今日は秋葉台体育館です。

女子決勝は遅れてしまった(汗)

◆高倉中vs六会中

高倉はミニの優秀な子が入ってきており、普通のバスケットをやってます。特に大きな子がいる訳じゃないけど、皆バスケットを知っているからね。

対する六会はミニ未経験者が多くて、それでも教わったことをしっかりとやろうと言ふ姿勢は見えるのだけど、経験値と言ふか、しゅーとも入らないし。

鵠沼中の新木先生は「未経験者もどうにかバスケットらしい動きをさせることは出来るけど、シュートが入らない」って言ってましたね。

六会は「やられた」と言ふより自滅ですね。パスが弱いところに、高倉の連中はディフェンスでの読みが良いので、スティールが多くて、そこからの速攻で一気に差が開いちゃいますね。

高倉のM2Mをドリブルで崩せるわけじゃなく、外から撃つだけ。

60-35で高倉が優勝しました。

次は湘南地区大会ですが、寒川、茅ヶ崎が強いので心配ですね。高さが無い!

 

◆男子決勝

大庭中vs滝ノ沢中

両チーム共に全国ミニに出場したKingsの卒業生が居ます。

滝ノ沢は183㎝のセンター、180㎝と178㎝のスモールフォワードを擁するフロントラインが大きなチームです。

対する大庭は特に大きくは無いものの皆上手いです。

特に#4は細いですが上手いです。以前は外からしか撃ちませんでしたが、ドリブルで攻められるようになり、オフェンス・パターンの幅が広がりよりうまさが増したようです。

ドリブルの使い方少なくて、とても良いです。

13藤沢市中学総体決勝大庭vs滝ノ沢2

もう一人、下級生PG#23も上手い! 行ってはいけない場面を知っていて、無理に攻めようとしてないです。上手い。

対する滝ノ沢は183㎝の#10を過小評価し過ぎではないのかな?

ペイントエリアでもっとシュート出来る筈です。

180㎝ある#4が残念だなー、彼の能力の半分も出してない、何しろ外からポンポンとシュートするだけですから。5本も6本も撃てば2本くらいは入りますよ。

幅もあるのだからもっとリングをアタックしたら良い選手になると思うんだけどなー!

13藤沢市中学総体決勝大庭vs滝ノ沢1

滝ノ沢は全般的に状況判断してません、例えばハイポストでボールを貰っても、ディフェンスを見ずにシュートしてます。

ディフェンスの状態見てシュートなり、ドリブルするなり、行く先を決めるなり、パスをするなりするべきだと思うのですがねー。

ディフェンスが居ようが居まいが、右に居ようが左に居ようが右手を前に持って来てのシュート。

勿体無いなー!

もう一つ。

気迫が感じられない!

残り2分を切ってやっと一生懸命にプレーしだした。15点以上も離れていると言ふのに!!

蒸し暑かったので「熱中症」を心配したのかもしれないけど。

 

春の湘南地区の大会では藤沢地区がベスト4の内3チームも占めたようですが、それから大庭も滝の沢も進化したのでしょうか?

 

湘南地区大会出場校

◆男 子

①大庭中

②滝ノ沢中

③高浜中

④善行中

⑤羽鳥中

⑥鵠沼中

◆女 子

①高倉中

②六会中

③藤が岡中

④鵠沼中

⑤湘南台中

⑥高浜中

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年2月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop