アメリカの大学バスケット界の巨匠、元ノースカロライナ大のディーン・スミス・コーチが83歳でお亡くなりになりました。

大学での勝利数、優勝回数だけで言へばTopコーチでは有りませんが、コーチとして元UCLAのジョン・ウッドゥン氏と並び称される偉大なコーチです。

いやコーチと言ふより人物と言ったほうが良いでしょう。

ディーンスミスと記念撮影

<写真 左から私、スミス氏 ナハーズ氏 通訳伊藤さん>

皆さんご存知のマイケル・ジョーダンを育て、ジョーダンはコーチ以上の思いを抱いている人で、何かにつけ母校を訪れスミス氏と会っていたようで、スミス氏もジョーダンを可愛がっていたようです。

UNC(ノースカロライナ大)を名門大にしたばかりではなく、多くの優秀なバスケット選手と優秀な学生を育てました。

彼とは東芝の関係でインタビューさせてもらったことが有ります。当時東芝はUNCのアシスタント・コーチのデーブ・ハナーズ氏が毎夏キャンプのコーチに来ていた関係で、吉田さん(現筑波大監督)からハナーズ氏を紹介してもらいそこからスミス氏のインタビューが実現しました。通訳の伊藤さんはUNCの学生で、その後音信不通になりましたが、現在は慶應で英語の先生をしてるとか聞いたことが有りますが、不明です。

スミス氏は忙しい方で、約束の時間がずれてしまいましたが、いざインタビューとなったら、約束の時間より長く答えていただいた記憶があります。

質問の中で、特に記憶に残っているのは「リクルート(選手勧誘)する時の基本的考えは?」と言ふ質問に

「大学を卒業出来る選手を選ぶ。」

当時はNBAへアーリーエントリーする選手は少なく、「途中でNBAへ行かず大学へ残ってくれ」と言ふことでは無く、学業もシッカリやって卒業すること、と言ふことです。

他の強豪校ではバスケットの成績が第一と言ふ大学やコーチがいましたからね。

そして彼の自慢は「NBAへ一番多くの選手を送り込んでいる。」ことでは無く 「卒業後に大学院へ行く選手が多い。」でした。

現在はそれほど使われてないようですが、有名な攻撃法(?)に「フォーコーナー」と言ふのが有ります。

昔学生にはショットクロックが無く、攻撃時間を長くしたり、ストーリングのため、スティールされないように、又は簡単にファールゲームされないようにするため、ハーフコートの4つ角の選手を配置して、ドリブルとパスの上手いガードが逃げ回れるようにしたフォーメイションですが、彼が作り出しました。

あまりにも有名で、キャンパスのあるチャペルヒルの街に「FOUR CORNERS」と言ふレストランがあります(笑)

下はメニューの表紙。記念に貰って来ました。

4Cornerメニュー

逸話は多すぎて、取り合へずここまで。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

〝あんたか〟さん、おはようございます!
ご無沙汰をしておりますm(__)m
不勉強で〝スミス〟氏を存じ上げませんが、〝あんたか〟さんの髪と髭が、真っ黒ですね(笑)
年月を感じます!

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop