マーチマドネスも佳境に入ってきました。

とか言ひながら、最近殆どNCAAを話題にしてませんでした(汗)

日本の夏が高校野球の「甲子園」が話題の中心になるように、アメリカの3月は「マーチマドネス(3月の狂気)」と言はれる全米大学選手権大会(NCAAトーナメント)が話題の中心です。

64校が参加してのこの大会はベスト16に入ると「スイート・シックスティーン」、ベスト8は「エリート・エイト」、4強は「ファイナル・フォー」と言ふ呼び名が付いてます。

そしてアメリカ時間の22日(日)が各地で行はれスイート・シックスティーンが決まりました。各チームの分析は何処か他でやってると思うので、ここではパス(笑)

 スイート16のチーム動画はここで見れます

OB、特に古いOBを中心に16校を紹介します。

 

・ミシガン・ステート大/マジックが居た大学です。

・ウィチタ・ステート大/ビーコルのカール・ホールの母校

・ゴンザガ大/ストックトンの出身校

・ウエスト・バージニア大/NBAロゴで有名なジェリー・ウエストの出身校

・デューク大/コーチKの居る名門大、多くの選手を排出してる、カイリー・アービング、レイトナー、JJレディック、エルトン・ブランド

・オクラホマ大/ブレイク・グリフィン

・ウィスコンシン大/

・ルイビル大/出てこない(汗)13年優勝! ラリー・ブラウンがコーチ

・UCLA/有名選手が多すぎて、最近ではスラムダンクコンテスト優勝のザック・ラビーン、古くはルー・アルシンダー、ビル・ウォルトン。優勝回数が最多の11回?

 

・アリゾナ大/マイク・ビビーとレジー・ゲーリーしか思い出せない。

・ノース・カロライナ・ステート大(NCステート)/鳥人と言はれた、トンプソン?

・ノース・カロライナ大(UNC)/マイケル・ジョーダン、ビンス・カーター他にも多数

・ケンタッキー大/ここも多すぎる、サム・ブーウィー、パット・ライリー、レイジョン・ロンド、テイション・プリンス、ドウェイン・ケーシー。優勝8回。 アンソニー・デイビスを忘れてた(汗)

・ゼイビア大/ジョーダン・クロフォード

・ユタ大/三坂 亙(Wat Misaka)日本人(有色人種)初のNBA選手

・ノートルデイム大/ビル・レインビア

 

今年最有力チームのケンタッキー大は80年台に何度か取材していて思い入れが有ります。そのUKが今シーズン無敗で来てるので楽しみです。

UKロッカールーム#2 DUKE 椅子 UNCスミスセンター中

ルイビル大もゲームの取材に行きました、田舎なんで驚きましたが(笑)

UCLAは最初に見た(取材した)ファイナル4の優勝チームで、ビル・ウォルトンに引きつけられました。

UNCはディーン・スミス氏に直接インタビューしたので大ファンです。

 

デューク大+UCステート大+UNCは同じ地区で同じ飛行場を利用する大学でお互いに車で20~30分の圏内に有って、この3校でナショナル・チャンピオンを多分11回取っている凄い地区。

私はここを大学バスケットの「ゴールデン・トライアングル」と呼んでます。

 

さあ今年は何処が優勝するのでしょうか?

本命が勝つとは限らないのがこの「マーチマドネス」です!

 

なお渡邉雄太君が活躍していたジョージ・ワシントン大は残念ながらあと一歩及ばずこのトーナメントには出られなかったものの、NIT(National InvitationTournament)大会に出場し2回戦進出を果たしました。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop