だったろうが、第2Q8分間で10点しか取れてない。典型的な「1DS」となってしまった。

?

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

マクムード(偽)さんになかなか勝利の女神が微笑みませんねぇ。
めげずに頑張って欲しいものです。

LAPUTAさんへ
別にマクムード(偽)さんが入団したから勝利の女神が微笑まない、と言ふわけではありませんから[笑]
でもチームは良い方向へ向かってます。
インサイドはどうにかなりそうなので、新入団シャペールのアウトサイドシュートに期待ですね。
色々ときな臭い噂もあるようですが[笑]

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop