スパーズvsヒートのファイナルス ゲーム①はサンアントニオのat&tセンターで行はれましたが、エアコンの故障で30度を越したアリーナ内でのゲームとなり、これが原因でヒートのスーパースター レブロン・ジェームスが脚をツリ、退場中にスパーズが一気に引き離して110-95で勝ち1勝目を上げました。

 

暑い最中のファイナルスと云ふと、昔のボストン・ガーデン(通称ザ・ガーデン)でセルティックスがレイカーズに勝った、と言ふ記憶があるのですが、年度が思い出せなくてモヤモヤしてたんですが、やっと判った!!

イヤー気になって気になって、探しました。セルティックスの本で探しましたけど、82年までしか掲載してなく判らずで、やっとサイトで探し出しました(汗)

 

これは84年、相手はLAレイカーズで間違いありませんでした。

バードvsマジックのNBA黄金時代でした。華やかでしたよね、ショウタイム・レイカーズにはジェームズ・ウォージー、マイケル・クーパー(今気がついたけど、ビーコルの#20シモンズに似てる)そして神様アブドル・ジャバー。対するセルティックスはバードを筆頭に地味な選手ばかり(笑) ケヴィン・マクヘイルやセドリック・マックスウェル、ジェラルド・ヘンダーソン、今は大嫌いなダニー・エインジ(笑)

Abdol-Jabbarマジック#1マクヘイル

バードの写真が出てこない(汗)

 

ボストンは3年ぶり、レイカーズは3年連続のファイナル出場です。

2勝2敗の五分でザ・ガーデンに戻ってきた大事なゲーム⑤、これに勝てば王手を掛かるわけですからね。

でもそれがとんでもない展開になったんです。ボストン市内は急に暑くなり、ザ・ガーデン内は36度にも達しました。

何故ってザ・ガーデンにはエアコンが無かったからです(笑)

終戦直後の物資がない時代に建てられたザ・ガーデンだったので付けられなかったようです。

床材も満足に無かったため、短い床材で格子状にするしかなかったのが、後にザ・ガーデンの代名詞となった「パケットフロア」なんです。

両チーム共にグッタリですが、レイカーズに追い討ちを掛けたのがロッカールームです。セルティックスには扇風機を持ち込んだのですが、レイカーズには無かったようです(笑)

これは効いたのでしょう、37歳のジャバーはフラフラですよ、多分(笑)

 

そのお陰か、セルティックスが121-103で勝ち、チャンピオンシップに王手を掛けました!!

ちなみにこのゲームで脚をツッた選手はいませんでした(笑)

 

シリーズはその後@LAでレイカーズが勝ち、ゲーム⑦迄モツレ込み、セルティックスがチャンピオンとなりました。

<1984年NBAファイナルス結果>

ゲーム①@ボストン・・・ レイカーズ 115-109 セルティックス

②@ボストン ・・・・・・・セルティックス 124(OT)121 レイカーズ

③@LA ・・・・・・・・・・レイカーズ 137-104 セルティックス

④@LA ・・・・・・・・・ セルティックス 129(OT) 125 レイカーズ

⑤@ボストン ・・・・・・・ルティックス 121-103 レイカーズ

⑥@LA ・・・・・・・・・・・レイカーズ 119-108 セルティックス

⑦@ボストン ・・・・・・・・セルティックス 111-102 レイカーズ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop