NBAファイナルスも、早いものでもうゲーム④になりました。

ゲーム③、④を見てるとスパーズの強さばかりが目立ちます。

オフェンスが凄いですよね、3Pの確率が高い,今数字は出てこないけど、良いところで外からズドンズドンと決めてくる。

ゲーム①ではグリーンが、③ではレナードが、そして今日のゲーム④ではミルズが、、

スパーズの選手達はディフェンスが良いからと言ってるけど、それもあるね。全体を通してヒートがやりたいことをやらしてないから。

 

それでもオフェンスがスーパーだよね。全員がバスケットを知ってる感じで、簡単にシュートしない。

ドライブしてもパス、そしてパス。

こうしてヒートの脚を疲れさせてる、そして気持ちも。

3、4回パス回されたら、ディフェンスの方も「シュートしてよ!」って言いたくなる良いね(笑)

だからディフェンスが甘くなる→中でも外でもオープンになる。

普通ならワイド・オープンと言って完全にノーマーク状態に成るはずだけど、一概にそうは言へない。

私が思うに、ワザとディフェンスが来るのを待ってるような、そんな気もします。

ワイド・オープンになったらディフェンスは跳んでこないけど、ブロック出来そうなタイミングだと絶対に跳んでくるからね。

それを見透かしてゆっくりとシュートしてる、だからシュートの確率が高くなり、ヒートの脚が疲れてくる。

下の動画は、スパーズのパス代表的回しの例を挙げてます。

 

こちらはゲーム④のベストプレー集ですが、ここにも出てますよ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop